ビジネススキル・マナー

AIが仕事を変える!AI時代を生き抜くために必要なスキルとは?

人間の知能を上回り、ビジネス形態に大きな変化をもたらすとされている人工知能(AI)。AI時代を生きる私たちにとって、今後必要となってくるスキルとは一体何なのでしょうか?今回は、私たち人間がAI時代を生き抜くために必要なスキルをご紹介します。

AI時代とは?~第四次産業革命~

これまで、人々の暮らしやビジネスに変化を与え続けてきた「産業革命」。19世紀のイギリスで発明された蒸気機関による“機械化”が、第一次産業革命とされています。

その後20世紀のアメリカで起こったのが、電気による大量生産を生み出した第二次産業革命。20世紀中盤から後半にかけてはコンピューターによる第三次産業革命が起こり、21世紀に入り登場したのが、人工知能(AI)やIoTによる第四次産業革命です。

AIの台頭により、10年~20年後には現在日本にある職業のおよそ半数以上が無くなってしまうと言われています。AIの技術が著しい進歩を遂げている今の時代、私たち人間に求められるスキルも大きく変わろうとしているのです。

AIによって無くなると言われている仕事

今後AIによって自動化が進むとされている仕事の一つが、マニュアルに基づいた機械的なやりとりを行う仕事です。たとえば飲食店のカウンターやスーパーでのレジ打ち、運搬用荷物の箱詰めや積み下ろし作業などは、近い将来、人に代わりAIが行う可能性が高いでしょう。

また、近年は自動で運転できる自動車の技術が発展しています。AIが乗り物を運転する時代も近いかもしれません。

AI時代に必要なスキル①コミュニケーションスキル

AIのスキルが人間の代わりに仕事を行う一方で、私たち人間だからこそ持っているスキルも存在します。

たとえば、感情と感情を直接ぶつけてビジネスを動かしていく「営業」や「教師」といった職業は、そのすべてをAIのスキルに置き換えることは難しいです。

プレゼンテーションの資料をつくったり、テストの採点をしたりすることはAIにもできます。しかし、アドリブや状況対応力が必要とされる場面では、私たち人間のビジネスにおけるコミュニケーションスキルが必要なのです。

AI時代に必要なスキル②創造・発想スキル

人間が一生かかっても把握しきれない膨大な量のデータを処理し、どんどんと賢くなっていくAI。しかし、そんなAIにも弱点はあります。それは、過去のデータにはない新しい創造や発想をすることです。

たとえば画家や作家、写真家など、いわゆるクリエイティブな職業に就いている人たちが日々行っている創造・発想のスキルは、AIには生み出せない特別なスキルです。

これらの職業でなくても、豊かな発想力を身につけることは、技術の発展やビジネスの裾野を広げるうえで重要なスキルとなってくるでしょう。

AI時代に必要なスキル③AIを動かす技術

これからのAI時代を生き抜くために最も必要なのは、AIを動かし、活かすための知識とスキルです。どんなに優秀なAIでも、それを生み出したのはまぎれもなく私たち人間。

AIのことをよく理解し、ともに生きていくためにはどうしたら良いのかを考えられるスキルを身につけていくことが、AI時代を生き抜く術となるのではないでしょうか。

AIとともに生き抜くために

世界情勢の悪化や少子高齢化など、多くの問題を抱える私たち人間が生み出した、新しい希望の星「人工知能(AI)」。AIのスキルを向上させる研究を進めるとともに、どのようにして新しい技術と向き合い、共存していくかを考えることが必要です。

AIのスキルに怯えるのではなく、私たち人間だからこそできることや、より良い生き方を模索していく時代が、もうすぐそこまでやってきています。

採用サイト制作サービス 採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP