転職

【転職】面接官の心を掴む!面接ですべき自己紹介のポイント

転職活動において、面接は内定に近づく最も重要なポイントの一つ。話す内容をしっかり整理して臨みたいですよね。面接で必ずといっていいほど聞かれる「自己紹介」。自分のアピールをしっかり出来ますか?30歳前後の転職活動における自己紹介のポイントをまとめました。

自己紹介は徹底的に準備する

転職活動の面接。「自己紹介をお願いします」といきなり聞かれたら、準備をしていないと頭が真っ白になってしまった・・・なんて経験がある方もいるかもしれません。
面接における自己紹介は、内定を左右する非常に重要な項目です。事前に徹底的に準備をしてから面接に臨むべきところです。

自己紹介が重要な理由を挙げてみます。

・最も面接合否を左右するのは自己紹介
・自己紹介に続く質問をリードできる
・唯一自分のペースでPRすることができる

上記のポイントを踏まえて、すらすらと自己紹介が出来るよう、準備をしておきましょう。

30代の自己紹介のやり方は基本的には20代と同じ

自己紹介してくださいと漠然な質問をする面接官。これは採用担当者が意地悪な質問をすることで、あなたがどのように反応を示すのか見ることと、あなた自身のプレゼン能力、人となりを見るために行う質問です。

30歳前後の転職活動。20代とは違い、社会で色々と経験をしてきているかもしれませんが、すべて仕事に通じた話をしなければいけないということは決してありません。

基本的には、仕事の経歴・キャリアではなく、あなたの人となりですので、無理やり仕事に結びつける必要はないのです。

 30歳を超えたあなたが、これまでの人生において何かトラブルがあった際にどのように対応してきたか、考え方・価値観が異なる人とうまく協調性を持つためにどのような努力をするのか、などをPRすることが重要です。

自己紹介は自己PRとして人となりをアピールする

面接で自己紹介しようとすると、30代の転職希望者は、必ず職場での経歴などを話し始める方がいます。もちろん、経歴を話してはいけないということではありませんが、大抵は別途仕事のことは質問されるため、自己紹介で変に職務経歴を話してだらだらと時間を使わないことが賢明です。

 自己紹介は、どのようにして他の社員とうまく仕事を進めていくことが出来るのかということを判断するために求めている項目です。職務経歴ではなく、人となりを語る自己PRの場であることを念頭に置いておきましょう。

 もしどうしても仕事のことと結びつけるというのであれば、30代らしくマネジメント能力をアピール出来るような自己紹介にするのがおすすめです。

よい自己紹介の流れ

自己紹介は、大体1分前後にまとめるのがいいでしょう。挨拶からはじまり、最終学歴後の職歴(入社した会社、事業内容、業務内容、大きな実績、今後の展望等)、志望動機などを完結に話しましょう。1分でまとめるには、各箇所は時間的に十数秒です。面接の最初からすべてを伝えるのではないことに注意してください。

簡素過ぎても面接官に伝わりませんが、長すぎれば冗長な印象を与え、最悪途中で打ち切られることもあります。

【挨拶・名乗り】

【職務経歴(最終学歴)の概要】

【自己PR】

【志望動機】

【締めの挨拶】

面接官の心をつかむ自己紹介を

いかがでしたでしょうか。転職の面接において、自己紹介はほぼ聞かれるといってもいい内容です。事前に話す内容をまとめ、完結に話せるようにしておきたいですね。

頭の中で考えていても、言葉に出してみると意外に時間がオーバーしがちです。何回か実際に言葉に出して練習しておけば、本番では落ち着いて話せるでしょう。

自己紹介で面接官の心をぐっとつかみ、内定をものにしましょう!

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP