ビジネス

リーダーになったら知っておきたい「人事考課」の2つの役割と3つの評価基準

会社員である限り決して逃れられない「人事考課」。この記事を読んでいる方のなかには、人事考課で一喜一憂している人もいるだろう。人事考課は、企業経営にとって不可欠なものだ。なぜ、企業は人事考課を行うのだろうか。この記事では、人事考課の役割や意味などを考察する。

「人事考課」とは何か?

「人事考課」とは、「従業員の日常の勤務や実績を通じて、その能力や仕事ぶりを評価し、賃金、昇進、能力開発などに役だてるもの」とされている。

つまり、「人事考課」は、さまざまな役割を持っているとわかる。「人事考課」を効果的に行うことが従業員の成長、育成につながるのだ。

「人事考課」の役割を整理

では、ここで「人事考課」の役割を整理しよう。主な役割は2つに集約される。

ひとつは「能力開発」だ。「人事考課」により従業員の能力や仕事ぶりを評価して、それを被評価者にフィードバックすることによって従業員の能力開発に役立てようとするものだ。

日本の人事制度において、最も広く採用されているのは「職能資格制度」である。「職能資格制度」とは、職務遂行能力によって賃金を決める制度のことである。

「職能資格制度」に不可欠な「人事考課」

「職能資格制度」には、「職能要件」と呼ばれる各々の職能において定められた要件が存在する。この「職能要件」は「人事考課」と密接な関係がある。

というのも、「職能要件」に記述されている要件が「人事考課」の基本になるためだ。「人事考課」により「職能要件」が満たされたと企業が判断した場合、上位の職能に昇格できるのである。

「人事考課」では、この「職能要件」に照らし合わせて、どの程度職能を充足しているか判断し、フィードバックを行う。そして、充足率を高めるためにどのような行動が必要か、被評価者と評価者が話し合い、能力開発に役立てていく。

「選抜」のために行う「人事考課」

「人事考課」のもうひとつの目的は「選抜」である。「人事考課」によって、昇給、昇格に差をつけることにより、従業員に働くモチベーションを与え、彼らの努力を促す。

「人事考課」を行う際、絶対評価がよいのか、それとも相対評価がよいのか、聞かれることがあるが、どちらがよいかは明確には言えない。というのも、企業の考え方によって、フィットする評価スタイルが異なるからだ。

例えば、従業員の競争意識を高めたい場合は、相対評価を導入するのがよいだろう。従業員の間に意図的に差を設けることによって、彼らのモチベーションに火をつけるのだ。ただし、やりすぎると逆にモチベーションが低落する可能性があり、注意が必要だ。

一方、絶対評価を導入した場合は、育成の意図が強くなる。相対評価がどちらかといえば、信賞必罰のイメージが強い一方で、絶対評価なら頑張れば報われるというメッセージになる。だから、新入社員には絶対評価を適用し、ベテラン社員には相対評価を適用するなど社員の年齢や職能によって評価スタイルを分けることも一案だ。

「人事考課」の3つの評価基準

「人事考課」には一般的に3つの評価基準がある。ひとつずつ見ていこう。一つ目は「能力評価」である。職務遂行能力を評価するもので、「職能資格制度」と密接な関係を持っている。

二つ目は「情意評価」である。仕事に対する姿勢や出勤率などの勤務態度を評価対象としている。三つ目は「業績評価」。評価対象期間中に出した成果を評価する。

つまり、「人事考課」は「職務遂行能力」「仕事への姿勢」「成果」の3つを評価対象としていることがわかるだろう。

ここで疑問に思った人がいるかもしれない。「職能資格制度」を採用しているなら、「職務遂行能力」のみを評価すればよいのでは、という率直な疑問だ。

モチベーションを左右する

では、なぜ「職務遂行能力」だけを評価してはいけないか、説明しよう。

AさんとBさん、それぞれ同じ能力を持っている従業員がいたとしよう。Aさんは営業第一課へ、そしてBさんは営業第二課へ配属された。

営業第一課は、コミュニケーションがスムースで課長が教育熱心、一方、営業第二課は従業員間の仲が悪く、足を引っ張り合う傾向が強い。

この場合、AさんとBさん同じ能力を持っていたとしても、出せる成果は異なると予想できるであろう。つまり、たとえ同じ能力であっても、環境の違いによるさまざまな要因により、両者に差が出てしまうのだ。

このとき、3つの評価基準があれば、置かれた環境の差を考慮できる。成果については、Aさんに軍配が上がるかもしれないが、「職務遂行能力」や「仕事への姿勢」はBさんのほうが上になる可能性もあるからだ。こうなると、職場環境に不満を持っていたBさんも働くモチベーションが上がり、今以上に会社に貢献しようと思うかもしれない。

「人事考課」の役割を知り、フィードバックを生かす

「人事考課」は、「育成」と「選抜」というふたつの役割を兼ねたものだ。そして、3つの評価基準のもと「育成」と「選抜」が行われることになる。

従業員にとって、「人事考課」はあまり気持ちよいものではないかもしれないが、自分の能力開発に役立つという視点を持てば、フィードバックを生かす気持ちも高まり、見え方もだいぶ変わってくるのではないだろうか。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP