経営者の4人に1人が景気は「緩やかに拡大」と回答

景気の現状について、「緩やかに拡大」とする経営者が25.5%となり、同友会景気判断指数が2年ぶりにプラスに転じたことが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。

 経営者に対して景気の現状についての判断を聞いたところ、「拡大」(0.0%)、「緩やかに拡大」(25.5%)、「横ばい」(58.3%)、「緩やかに後退」(12.5%)、「後退」(2.8%)、「その他」(0.9%)となった。

 前回の2021年6月調査と比較すると、「緩やかに拡大」と「横ばい」がやや増加(それぞれ21.3%→25.5%、51.0%→58.3%)し、「緩やかに後退」と「後退」がやや減少(それぞれ15.8%→12.5%、10.4%→2.8%)した。

 アンケートの回答について、「拡大」を1、「緩やかに拡大」を0.5、「横ばい状態」を0、「緩やかに後退」を-0.5、「後退」を-1として、各回答の比率を積算し合計(「その他」は考慮せず)した同友会景気判断指数は
-7.7から3.7となり、2年ぶりにプラスに転じた。

 今後6カ月の景気見通しについては、「拡大」(6.0%)、「緩やかに拡大」(59.3%)、「横ばい状態」(24.5%)、「緩やかに後退」(7.9%)、「後退」(1.4%)、「その他」(0.9%)となった。
今回の調査と比較すると、「緩やかに拡大」が増加(25.5%→59.3%)し、景気判断指数も3.7から30.3と上昇した。

 景気見通しの根拠を聞いたところ、「個人消費の増加」(41.1%)、「設備投資の増加」(28.5%)、「輸出の増加」(23.8%)などが挙がった。

 前回調査と比較すると「設備投資の増加」(20.8%→28.5%)などが増加した。

 半年後(2022年3月末時点)の対ドル円相場の予想は「105~110円未満」(64.3%)、日経平均株価の予想は「2万8000円台」(26.0%)が最も多い。

 調査は2021年8月23日~9月1日に実施し、経済同友会会員ら218人から回答を得た。

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

  2. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】導入企業1000社を突破 自律型人材の早期育成が加速

  3. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

ランキング

  1. 【兆】DX推進人材の採用を実現し、事業成長に挑む企業を支援する

  2. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  3. 【製造分野の中途採用】早期退職募集が予測される企業に勤めている求職者は積極的に動いている

  4. 【インソース】ビジネス法務オンライン研修を開始 他

  5. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

  6. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

  7. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】導入企業1000社を突破 自律型人材の早期育成が加速

  8. 人事部長向け専門誌「日本人材ニュース」vol.320

  9. 【ポストコロナの人事改革】経済再起動で人材投資が始まった

  10. ブレンディッド・ラーニング

TOP