ビジネススキル・マナー

30代女性の転職、スーツの準備はどうする?!

転職活動の面接は間髪入れず予定が決まることもあります。そんな時のスーツの準備や身だしなみのチェックは万全ですか?中でも、第一印象は採用を左右する重要な要素のひとつ。そこで今回はスーツの準備や、セットアップを揃えるのが難しい時の対応を考えてみたいと思います。

転職の面接……何を着る?

例えば、転職活動で面接に進めることになりました。さて何を着ますか?

現職の服装がスーツの方も、特にそうでない方も気にして欲しいのは、”会った瞬間、第一印象が決まる”ということ。清潔さを第一に準備をしましょう。

男性とは違って、女性のスーツはバリエーションが豊富です。ボトムはスカートやパンツ、ジャケットの形も様々ありますよね。

色の選択肢もたくさんありますが、特に指定のない場合は、黒や紺、グレー系の濃い色の物が間違いないでしょう。

事前の身だしなみチェック

面接が決まったら、身だしなみの事前チェックをしましょう!

顔周り

・髪は清潔感がありますか?髪色がまばらだったり、派手な金髪などは避けましょう。
・転職の面接は疲れが顔に出にくい時間帯を選ぶのもOK。時間を選べるなら午前中がベター。
・特に午前面接の場合、前日の飲酒は控えておくほうが無難です。

服装

・シミや汚れをチェック。
・スーツやシャツは時間があるならクリーニングに出しましょう。
・ストッキングの電線の確認。
・勤務してからの面接の場合、念のために着替えの用意があると安心です。

小物

・カバンの汚れをチェック。
・靴は磨いていますか?靴底が擦れて、歩くとカツカツ音がする場合はメンテナンスを。
・靴のヒールは5センチくらいが理想。

スカート派?パンツ派?

どちらを選んでも問題ありません。ただしジャケットの肩幅が体型にぴったり合っているものを着用しましょう。

ボトムスは、自分の印象づけたいものを着用すべきでしょう。営業系やキャリア志向でバリバリ頑張ることをアピールしたい場合は、颯爽としたパンツスーツを選ぶと相手側もイメージしやすいです。逆にスカートの制服が貸与されることが分かっていたり、秘書や受付といった女性らしさが前面に表れる職種の場合は、スカートを着用することで仕事に合ったイメージを持ってもらいやすいといえます。

スーツ揃えなきゃ?!

「今、スーツを全身揃えるだけのお金がない!」という場合の対策も覚えておきましょう。

中途採用の面接は割とタイトなスケジュールで進むことが多いものですが、急な面接にも何とかしたいもの。リサイクルショップで自分のサイズに合う美品があればラッキーですが、難しい場合、ジャケットを新調して、パンツはありモノをあわせるという方法はどうでしょうか?

その際に注意したいのは、至難の業ですが極めて似た生地を見つけるか、まったく異素材・異色のものを探すかがよいでしょう。中途半端に似ているものは逆にセットアップでないことがすぐに分かってしまいます。また、できれば自分だけではなく家族や友人からの意見ももらえると安心して購入できます。

当日の身だしなみチェック

当日は勤務先から面接会場へ出向くことも想定されるので、先方の建物に入る前に最終チェックを。

・スーツ、靴、かばんにゴミや汚れはないか?
・髪の毛が暴風や雨で激しく乱れていないか?
・夕方~夜の場合、日中の疲れがメイクでカバーできているか?
・携帯の電源は切ったか?

事前にアプリなどで会場までのルートを確認していても、地下鉄は特に駅の混雑具合や階段の長さ、地上までの距離まで正確に把握できないことが多いもの。最後の身だしなみチェックを落ち着いてできるよう、時間に余裕を持って行動したいですね。

清潔感が第一!

第一印象を決める勝負服ともいえるスーツは、業界によっては必ずしもセットアップでないといけないことはありません。しかし、どの様な恰好で行くにしても”清潔感”は一つの選考基準になります。

誰かにも見てもらうのが難しい場合は、全身を一度写真で撮ってチェックするのもひとつの方法です。主観に縛られずに、第三者の目から見ても一緒に働きたいと思ってもらえる印象づけができるといいですね。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP