転職

求人数は22カ月連続で増加、転職求人倍率は2.72倍と活況続く

2016年9月の転職求人数は前月比102.1%、転職希望者数は前月比105.5%となり転職希望者数の増加幅が求人数の増加幅を上回ったため、転職求人倍率は前月から0.09ポイント減の2.72倍となったことがインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。1人あたりの求人件数が3件近くあることになり、依然、転職市場では活況が続いている。

求人数は前年同月比127.3%で、22カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新している。転職希望者数の前年同月比は120.6%だった。

 業種別にみると、求人数が増加したのは9業種のうち「金融」「その他」を除く7業種となった。求人数が特に伸びたのは、専門商社で求人数が増加した「商社・流通」(前月比4.0%増)と技術者派遣に強い人材サービス会社やリフォーム会社で求人数が増加した「サービス」(前月比3.4%増)だった。

 職種別で求人数が増加したのは11職種のうち「専門職」を除く10職種だった。特に伸びたのは、「技術系(建築・土木)」(前月比6.2%増)、「クリエイティブ系」(前月比5.7%増)。

 「技術系(建築・土木)」ではリフォームやリノベーションニーズの増加で施工管理や建築設計の求人数が増加し、「クリエイティブ系」ではWebサイトのユーザビリティ強化を図る企業が多く、WebデザイナーやWebプロデューサーの求人数が増加した。

 今後の転職市場についてインテリジェンスでは、「10月以降も求人数は増加する見通しだが、景気は横ばいの状況が続いており、これまでよりも即戦力に近い経験者を求める企業が増加傾向にある」と分析した。

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP