転職

経理に転職するために有利な資格とは?

経理の仕事には簿記や法律の知識が必要な仕事のため、一般事務に比べて平均給与も高め。それだけに経理職に就きたいという人も多く、就職戦線では狭き門になっています。経理職を目指すに当たって、どんな資格を持っていたら有利になるのでしょうか。

経理職を目指すなら簿記は必須

経理の仕事は、日々の仕事で必要になる現金の出入金の管理と、法律に従って決算表や貸借対照表を作ること。そのためには、簿記の知識は絶対に必要です。

もちろん仕事をしながら覚えていくことも可能です。しかし、経理職としての採用を目指すなら、入社試験に臨む前に少なくとも簿記3級は取得しておきたいところ。3級はレベルとしては商業簿記の初級なので、できれば実務がこなせる2級まで取得しておくことをおすすめします。

ここでは、経理職を目指すに当たって簿記の資格はすでに持っていると仮定しましょう。その上で、さらにアピールできる資格をいくつかご紹介したいと思います。

ファイナンシャルプランナー

現代の経済活動は、物を売ってお金を得るだけの単純なものではありません。不動産投資や株の売買など、形のないものに対しての取引も盛んになっています。ファイナンシャルプランナーとは、そういった「資金(ファイナンス)」を運用するためのプランを立てる仕事です。

ファイナンシャルプランナーは、不動産などの投資関連だけでなく、住宅ローンなどの長期ローン、相続税や贈与税についての節税対策など、金融に関する幅広い分野の知識を取り扱います。そのため、経理職はもちろんのこと、財務や総務職など法律知識を必要とする職種や、銀行や証券会社などの金融関係の企業への就職にも有利です。

ファイナンシャルプランナーの資格としては、国家資格のファイナンシャルプランニング技能士と、日本FP協会が主催する民間資格のAFPとCFPがあります。

税理士

税理士とは、企業や個人事業主の税務申請、贈与税や相続税の申請の代行などを行う仕事です。ときには中小企業を相手に、節税のアドバイスなどを行うことも。いわば税金関係の専門家といえます。

中小企業では顧問税理士との契約を結んでいないところが多いので、税理士の資格を持っていれば就職にかなり有利になること間違いなしです。

しかし、税理士は国家資格のため、税理士になるには年1回実施されている試験に合格しなければいけません。合格率も決して高くはなく、独学ではかなり難関といえます。また、誰でも受験できるわけではなく、「大学や短大で法律学または経済学を履修した者」といったように、受験資格が定められています。

ただ、そういった専門教育を受けていなくても、日商簿記1級に合格すれば自動的に受験資格を得ることができます。

社会保険労務士

経理の仕事の中には、社員の給与計算も含まれています。そこで役立つのが、社会保険労務士の資格です。

社会保険労務士は、法律に従って労務や社会保険についての書類の作成などをする仕事です。企業内での労務管理や、社会保険についてのアドバイスなどを行うこともあります。

社会保険労務士は、以前は厚生労働省の管轄にある国家資格でした。現在は厚生労働大臣の委託を受けて、全国社会保険労務士会連合会が管轄し、社会保険労務士試験センターが資格認定試験を実施しています。

試験は年1回で、大学や短期大学を卒業していることといった受験資格が定められています。しかし、厚生労働大臣が認定した約80の国家資格のうち、どれか1つを持っていれば受験できるなど、かなり間口が広くなっています。

英文会計簿記

現代では、中小企業であってもグローバルな取引を行っている会社が増えてきました。そういう国際取引がメインとなっている会社や、経営に外国資本が入っている企業では、将来的に英文会計簿記が導入されるのではないかと見られています。

もちろん現在のところは、英文会計簿記の知識がまったくなくても、経理処理が滞ってしまうわけではありません。しかし、就職において語学スキルが重視されるように、経理職では英文会計簿記を持っていると有利になります。

英文会計簿記の資格としてもっとも知られているのは「BATIC(国際会計検定)」です。また最近では、「USCPA(アメリカ公認会計士)」も注目されています。英文会計簿記の資格としては、ほかにも「USGAAP(米国会計基準)」「IFRS(国際会計基準)」などがあります。

FASS検定

経理・財務スキル検定、通称「FASS検定」は、2005年にスタートしたばかりの新しい資格です。

経済産業省が制定した「経理・財務サービススキルスタンダード」を基に、どのくらいの実務スキルがあるかを測る資格になっています。そもそもが、簿記検定では実務スキルの見極めができないという企業からの要望で制定された資格なので、大手企業では制定直後から重視されています。

FASS検定は、いわば簿記検定のライバルともいうべき存在。経理職を目指すなら、ぜひとも挑戦しておきたい資格です。

資格を持っているだけでは意味がない

経理職への就職に有利な資格を紹介してきましたが、資格はあくまで知識があることの認定でしかありません。実際に経理職に就いたものの、性格的に向いてないために仕事にやりがいを感じられず、続けることがつらくなってしまうといったケースもあります。

資格を取るための勉強を通して身についた知識は、経理職以外にも生かせるはず。ただやみくもに経理職を目指して有利な資格を取るだけでなく、将来設計までを視野に入れて考えてみてください。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP