組織・人事コンサルティング

組織・人事コンサルティングの対象領域は、経営・事業戦略を遂行するための組織づくりや組織変革の支援、人材の獲得・育成・配置・評価・処遇という一連の人材マネジメントのための制度設計から運用、人事システムやツールの提供、ダイバーシティや社員のワークライフバランス推進、メンタルヘルス対応など多岐にわたる。

専門的なサービスを受けるためには、自社の戦略達成の方向性に沿って目標や解決すべき課題を社内で意思統一し、コンサルタントに求めるアウトプットを明確にしておくことが欠かせない。

海外売上比率が高い企業では、グローバル共通の人事・賃金制度を整え、世界中から優秀な人材を登用したりローカル人材の活用を進めようとしており、グローバルに通用するタレントマネジメントのシステムや人材評価のノウハウがコンサルティング会社から提供されている。また海外出張・赴任、外国人の受け入れの煩雑な手続きや生活面を含めたサポートや駐在社員の危機管理対応でも専門サービスの活用が広がってきている。

テレワークをはじめとするウィズコロナでの事業運営を可能とする人事対応、「ジョブ型人事制度」の導入・運用、70歳就業時代に向けた雇用の見直しなど、組織・人事の再構築は急務で、支援実績のあるコンサルティング会社への相談が増えている。

従業員エンゲージメントを高めるために経営ビジョンの共有や組織全体の最適化を目指すサービスを提供したり、人事にテクノロジーを導入したHRテックによって人事の革新を支援する会社も出てきている。


ベリタス・コンサルティング

ベリタス・コンサルティングはコンサルタントが深くコミットするために、経営者や人事責任者が真剣に取り組む覚悟を示す業界のリーディングカンパニーやニッチな分野で強みを持つ企業に対象を限定している。クライアントからは経営幹部のアセスメントやコーチングを依頼されるなど、組織・人材戦略を実現するためのパートナーとして信頼を得ている。実業経験者のコンサルタントによる実践的な支援が強みで、欧米企業のHRテック先進事例のノウハウ・情報提供にも力を入れている。
ベリタス・コンサルティングの詳細はこちら

プロフェッショナルネットワーク

プロフェッショナルネットワークは経営、教育、人財の3つの領域でトップクラスのコンサルタントをネットワークし、「コンソリューション」(consulting+solution)を提供している。コンサルタントの中には元人事責任者も多く、企業の立場や今後起こり得る課題など広い視野を持って課題解決の方法を提案するだけでなく、実践によって結果を出す支援が強み。これまでに100社を超える大手上場企業、中堅・中小企業からのサポートに対する高い評価やリピートの声が寄せられている。
プロフェッショナルネットワークの詳細はこちら

プライマリー・アシスト

プライマリー・アシストは産業医・保健師・看護師などの医療職を対象とする人材紹介・派遣に特化し専門性を高めている。また「健康経営」の実現に向けた従業員の健康に対する企業の取り組みがより一層求められる中、働く人々の心と身体のトータルケアを目指してメンタルヘルス領域の総合的なサービスを提供する。医療職紹介と心のケアサービスを一気通貫で支援する企業は人材会社でも異色の存在であり、人材確保と定着に悩んでいる企業にとって心強い存在だ。
プライマリー・アシストの詳細はこちら

ビジネス代謝ラボ

1on1の導入支援やマネジメント研修で豊富な実績を持つファインド・シー社が2020年に設立した会社。働く人の幸せを通じて企業の新陳代謝を図ることをビジョンとし、同社の考えに共感する人が集まるポータル組織を目指している。ソニーや電通などの各社の取り組みを紹介するセミナーには100人超の人事担当者が集まり、関心の高さがうかがえる。ミドルシニアのキャリア自律を促すオンライン研修やネクストキャリア支援の提案が本格化している。
ビジネス代謝ラボの詳細はこちら

賃金管理研究所

賃金管理研究所の創業者である弥富賢之氏は日本の賃金制度の草分けである「弥富式」を確立。1960年の創業以来、中小企業から上場企業まで累計6700社以上において指導実績がある。賃金管理研究所の賃金・人事制度は「分かりやすい」「使いやすい」「長く使える」の3点が特長で、実力主義に主眼を置いた「責任等級制度」を構築する。社員のやる気や業績向上意欲に結びつく賃金・人事制度として、安心して取り入れることができる。
賃金管理研究所の詳細はこちら

セレクションアンドバリエーション

セレクションアンドバリエーションは、組織・人事戦略の策定、制度設計、教育、サーベイの4つの領域をカバーし、導入・運用までしっかりと支援できるコンサルティング会社。業績向上につながる的確なソリューションに対して顧客企業から高い評価を得ている。常に最先端の手法を提供できるように、コンサルタントがインプットだけでなくアウトプットを積極的に行っており、セレクションアンドバリエーションの支援事例やノウハウは多くの専門メディアや書籍で紹介されている。
セレクションアンドバリエーションの詳細はこちら

経営人事パートナーズ

経営人事パートナーズ代表の山極氏は日産自動車で開発、企画、人事を経験し、経営・人事、現場の課題に精通している。豊富な実務経験を基に、企業の経営課題と人事課題の2つの側面からコンサルティングを行っている。また、人事制度の実行力を向上させる3つの条件を採用した、クラウド型人材マネジメントシステムも併せて提供しており、人材育成のサポートも行っている。コンサルティングだけでなく、システムを活用して持続的な成長を支援できるところが強みだ。
経営人事パートナーズの詳細はこちら

エンプラス

エンプラスは、海外出張・赴任、海外拠点間の人材の異動、海外からの社員の受け入れ・定着など、近年増加するグローバルな人材のマネジメントを支援することができる日本では数少ない専門会社。顧客のニーズに応じたオーダーメード型のコンサルティングで信頼を得て、働き方改革を推進する企業からの相談が増加している。コロナ禍で生じた新たな課題にも対応し、グローバル企業のパートナーとしてリロケーションマネジメントサービスの強化に取り組んでいる。
エンプラスの詳細はこちら

HPOクリエーション

HPOクリエーションは人材育成と組織変革のプロフェッショナルとして、抜本的な経営・組織改革から、リーダーの育成・強化、マーケティング力、グローバル・ビジネススキルなどの個別能力の強化までを支援している。短期的な目標達成だけではなく、社名でもあるハイパフォーマンス組織(HPO)の仕組みを創ることで組織能力を高め、業績の持続的な向上を実現する。経営幹部や人事責任者として実践経験豊富なファシリテーターのサポートが心強い。
HPOクリエーションの詳細はこちら

HRインスティテュート

HRインスティテュートは、「課題解決」と「人材育成」を同時に実現する独自のワークアウトプログラムで豊富な実績を持つ。コンサルティングポリシーを“主体性を挽き出す”と表現するのは、コーヒー豆を挽くようにじっくりと深く受講者の能力を開花させることを目指しているため。受講者を受け身にさせず、主体的にテーマを設定して課題解決のアウトプットができる人材を育てるために、適切なフィードバックやフォローができる経験豊富なコンサルタントがそろっている。
HRインスティテュートの詳細はこちら

キャリア面談tips動画
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP