ビジネス

今すぐにできる!仕事へのモチベーションを上げる簡単な方法

締切が迫る仕事。焦る気持ちとは裏腹に、どうしても気持ちが仕事に向かわず、手や頭が動かなくなる時はありませんか?そんな時は、モチベーションを上げる方法をぜひ試してください。今回は、短い時間で簡単にできる、モチベーションを上げる方法をご紹介します。

プチ瞑想で心をリセット

目からは、意識しなくても色々な情報が入ってきてしまうもの。溢れた情報を整理するために、脳はフル稼働で頑張っているかもしれません。それらは知らず知らずのうちにストレスとなり、モチベーションを下げている可能性があります。

これらを一旦リセットして、下がったモチベーションを上げるためには「プチ瞑想」がおすすめです。
目を閉じて、キーボードやマウスから手を離し、1分間ほど意識を呼吸に向け何も考えないようにします。1分間という時間でも意外に長く感じることができ、心が落ち着いた状態にリセットされますよ。

成功をイメージする

モチベーションが下がっている時は、マイナスイメージしか浮かんできません。
「どうせこの仕事はうまくいかない」「うまくいかないのに何故やらなきゃいけないのだろう」など、マイナスイメージが連鎖してしまいます。

そんな時は、ネガティブなイメージを思い切って振り払ってみるのが大事。仕事がうまくいって喜んでいる未来の自分をイメージしてみましょう。明るい未来を想像することで、その実現のために何が必要かということも連鎖的に浮かび、気持ちを上げることができるでしょう。

机の上の不要な物を片付ける

机の上に物は溢れていませんか?
あれもこれも、複雑なことを同時進行していかなければいけない現代。「不要・必要」の両方が同時に溜まりやすくなってしまうのは仕方のないことであり、珍しいことでもありません。

しかし、要らないことや物に囲まれていると、今本当にやらなければいけないことを見失いがちになってしまいます。一度、机の上の物を片付けてきれいに整理することで、今やるべきことに意識が集中しやすくなるでしょう。

糖分を摂取する

糖分は、脳の栄養分となります。なんとなくやる気がなく疲れている時は、糖分を摂取することでそれらを解消できることがあります。
飴やチョコレート、甘いコーヒーやココアなど、自分が好きなもので脳に栄養を与えてあげると良いでしょう。

ただし、お腹がいっぱいになってしまうほど一度にたくさん食べるのは逆効果です。急激に上がった血糖値を下げるためにインスリンが多く分泌され、体がだるく、眠くなってしまうことがあります。ちょっとしたおやつ程度に留めましょう。

好きな場所や家族の写真を見る

前述のとおり、目から入る情報はダイレクトに脳へ届き、感情の浮き沈みにも影響を与えます。そのため、「自分が元気になれる」と感じる写真などを見るのも効果的です。

例えば、一度行ってみたい海外の場所や大切な家族の写真。さらに、好きな芸能人や愛するペットなどの写真も効果的です。「私はこのために頑張ることができる!」と思うことで、モチベーションを上げることにつながります。

オンとオフの切り替えを大切に

仕事に対するモチベーションを上げることができない時は、その理由は漠然としていることがほとんどで、「仕事がつまらない」「興味が持てない」「同じ作業で飽きた」などが挙げられるでしょう。

こういったマイナスの感情は、上記に挙げたような方法で、意外にも簡単にリセットすることができます。一度モチベーションを上げることができたら、まずは目の前の仕事を終えることだけに集中しましょう。そして、お休みの日には仕事を忘れてきちんと遊ぶなど、のんびりしてリフレッシュすることも大切です。

オンとオフを上手に切り替えられるようになれば、仕事の中に楽しみを見つけることができ、モチベーションが上がった状態をキープできるかもしれませんね。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP