ビジネススキル・マナー

どんな種類がいいの?30代メンズが持つべき腕時計

30代といえば、仕事もプライベートも充実し始め、どんどん魅力が増してくる頃。できるメンズなら品格ある腕時計の1本は持っていたいものです。しかし、腕時計といっても種類はいろいろ。今回はできる男性にオススメのメンズ腕時計を4種類ご紹介します。

理想の30代にオススメの腕時計とは?

30代になると収入も安定し始め、ちょっといい腕時計が欲しいなと思い始める頃。腕時計にもたくさん種類があって、いざ購入するとなると悩みますよね。

プライベートにも仕事にも両使いするなら、シンプルでトラッドなデザインがオススメ。どんなシーンにも合わせられます。また、スーツの下につけるのであれば、薄型の種類がベター。腕へのフィット感もよく、作業の邪魔にもなりません。

気になる価格帯ですが、いきなり高額なものは勇気がいりますよね。高すぎず、かといって安っぽくならない5万円前後のものを選ぶ方が多いようです。今回は、10万円以内で購入できる腕時計を4種類ご紹介します。

今流行の「ダニエルウェリントン」

スウェーデン発祥の大人気ブランド、ダニエルウェリントン。トラッドで気取らないカッコよさが30代メンズにぴったりです。薄型でシンプルな盤面がエレガントさを演出してくれます。

上品な見た目に反して、価格は1万円~と低価格。ビジネスシーンではレザーのベルト、プライベートではNATOのベルトに付け替えるなど、シーンに合わせてアレンジすることも可能です。

女性の間でメンズライクが流行しているので、男女のペアでつけるという楽しみ方もできます。ペアでの購入なら、メンズ腕時計はゴールドカラーとレザーのベルトで男性らしさを強調するとよいでしょう。

深いブルーにこだわりを感じる「スカーゲン」

盤面の深いブルーが、シンプルながらデザインにこだわりを感じるブランドです。さりげないオシャレを演出してくれる、知的で上品な一品。北欧で生まれたスカーゲンは、薄型で身体にフィットし、使いやすいところが魅力です。

価格は2万円~とお手頃であるにもかかわらず、紳士的な印象で、デザインの種類も豊富なので、あなたにぴったりのものが見つかるはず。

シンプルかつエレガントな「ハミルトン」

アメリカ発祥のスイス製腕時計であるハミルトン。その品質と耐久性が評価され、これまで鉄道用・航空用・軍用としても用いられてきました。

シンプルかつエレガントなデザインでつける場所を選ばず、フォーマルにもカジュアルにも使いこなせます。価格帯は4万円程度~。30代メンズなら、さりげなくつけるのにぴったりです。

こちらもデザインの種類が豊富ですが、なかでも一番のオススメは「ビューマチック」。もっともシンプルで万人受けすること間違いなしの一品です。プレゼントにも人気があります。

低価格で高品質。時計好きも唸らせる「オリス」

オリスはスイス製の腕時計の中でも独特のデザインを持ち、時計好きからも愛される老舗ブランド。航空機時計の仕組みを初めて取り入れたのもオリスと言われています。

パイロットがレザー手袋をはめたままでも操作ができるようにクラウン(リューズ)を大きくしたデザイン、ぱっとひと目で日付が分かるポインターデイトなど、独自性の光る一品です。

機械式時計であるにもかかわらず、10万円以内でも購入できるのも魅力的。初めて持つ高級時計にオススメしたい腕時計です。

一生モノの時計を探しませんか?

ビジネスでもプライベートでも両使いするなら、シンプルかつ上品な薄型の種類の腕時計がオススメです。主張しすぎず体にフィットして、さりげないオシャレを演出してくれるでしょう。

ご紹介した以外にも、各ブランドで個性的なデザインの腕時計が発売されています。自分にぴったりのメンズ腕時計を探してみてください。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP