ビジネス

海外の理想の経営者として支持される5人の名言

日本でも海外でも、著名な経営者たちの名言は仕事や人生へのモチベーションにつながり、私たちのやる気を引き出してくれるものです。今回は海外の理想の経営者として愛される5人の名言を紹介します。成功者の名言から、働き方のヒントを見つけましょう。

①スティーブ・ジョブズ

最初にご紹介するのは、スティーブ・ジョブズの名言。2000年にアップル社のCEOに就任した後、2007年にはiPhoneを発表。現在では当たり前になっているスマートフォンを世界に広げたのが彼です。

海外の理想の経営者として日本でも支持されているのも納得ですね。そんな彼の名言がこちら。

シンプルですが、今の自分に自信がない方や、将来に不安を感じている方には刺さる一言ではないでしょうか。

” 一つのことを、一生やり続けられると確信する日がくる

” 旅の過程にこそ、価値がある

②ビル・ゲイツ

2人目の経営者は、ビル・ゲイツ。彼はアメリカの実業家・プログラマーで、あの有名なマイクロソフトを世界に広げました。

海外でも天才と呼ばれている彼の名言は、まさに「時は金なり」を、説得力を持って伝えてくれます。世界長者番付で長くトップを飾った資産家としても知られる人物の言葉と考えると重みがありますね。

” 1日24時間では処理しきれないほど難問がある。だから、無駄にしている暇はない

” 同じ決断を二度するな。最初の決断に充分時間をかけて確固たる決断を下せば、同じ問題を二度考えずに済む

③カルロス・ゴーン

続いてご紹介する経営者は、カルロス・ゴーン。フランスの自動車会社ルノー(Renault S.A.S.)の取締役会長兼CEOや、日産自動車の社長兼CEOなどを務めあげた経営者です。

彼の名言は、トラブルに悩んでいる方が活路を見出すヒントを与えてくれます。

” 困難は避けるものではなく、解決するものである

” 教科書なんて要らない。大切なのは人々の意見に耳を傾けること

④ウォーレン・バフェット

4人目はウォーレン・バフェット。バークシャー・ハサウェイの最高経営責任者で「オマハの賢人」との愛称でも親しまれています。海外では、史上最高の投資の神様としても有名です。

そんな理想の経営者であるウォーレン・バフェットの名言は、周囲への感謝にあふれています。敏腕の経営者というと非情な印象を持たれがちですが、人を大切にすることこそビジネスにおいて大切なことなのかもしれません。

” 幸運な1%として生まれた人間は、残りの99%の人間のことを考える義務がある 

” 私は一日中、いつもワクワクしているんです。なぜなら、自分が本当に愛してやまない人たちと一緒に、自分が本当に愛する仕事をしているのですから

⑤マーク・ザッカーバーグ

最後にご紹介する海外の経営者は、マーク・ザッカーバーグ。ハーバード大学在学中にFacebookを立ち上げたことから一気に有名人になり、海外でも理想の経営者として親しまれている実業家のひとりです。

彼が会長兼CEOを務めるFacebookは、働きやすい会社としても支持されています。そんな彼の名言には、すぐに仕事に活かせるものばかりです。

” 完璧を目指すよりも、まずは終わらせろ

” 素早く行動し、不要なものは捨てる。何かを捨てなければ素早く動けないからだ

仕事へのモチベーションにつながる経営者たちの名言

海外の理想の経営者と言われる5人の名言についてご紹介しました。経営者として成功した彼らの名言には、仕事に対する意欲、努力、そして諦めないことへの力強い意志が感じられますね。

5人の経営者たちの名言は、これからの仕事やスキルアップへのモチベーションにもつながったのではないでしょうか?

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP