ビジネススキル・マナー

お酒が苦手でも大丈夫!会食で失敗しないマナーを身につけよう!

大事な取引先や上司とお酒を交わしながら、今後のビジネスが上手く運ぶように関係を築くための大事な会食。マナーやしきたりなどが多く苦痛に感じてしまう方もいるのでは?今回はお酒が苦手な方でも上手くこなせる会食で失敗しないためのマナーをご紹介します。

お酒が苦手でも大丈夫!

「会食」というと、かたい雰囲気で周りに気を使ってお酒を飲まないといけないというようなイメージがありますよね。特にお酒が苦手な方にとっては苦痛に感じることもあるでしょう。

しかし、本来の会食の目的はお酒を飲むことではなく、「取引先や大事なお客さまと良好な関係を築くこと」です。お酒は必ずしも必要ではなく、お客さまに気持ちよく過ごしていただくことが何より大切。

そこで今回は、会食の席でお酒を上手に断るコツや、相手方に気分よく飲んでもらうために気をつけたいマナーをご紹介します。

1.お酒をお断りするときのマナー

アルコールは体質的に飲めない方もいるので、無理に飲む必要は全くありません。ただし、お断りする際には少しばかり言葉を選びましょう。

お酒をすすめてもらって嬉しいことをまず伝え、「明日健康診断がありまして……」「この後運転しなければならないので……」とやんわりお断りするのがマナーです。

また「今日はみなさまに美味しいお酒を飲んでいただきたいので」と相手に気持ちよく飲んでもらえるように誘導しましょう。

2.飲まない代わりにお酌上手になろう!

お酒を普段飲まないからといって、マナーを知らなくて良いわけではありません。お酌にもたくさんマナーがあるのです。

まず、お酌回りは必ず上座の方から回ります。このとき、意外と知られていないのが、お酒を持って移動しないこと。手ぶらで移動し、「お酒いかがですか?」と伺い、その方の席にあるお酒を注ぎます。

ビールを注ぐときは、必ず飲み干したグラスに注ぎましょう。ラベルは上を向くようにし、手を下から添えるようにして持ちます。

ワインも同様にラベルは上に。グラスの3分の1程度までを目安に、注ぎすぎに注意しましょう。

3.お酌を受けたときのマナー

お酌を受けた場合は、必ずお酒に口をつけるのがマナー。そのまま机に置くのは失礼にあたるので、飲めない方は飲むフリをするだけでも大丈夫です。

ビールや日本酒などのお酌を受ける場合は、グラスを両手に持ちます。逆にワインの場合は、グラスを持ち上げるのはご法度です。テーブルに置いた状態で注いでもらいましょう。

4.知識を吸収して話を盛り上げよう

お酒の席は場が盛り上がりやすくなるとはいえ、話が途切れて重苦しい雰囲気にならないようもてなす側が気をつかうことが大切。お酒が苦手な方はトークで盛り上げられるよう、たくさんの知識を広めましょう。

広く浅く色々なことに興味を持ち、アンテナを張っていると、相手の方との話も弾みます。話が苦手でも大丈夫です。困ったら「きどにたてかけし衣食住」から話題を選びましょう。季節・道楽・ニュース・旅・テレビ・健康・仕事と衣食住に関する話題を用意しておくと、あとにつながりやすいです。

また、自分だけがダラダラと話をするのではなく、「私は~と考えますが、どうなんでしょうか?」など、相手方に気持ちよく話をしてもらえるよう心がけましょう。

会食で良い人間関係を築こう!

お酒が飲めないせいで会食に苦手意識を感じる必要はありません。会食では、取引先や相手の方が気持ちよくお酒が飲めるような空間を演出すれば良いのです。そのために、しっかりとお酒に関するマナーを把握し、失礼のないように心がけましょう。

会食の席で取引先との良好な関係が築ければ、新しいビジネスチャンスにもつながります。苦手な会食をチャンスをつかむ場に変えるのもあなた次第です!

インソース
エナジード

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP