ライフ

東京五輪に向けた渋谷駅の改良工事で何が変わる?

2020年に予定されている東京五輪に向け、渋谷駅周辺では改良工事が進められています。首都圏のビジネスマンにとっては日常的に利用する駅であるため、影響を受けている方も多いのではないでしょうか。ここでは、渋谷駅の東京五輪に向けた改良工事にかかる期間や目的についてお伝えします。

渋谷駅の工事の目的とは?

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催では、選手のほか関係者・報道陣・観光客など大勢の人々が世界中から東京に集結することが予想されており、その人数は数百万人を超えるともいわれています。東京は従来から人口過密都市であり、交通網、飲食や宿泊などの各施設のキャパシティに不安があることから、来場客を迎え入れるための対策が早急に求められています。

そこで東京五輪に向けて各所で改良工事や再開発が活発に進められているため、首都圏エリアで働くビジネスパーソンにとって大規模工事はおなじみの光景になりつつあります。なかでも現在進行している渋谷駅の工事は、100年に一度ともいわれる巨大規模の再開発工事です。鉄道・商業複合施設など周辺の各施設が一斉に工事を行い、東京五輪までをめどに渋谷エリア全体を刷新しようという試みが着々と進められています。

東京メトロ銀座線の渋谷駅は装いも新たに

東京メトロは、東京五輪の大会組織委員会とオフィシャルパートナーシップを結び、五輪客の足を支えることを約束しています。彼らは、五輪開催に向けた長期的な取り組みとして、「Mission for Tokyo 2020」というプロジェクトを掲げています。本プロジェクトは2016年10月から駅内広告などで大々的に宣伝されていることからも、東京メトロの並々ならぬ意気込みが伺えるでしょう。

取りわけ、銀座線の渋谷駅では2019年を完成予定とする大幅な工事が行われています。駅周辺の大規模再開発に伴い渋谷駅の位置や形も大きく姿を変える予定で、2019年の完成時には明治通りをまたぐ新ホームがお目見えします。工事は着々と進行しており、すでに2016年11月には線路の移設のため、4日間運行が休止されるなど交通の便に若干の影響が出ています。

JR埼京線の渋谷駅も移設、山手線との乗り換え便利に

鉄道網の改良工事は東京メトロだけではありません。JR埼京線の渋谷駅でも、大規模なホーム移設工事が行われています。

JR埼京線渋谷駅は駅の南側にあり、山手線の渋谷駅からは約350m離れているため、乗り換えがわかりにくく不便です。埼京線-山手線の乗り換え利用者は日常的に多いうえに、東京五輪ではさらに大幅な利用者増が見込まれます。このような乗り換えでの混乱を緩和するため、JR埼京線の渋谷駅を北に350m移築する計画が進行しています。

新しいJR埼京線の渋谷駅ホームは、山手線の渋谷駅ホームのすぐ隣に再配置されるため、乗り換え利便性は大幅に向上するでしょう。

「渋谷駅街区東棟」は渋谷新たなシンボルタワーに

渋谷駅の大規模再開発は鉄道各社の改良工事に留まらず、駅周辺の複合商業施設などの建築も含みます。なかでも、渋谷駅の新たなシンボル的存在として注目されているのが「渋谷駅街区東棟」です。

「渋谷駅街区東棟」は、東急東横線の旧渋谷駅跡地で建築が進んでいる高層ビルのことです。ビルの建設は2014年7月から基礎工事が始まり、2019年7月末に完成を予定している長期計画です。完成すれば、高さ182.5mの渋谷ヒカリエに約50mもの大差をつける高さ228m超、地上46階の超高層ビルがお目見えします。

施設内には東京の最新のトレンドを発信する各種の商業施設が出店するほか、建物頂上には日本最大規模の屋外展望施設が建設される予定で、360度の大パノラマで東京一円の風景を見渡すことができます。東京五輪で世界中から集結した観光客にとって、魅力的な新名所となることが期待されています。

渋谷駅の工事はいつまで?その影響は?

渋谷駅の改良工事は、一か所だけでなく駅や商業施設など複数の施設にわたって、同時進行的に進められているため、その進捗状況は各施設によって異なります。しかしながら、概ね2020年の東京五輪の開催前までには工事が完了する見通しです。

特に工事による交通機関の運休や通路の封鎖などは、日常的に渋谷駅を利用するビジネスパーソンにとっては死活問題でしょう。鉄道・商業施設各社は、駅利用者の便を損なうことのないように努めており、重大な運休情報・封鎖情報は事前告知されています。突然の運休などに慌てることがないよう、2020年までは、渋谷駅や駅周辺の案内ポスターなどに少し注意を払いながら生活していく必要がありそうです。

さらに進化し続ける渋谷に期待しよう

東京五輪で世界中からゲストを迎え入れることは、日本の威信をかけた一大プロジェクトです。交通と文化の両面において、渋谷が東京の要所の一つであることは間違いなく、駅周辺の大規模再開発を含む改良工事が急ピッチで進められています。

工事の影響で利用者は若干の不便を感じることもあるかもしれません。しかし、それも数年間の我慢です。2020年には鉄道の利便性が向上し、観光名所としての魅力も大幅にパワーアップした新しい渋谷に出会えることでしょう。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP