【キーンバウム・サーベイ】2022年給与予測:ドイツの給与は平均3.0%上昇

【ポイント】

  • 2022年、EU諸国の給与は1.9~5.8%上昇する見込み
  • 欧州では、経済状況が給与上昇に最も大きな影響を与える
  • 欧州以外では、インドの名目賃金が最も上昇し、2%となる

コロナ危機とその後の状況は給与にどのように反映するのだろうか。そもそも、従業員は来年の賃金上昇を期待できるのだろうか? 実際のところ賃金上昇自体は期待できる。というのも、現在の状況にもかかわらず、2022年にはほとんどのEUおよび非EU諸国で給与が上昇するためである。しかし、一部の国ではインフレ率が高いため、実質的な増加率はむしろ低く、場合によってはマイナス効果になることもある。

人事・経営コンサルタント会社であるキーンバウムが今月発表する最新サーベイ「Kienbaum Salary Development Forecast 2022」では、これらの調査結果などを紹介している。本サーベイでは、さまざまな規模や業種の企業から600人以上の参加者を得て、選択した48カ国の給与の概要を説明している。

欧州の給与動向に影響を与える最大の要因は経済状況

ドイツでは0%から10%、EU諸国では1.9%から5.8%の間で増加すると予測されている。「EUでは、ハンガリーの平均昇給率が5.8%と最も高くなっている。ドイツは、実質給与の伸びが3.0%、インフレ率が1.6%で、中位に位置している。」調査リーダーであるKienbaum社のコンサルタント、カロリン・カツェラは指摘する。

欧州では職務レベルによって昇給額の予測が一部大きく異なるところがある。多くの国ではスペシャリストや専門家の給与上昇が最も高くなることが予想される。

EU諸国の給与動向に影響を与える最大の要因は、その国の経済状況であり、次いで物価の動向である。しかし、オーストリアとドイツでは、労働協約が給与の動向に最も大きな影響力を持つことが明らかになっている。これに僅差で続くのが企業の業績であるが、この要因は欧州全体では3位にとどまっている。

 

非EU欧州諸国を見ると、ほとんどの国では、給与動向に最も大きな影響を与えるのはその国の経済状況であるが、スイスでは企業および個人の業績が最大要因となっている。

 

非EU欧州諸国の平均給与上昇率は4.1%と、EU加盟国よりも高い。名目給与上昇率はトルコが最も高く14.4%、インフレ率は11.8%と高い水準を示す。アルバニアは名目成長率が1.2%と低いため、ヨーロッパで唯一、-1.8%のマイナス成長を示している。

 

ヨーロッパ以外で名目上の給与が最も増加するのはインドと中国

欧州以外の本サーベイ参加国を比較すると、インドが名目給与上昇率7.2%で1位、次いで中国(北京地区)が6.1%、中国(上海地区)が5.3%となっている。最もインフレ率が高いのは、インドの4.1%、ブラジルの4.0%との予測である。

「ブラジルを除くすべての国で実質所得の増加が見込まれる。」カロリン・カツェラはこう要約する。

欧州以外の地域では、平均して、スペシャリストやスタッフレベルだけでなく、取締役も他の職務レベルに比べて上昇率が最も高い。本サーベイの給与予測によると、インドではトップマネジメントが7.8%と最も高くなっている。

欧州以外の多くの国では、物価の変動が給与動向に最も大きな影響を与えるが、中国の上海地域では、主に国の経済状況が給与動向に影響を与える。一般的に、影響を与える要因の重要性は、その強さに違いはあるものの、地理的・政治的な違いを超えて、世界中で類似している。

 

サーベイ「Kienbaum Salary Development Forecast 2022」は無料でダウンロード可能。https://shop.kienbaum.com/produkt/gehaltsentwicklung-in-europa-weiteren-laendern-gehaltsentwicklungsprognose-2022/

【出典】

キーンバウム・コンサルタンツ・インターナショナル プレスリリースKienbaum Consultants International
Kerstin Wandt
Edmund-Rumpler-Straße 5 | 51149 Köln
presse@kienbaum.de | +49 221 801 72-689

ViSdP: Fabian Kienbaum

本記事はニュースレター2021年No.5に掲載されたものです。ニュースレターは下記よりご覧いただけます。https://media.kienbaum.com/wp-content/uploads/sites/13/2021/10/Newsletter_No_5_2021_JP.pdf

 

オリジナル記事(ドイツ語):
https://www.kienbaum.com/de/presse/prognose-gehaelter-in-deutschland-steigen-2022-im-schnitt-um-30-prozent/

ニュースレターの購読お申込みは japan@kienbaum.co.jp までご連絡下さい。

 

【キーンバウム・コンサルタンツ・インターナショナル】
全世界4大陸に計22の拠点を持つドイツ最大手、ヨーロッパ有数の人事およびマネジメントコンサルティング会社。創業以来75年以上、クライアント企業との信頼関係を基礎に、組織における人材の能力を最大限に引き出すことを目標とする総合的コンサルティングを提供。

【キーンバウム・ジャパン】
キーンバウムのコンサルティング業務のノウハウを活かし、日本におけるエグゼクティブサーチを目的に設立。豊富な海外ビジネス経験を背景に、クライアントのニーズを徹底的に把握し、一貫した信頼関係の中で候補者を絞り込む。雇用契約締結だけでなく長期的な人材コンサルティングのパートナーであり続けることを目標とする。

https://international.kienbaum.com/japan/

エナジード
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP