転職

転職活動時に内定を辞退する際のマナー

転職活動中、幸いなことに企業に内定をもらったけれど何らかの事情で辞退したい、ということもあるでしょう。できれば穏便に済ませたいけれどどうしたらいいの?と言う方もいるのでは。本記事では転職時に内定を辞退する際、トラブルを回避して円満に解決するための注意点をご紹介します。

転職の内定をもらっても辞退可能?

ワークスタイルの多様化に伴い、「スキルアップを図るため」や「ライフステージの変化に合わせて」と言った理由から転職するのは珍しいことではなくなってきました。

自分の目的に合わせた転職活動を行う場合、複数の企業にエントリーするのが一般的です。そんな中、2社以上の企業から内定をもらった場合、また採用内定後に条件等を熟慮した結果、入社を辞退したいということもあるかもしれません。

結論から言うと、企業から内定をもらった場合でも辞退することは可能です。ただ、辞退するならばそれなりの手順をきちんと踏まないと後々トラブルになることもあるので注意が必要です。

転職の内定辞退連絡はできるだけ早く

転職時、内定を辞退すると決めたなら、できるだけ早く先方に連絡しましょう。企業が中途採用者を募集するのは人材に空席があるからで、内定決定後時間がたてばたつほど採用側は内定者であるあなたを受け入れる準備を進めてしまいます。内定者が辞退することで企業側は再度選考を行うなど手間をかけなければならなくなるかもしれません。

連絡をしないまま自然消滅などというのは言語道断です。人物を見込んで採用内定を出してくれた企業へのマナーとして、遅くとも内定通知を受けてから2、3日後までには辞退の意向を伝えましょう。

転職の内定辞退連絡はメール?電話?

内定を辞退するというのは、やはり心苦しいものです。ですから顔の見えないメールで済ませてしまいたくなりますが、やはりここはきちんと電話連絡をしたほうが良いでしょう。

前述のとおり、辞退の連絡は早ければ早いほど良いもの。担当者不在でメールを読むのが遅れてしまうなどのリスクもあるので、早期に辞退の意思を伝えるには電話が確実です。また、やはりメールでは一方的な内容になってしまいがちで、「誠意が足りない」と受け取られてしまうことも。

お世話になった採用担当方に礼を尽くす意味でも、メールより電話できちんと辞退したい旨を伝えたほうが良いでしょう。

転職内定辞退の理由を伝えよう

内定を辞退する際はその理由を伝えなければ相手の納得を得ることができません。辞退理由は人によって異なり、給与など条件面に不満がある、転職先の第一志望だった別の企業から内定が出たから、などさまざまなものがあるでしょう。しかし、それをそのまま辞退する相手企業に伝えるのも考え物です。

特に「別の会社のほうが、条件が良かった」などというのは先方に失礼です。「いろいろと検討した結果、まことに勝手ながら辞退させていただきます」といった言葉で「迷惑をかけて申し訳ない」という誠意を伝えるのがベターでしょう。

中には辞退理由を具体的に聞いてくる企業も。条件の話し合いを持ちかけられることもあるかもしれません。辞退の意思が固いのであれば「家族とも相談した結果ですので、ご了承ください」などとはっきり伝えましょう。

一度承諾した転職の内定は辞退できる?

内定が決まり、双方が合意した後は一般的に「内定承諾書」や「入社承諾書」を提出します。これで応募者と企業ともに入社を前提に動き始めることになります。

ただ、事前に特別な取り決めを行っていない限り、入社前であれば内定の辞退は可能です。民放でも「雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。」と決められているので法律的には入社日の2週間前なら問題なく辞退可能になります。

ただ、実際は内定承諾書を提出すると企業側も受け入れ準備を始めることになるので、場合によってはパソコンや机と言った備品を購入することも。最悪の場合、採用準備費用がかかったことによる損害賠償請求に発展したケースもあります。

転職活動中は自分の希望や相手企業の特色などを事前にきちんと把握し、できる限り内定承諾後の辞退は避けたほうが無難です。やむを得ず辞退する場合は早急に相手企業にその旨を伝え、誠意をもって迷惑をかけることをお詫びしましょう。

転職の内定を辞退するにも、社会人のマナーを忘れずに

転職活動はビジネスパーソンとしてステップアップし、また人生を豊かにするための挑戦です。後々に悔いを残さないために時には内定を辞退することもあるでしょう。

そんな時も「どうせ入社しないし」と不誠実になってはいけません。
社会人として最低限の挨拶と誠意、つまりマナーをしっかり守って新たなステップに進んでいきましょう。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP