ビジネス

幹事さん必見です!会社のお花見を成功させよう♪

会社での春の定番レクレーションと言えばお花見。そろそろ、そんなお花見の季節が近づいてきましたね。幹事を任された方もいるのではないでしょうか。普段とは違う場所での飲み会は気分も解放されるため、上司や同僚・部下と打ち解けるせっかくのチャンスです。ポイントを押さえて会社のみんなが楽しめる企画や準備をしていきましょう。

どんなお花見にする?

どんなお花見にしようか。
幹事に選ばれたらまず考えて欲しいテーマですね。
自分たちの会社の人たちはどんなお花見を求めているか、楽しめるかをしっかり考えましょう。

まず、人数や年齢、場所、費用など、会社によっても色々考える点は異なります。
食べ物にこだわる(お花見弁当・持ち寄り)・どんなお酒を揃えるか・バーベキューを取り入れるか・お子さんがいる方は連れてくるのか・どんなゲームや遊びをするかなど決めて行きます。

進行の流れ例

始まりのあいさつ

1.歓迎の挨拶
2.乾杯
3.新入社員などがいる場合は自己紹介などするのもOK
4.食事・ゲームなど
5.転勤や退職する方がいるならその方の挨拶
6.上司などの挨拶
7.締めの挨拶
8.幹事の役割について

幹事の役割について

幹事だからと、難しく考えなくても大丈夫です。
会社のみんなが楽しくお花見を進められる様に、雰囲気や表情などに気を配り、おもてなしをする事が大事です。

ここでは、幹事としてどんな事を意識したら良いのかご紹介します。

・みんなに食べ物や飲み物がきちんと行き渡っているかチェック
・ゴミは進んでまとめる
・履物を揃える
・ゲームなどみんなで楽しく参加出来ているかチェック
・雨対策も考えましょう
・自分たちのグループが周囲の迷惑にならないように気をつけましょう
・お金の計算もしっかり行いましょう

場所選びと場所取りについて

まず、お花見と聞いて思い浮かぶのは「場所取り」ではないでしょうか。

どこで見るか、どこで飲むかで盛り上がり度は変わってきますよね。
では、そんな場所取りのコツをチェックしてみましょう。

【場所選びのコツ】

・下見をして当日のイメージをしましょう
・桜の花が綺麗に見えるかどうか
・トイレの場所が遠すぎない・近すぎない場所がおすすめ
・全員が入りきるスペースかどうか
・待ち合わせや、迷わないために目印になる物が近くにあるか

もちろん手ぶらで場所取りはNGですよ。
会場によってはかなり早めに行く場合もあるのでその事も考慮して持ち物を決めましょう。

【場所取りの時の持ち物】

・レジャーシート(お尻が痛くならない様に段ボールなども)
・レジャーシートを止めておくもの
・布テープ(レジャーシート同士をくっつけます)
・暇つぶしグッズ
・寒さ対策グッズ(防寒・ホッカイロなど)

レクレーションを企画しよう

桜を眺めお酒を飲むだけではなく、仲間との距離が近くなれる様な楽しい企画を取り入れる事もおすすめです。

ではお花見の時はどんな風に盛り上げたらいいでしょうか。

チーム戦や対戦で順位を決めるゲームはおすすめの一つです。みんなで一丸となって頑張るゲームはやっぱり盛り上がりますよね。最下位にはわさびの入ったロシアンシュークリームなどの罰ゲームを用意すれば、意外なリアクションが見れたりとゲームも盛り上がりそう♪
また優勝者には景品を用意しておくのも忘れずに!
グダグダになりがちな中盤もゲームを取り入れてメリハリを付けましょう。

周りの環境に応じては、カラオケを取り入れるのもいいかもしれませんね。
ただし、騒ぎすぎて周囲に迷惑がかからないように注意するこも大事です。

幹事の持ち物について

幹事さんが当日、参加者のためにもぜひ持って行って欲しい物ご紹介します。

場所取りには先ほどご紹介した、レジャーシートや止めるものですが、宴が始まったら意外と色々必要になってきます。しっかり事前に準備して、会社のみんなが快適にお花見が楽しめる様に準備しておきましょう。

【準備しておきたいお花見グッズ】

・食べ物・飲み物
・紙皿や紙コップ・割り箸などは人数分より多めに
・油性ペン(お皿やコップに名前を記入できるので)
・ゴミ袋やゴミ箱
・ウェットティッシュ・ぞうきん
・防寒グッズ
・バーベキューなども考えている場合はガスコンロやクーラーボックスなど
・ゲームグッズ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お花見の幹事を任されたら、一度チャレンジしてみませんか?
みんなの思い出に残る様な、素敵なお花見を企画したいですね。

その為にも、下見や準備をしっかり行うことはとても大事です。自分の企画でみんなが楽しめるのなら、とてもやりがいがあると思います。

また、大変な時は一人で抱え込まず、協力者を探しましょう。アンケートを取ったり、意見を聞いたりして、みんなで作り上げていく気持ちも大切ですよ。

マナーを守って、ぜひ楽しいお花見にして下さい。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP