ライフ

30代独身の平均貯金額は?そして今しておきたい事とは?

30代になるとキャリアも上がり、貯金の平均額も増えます。不動産の購入や自己投資などお金の使い方にも様々な個性や特徴が出てきます。扶養人数などによってもその金額は変わってきますが、将来を見据えた時に30代の貯金平均額に対してどう捉えたら良いのかを考えてみましょう。

30代男女の貯金の平均額は?

一般動向はこのようになっています。

金融広報中央委員会が実施した家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]平成28年度のデータによると、平均貯金額は30代で617万円でした。

参考までに20代で212万円、40代で815万円、50代で1,026万円、60代で1,190万円という結果です。想像と比べていかがでしたでしょうか?
30代独身と言っても、10年もの期間があり職種も状況も様々で当然ですよね。

そして、この額を受け入れるに当たって頭の片隅においてほしいのは、あくまで平均値ということです。1人ミリオネアがいるだけで額はぐっと上がりますし、逆に貯蓄ゼロの方が何人か入っただけで値は大きく左右します。

マイホーム購入済派は貯金少なめ

特に30代以上になると自宅を購入済みのマイホーム比率が増えます。当然ですが、マイホーム所有者には住宅ローンという負債と住宅という不動産があることになり、貯金額だけでなく、負債額も総合して考慮する必要があります。

10~20代から「マイホームのため」と財形貯蓄などでコツコツ貯金をしてきた人も多いはず。貯金は現金の資産ですが、資産の種類も形態も様々で、平均額を見ただけでは少ない・多いという簡単な判断は出来ないものですよね。

老後を見据えた貯めているべき貯金額は?

この世論調査の中には、”老後のひと月当たり最低生活費・年金支給時に最低準備しておく金融資産残高”という設問もあり、30代の平均回答は、老後のひと月あたりの生活費に33万円、最低準備しておく金融資産残高に3,286万円を目標としているという回答が出ています。

興味深いのが、全世代の中で両方とも一番高額であるということ。

その一方で、今現在60歳以上の方のひと月あたりの最低生活費として出ている数値は18万円です。どんな老後を贈りたいかという理想もあるのかと思いますが、年金制度の変更、物価の上昇などの不安を一番感じている世代なのかもしれません。

老後以外の人生の大型出費

人生の三大出費と言われるのは老後・教育・住宅ですが、家庭を持って子供が産まれた場合。

こういった家庭で比較的たくさん貯金出来る時期は、一般的には子供が小学校卒業までと言われています。そこからは、学校や塾、習い事など子供の人数分かかってきて、高校や大学の学費が最大の山場です。

特に、大学生の時にもし自分が現役を退いていたら老後の資金と同時期の出費で子供の学費も考えなくてはなりません。

また、住宅ローンに関しても、35年ローンで組む方が多いですが、60歳の定年や65歳までの再雇用を考えても30までにローンを組まないと均一では払い終えないという現実。やはりここにも備えたいですよね!

独身時代こそ貯め時

世論調査のデータでは、30代の独身者で給与の手取りの10-15%を貯蓄しているという方が一番多く約20%でした(平均値は19%)。

30代独身で自宅購入がこれからだった時。それはもう「貯め時」です。他に、金融資産について勉強したり自由にトライできるのも今のうちかもしれません。

あと、オススメなのは一度保険代理店に相談に行かれることです。
最近では、損保や生保、外貨まで様々な金融商品を総合的に教えてくれる代理店が増えており、
老後のシュミレーションまでPCで全て叩き出してくれます。全体像を把握した上で、いくつもの選択肢の中から資産をどの様に形成するのか検討する価値はありますよ。

老後までの全体像を把握しましょう

ここまで30代での貯蓄から将来の老後についてまでまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

これからの人生の形態によっても様々なため、誰でも将来には漠然とした不安が残りがちです。

平均値であっても全体像を金額で把握するだけでも、だいたい今いくら位貯めたら良いのか計算することができ、少しホッとできることと思います。ご参考になれば幸いです。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP