HRテック

デジタルトランスフォーメーション(DX)が重要な経営課題となり、企業人事にテクノロジーを活用するHRテックの導入に多くの企業が取り組んでいる。また、そうした動きを新型コロナウイルスの感染拡大は一気に加速させた。

人事業務の中でも、人材採用は早くからIT化が進んでいる分野で、特に採用プロセスの管理は、説明会の実施から複数回の面接を経て内定出しに至る、応募者情報、選考、評価、合否という一連のプロセスを管理するシステムを導入している企業も多い。

こうした採用管理シスムテムでは、サービス間で連携して採用担当者の利便性を高める取り組みも進んでいる。また、システムへの応募者情報などの入力はこれまで手作業で膨大な手間が掛かっていたが、履歴書や職務経歴書の情報を読み込んでデータベースに格納できるソフトウエアの活用も見られる。

新型コロナウイルスの感染防止のため、ウェブ面接を導入した企業が急増している。感染防止にとどまらず、場所と時間という制約を越えて人材の応募を受け付けることができたり、リアルと録画面接を効果的に使い分けることができるなど、活用のメリットは大きい。

中には、AIによるアセスメントや能力検査を備えるサービスも登場している。エントリーシート機能で高精度なスクリーニングを行ったり、評価の均一化によって採用の効率化や確実な選考を実現する。一方で、ウェブ面接だけでは人材の見極めて難しいという声もあり、新たな適性検査を導入する企業もある。

採用担当者が候補者に直接アプローチするダイレクトリクルーティングに対する関心が高まる中、応募経路の一元化や協力社員の手間の軽減を図れるツールが活用されている。人事担当者自身で洗練されたサイトの制作・更新が行える採用サイト制作ツールも提供されている。

労務管理では、社員情報や勤怠・労働時間管理などの業務プロセスが簡素化される。人事担当者だけでなく現場のマネジャーが仕事の改善を即座に指示できるなど、生産性向上に役立つ。また、社員やチームのパフォーマンスを把握し、労務管理情報が経営情報として活用できるようになっている。

タレントマネジメントでは、人事評価、経験・スキルなどの社員情報から適正な配置・登用・育成のための情報を一元管理でき、能力を活かし高めていくことが企業成長には必須だ。さらに将来の要員や人件費のシミュレーション機能が人事のKPIマネジメントを支援する。

また、適材適所や能力開発を促進するための多様な適性検査やアセスメントツールが開発され、従業員のパフォーマンスを経年で比較して適切なアドバイスを行える評価支援システムも登場している。

社員教育ではオンライン研修の実施やスマートフォンやタブレットで手軽に学習機会をつくれるようになっている。教育プランの構築や研修管理機能を持つプラットフォームを活用すれば効果的な教育や人事業務の負担減につながる。

HRテックで組織診断が手軽に実施できるようになり、働きやすい環境づくりや定着施策に活かす企業が増えている。従業員のエンゲージメント向上、上司やメンバーとのコミュニケーション活性化、健康経営を支援するツールも使い勝手が向上している。


「Daxtra」は2002年に英国で提供が始まり、利用企業は全世界で2000社以上に達している。日本語対応が2017年に始まり、日本企業の採用部門や人材会社で導入が進めば、これまで膨大な手間が掛かっていた応募者情報の入力や管理業務の負担軽減につながる。また、「Daxtra」には自社のデータベースだけでなく、外部の転職サイトなどにある人材情報まで検索できる機能があるため、採用条件に合致する人材をより広範に探すことができる。
詳細はこちら

人材マネジメントとクラウド型製品・サービスを提供するタレンタは、デジタル面接システム「HireVue」を提供している。米国HireVue社の製品で、タレンタは日本での独占販売権を保有している。同プラットフォームは、オンデマンド面接(非同期型)とライブ面接(同期型)に加え、AI機能を搭載。人事の採用業務の時間と工数の低減化に加え、採用候補者と企業のミスマッチの防止や離職予防に役立つ。
詳細はこちら

「GLOBIS学び放題 フレッシャーズ」は人事担当者の悩みを軽減し、内定辞退の抑止や新人の戦力化につなげるeラーニングサービス。ビジネススクールとして名高いグロービスの質の高い学習コンテンツが低価格かつスマホで手軽に受講できる。新入社員研修をオンラインで実施することになった企業からの引き合いも多く、このような状況下でも新入社員同士の横のつながり強化と早期即戦力化の両面を実現することができると好評だ。
詳細はこちら

数多くの企業向けシステムの受託開発実績に基づく技術力が人材マネジメントシステム「Rosic」の基盤となっている。人事とシステム双方に精通したコンサルタントやSEがそろっており、コンサルティングやサポートに対応する安心感がある。長年にわたって安定的な事業運営を行い、日本企業の人材マネジメントの実態や課題に沿った機能強化と品質向上に努めている点が評価され、中長期の視点で人材活用を考えている各業界の優良企業が利用している。
詳細はこちら

人と組織の変革を支援しているアジャイルHRは、個人のパフォーマンス向上を通じて、組織全体のパフォーマンスを高める「パフォーマンスマネジメント」にいち早く着目し、臨機応変な目標設定とフィードバックを支援するクラウドサービスを開発した。1on1naviは、これまでの目標管理に問題を感じながらも変革に取り組めていなかった企業にとっては、リアルタイムでのフィードバックや個人の特性に応じたマネジメントを実現していくための強力な武器になりそうだ。
詳細はこちら

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP