日本企業の離職の実態

組織・人事コンサルティングファームであるセレクションアンドバリエーション株式会社(以下、当社、本社:東京都港区南青山、大阪市西区、名古屋市西区 / 代表取締役社長:平康慶浩 / URL:https://sele-vari.co.jp/ )は、「令和3年における日本企業の離職の実態」を調査し、公表いたしました。
人生 100 年時代が到来し、一つの会社に勤めあげることを当たり前と捉えていた従来の勤労観だけでなく、転職や多様な働き方を受け入れる勤労観も広まっています。
セレクションアンドバリエーションは、令和3年雇用動向調査データをもとに、日本企業における離職に関する実態を調査しました。

  • 調査結果概要

年齢階級別の離職率は、男女とも 44 歳までは年齢が低いほど離職率が高いことが分かりました。
最も離職率が高い 19 歳以下では、男性 33.6%、女性 36.0%と、3人に1人が離職している実態が判明しました。

転職入職者が前職を辞めた理由について確認した結果、「職場の人間関係が好ましくなかった」という理由に占める割合は、性別と年齢による違いが顕著であることが分かりました。
その割合は、男性では 24 歳以下と 40 歳~59 歳において高く 25 歳~39 歳において低いという V 字型の特徴を示す一方、女性では 59 歳まで年齢が上がるにつれて次第に高く なるという右肩上がりの特徴を示すことが明らかになりました。
  • セレクションアンドバリエーションによる提言

個人と組織の成長を支援するセレクションアンドバリエーションでは、企業側が、社員一人ひとりが年齢や性別といった特徴に加え、個人の勤労観やキャリアアンカーなどの深層的な特徴を持っていることを正しく理解することの重要性に気づくことが重要であると考えています。

セレクションアンドバリエーションは、社員一人ひとりへの客観的な自己認識を促すマネジメントアセスメント(多面評価)や、エンゲージメントサーベイ(組織風土調査)も展開しています。

詳細資料請求についてはこちらから。
https://sele-vari.co.jp/service/education/

本調査レポート、「令和3年における日本企業の離職の実態」については、こちらをご覧ください。
https://sele-vari.co.jp/knowledge/report/
レポートでは、より詳細な調査結果を記載しております。

  • 調査概要

厚生労働省「令和3年雇用動向調査」より分析を実施。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/22-2/index.html )

  • セレクションアンドバリエーション株式会社について

「組織・人事領域」に特化した高い専門性を持つ人事コンサルティングファーム。東証一部上場企業から従業員数数十名規模の中小企業まで多様な業種、規模の企業に対して戦略実現と業績向上に資する変革を支援。
企業の人事戦略策定、人事制度設計、人事制度運用、組織風土改善、その他経営幹部教育など、人と組織にかかる変革を促進している。

■「ジョブ型雇用」にいち早く対応した実績をもとに改革を支援
代表の平康は、90年代の成果主義人事制度が広がっていた時代にいち早く大手電機メーカーに対し、ジョブ型雇用に対応した人事制度導入を実現しました。以来、新卒一括採用、年功序列昇格、定期昇給、終身雇用に対し「本当に企業は成長できるか」「事業を伸ばし利益を出すために人事にできることは何か」を問いかけつつ200社以上の変革を支援してきました。
今私たちはコロナショックによる働き方の変化、ライフスタイルの変化をもとに、ピンチをチャンスとして伸ばすためのマネジメント変革を支援しています。

■2020年度以降のご支援実績企業の一部
製薬業(東証一部上場)
ITプラットフォーマー(東証一部上場)
専門商社(東証一部上場)
システム開発業(東証一部上場)
監査法人系コンサルティングファーム
通信建設業(東証一部上場)
その他非上場企業(製造業、サービス業等)

【会社概要】
ミッション: 企業と個人の成長をあたりまえにする
会社名:   セレクションアンドバリエーション株式会社
本社所在地: 〒107-0062 東京都港区南青山2丁目2-15 ウィン青山1403
事業内容:  組織・人事コンサルティング
設立:    2006年3月有限会社として設立(2011年6月株式会社化)
会社HP:    https://sele-vari.co.jp/

エナジード
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP