新卒採用

新卒紹介

新卒採用の難易度の上昇、そして採用スケジュールの数年ごとの変更などで、注目されているのが新卒の人材紹介(新卒紹介)だ。このサービスは2000年頃からあり、これまでは採用数が少ない中小ベンチャー企業や内定辞退が出た時などに利用されていたが、大手企業から中小ベンチャー企業に至るまで様々な企業で利用が広がっている。

応募者をできるだけ多く集める母集団形成から、質を重視した母集団形成へと採用方法が移行していく中で、就職情報サイトだけでは集まりにくい理系、難関大学、バイリンガル、体育会などの学生を事前にスクリーニングして紹介する。SNSを活用して学生とネットワークを構築するサービス会社も出てきている。

学生からの認知度の低いBtoB企業や採用担当者が少ない中堅・中小ベンチャー企業では、スクリーニングだけでなく、面接などで自社の魅力を伝えるための説明・説得、会社説明会の企画・運営に至るまでの採用広報の役割を新卒人材紹介で実施する企業も多い。また、通年採用の手法としても活用されるようになっている。

これまでの中心的な手法であった就職情報サイトや合同説明会と比較すると、企業の実情に合わせたオーダーメードの採用活動ができる点が大きなメリットだ。人材紹介会社が学生と面談して適性のある学生だけを紹介してくれたり、選考期間中も学生の就職活動状況をフォローしてくれるため採用業務の省力化が可能だ。

手数料が成功報酬であることから、採用に至らなかったときのコスト面のリスクが小さいことも利用企業が増加してる理由の一つだ。


シンクトワイス代表の猪俣氏は新卒紹介サービスのパイオニア的存在で、採用の成功にコミットする姿勢がクライアントの信頼につながっている。コンサルタントが企業と学生の両方を担当するコンサルティングでマッチング精度を高めており、クライアントのニーズに対するきめ細かい対応力が強み。特に育成を組み合わせたITエンジニアの新卒紹介には大手企業からも問い合わせが増加しており、有効な採用手法として利用が広がっている。
詳細はこちら

新卒採用支援

採用が上手くいかない企業は、自社が置かれた外部環境や社内体制を考慮しないまま採用を続けている場合が多い。自社の採用活動全体を見つめ直して、強みを活かした独自の採用体制や採用手法を作り上げるためには、専門性の高い採用支援会社のノウハウを活用したい。

新卒採用ではインターンシップや会社説明会の企画・集客・運営、広報物制作を採用広報の支援会社に依頼したり、応募者データを分析できる採用管理システムを活用する企業が増えている。

近年は効率的な採用のためにテーマに合致した学生だけを集客するセミナーの実施が拡大しており、学生との独自ネットワークを活かして、学生と直接出会える機会を提供している採用支援会社もある。

新型コロナウイルスの感染拡大を契機として、Webセミナーの開催、ブランディング動画の制作、Web面接の実施など、採用活動のオンライン化を支援するサービスも相次いで登場している。

企業活動のグローバル化で外国人留学生や海外大生の採用を支援する人材会社もある。採用対象とする国の文化や国民性などを深く理解した専任コンサルタントが対応し、ミスマッチを防いで入社後の定着・活躍につなげている。


ワークス・ジャパンは、大手企業を中心とする新卒採用で、ニーズの把握・分析からソリューションまでを提供できるオーダーメード型のコンサルティングが特徴。動画配信スタジオ「WORKS STUDIO」や採用管理システム「e2R PRO」は、急速に進んだ採用のオンライン化を支援し、オンラインコミュニケーションの質の向上や採用業務負荷の軽減に貢献している。また、オンラインセミナー「WORKS REVIEW」では、人事採用担当者に役立つ最新情報が提供されている。
詳細はこちら

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP