【キーンバウム ニュースレター】サステナブル人事:週休3日制度は利益をもたらすか? 機会均等を後押しするパフォーマンスマネジメントの設計とは?

キーンバウムでは、弊社の専門コンサルタントによって執筆されるさまざまな記事を和訳したニュースレターを年6回発行し、弊社ウェブサイトに掲載いたしております。トピックは主に欧州、日本における人事関連テーマ、報酬動向などです。

 

最新号トピックスは下記のとおりです。

 

 

1.      経営幹部の中途採用:伝統的な日本企業から外資系企業への転職で自己実現を目指す

 

ニューノーマル時代、企業が必要とするマネジメントの新たな役割とはどんなものでしょうか。そして、人々の働き方に対する意識はどう変わり、人事マネジメントはそれにどう対処すべきなのでしょうか。日本における人事トレンドと、経営幹部の中途採用を成功に導くコツを紹介します。

 

2.      週休3日制は利益をもたらすか?

 

かつては時間やアウトプット、パフォーマンスが金銭との交換対象でした。しかし今日では、人々は金銭より生きがいを重視し、働き方に対し、より柔軟性を求めるようになっています。労働時間の短縮は企業、従業員の双方に利益もたらすものでしょうか。週休3日制の利点や留意点を、実務事例を挙げて説明します。

 

3.      パフォーマンス・マネジメント:機会均等への推進力となるもの

 

サステナブル人事の一環である機会均等の原則に則したパフォーマンスマネジメントは、企業に成果をもたらすことが、キーンバウムの最新サーベイ「パフォーマンスマネジメント2022」で明らかになっています。機会均等をもたらすためのパフォーマンスマネジメントの設計方法や、この分野で企業が積極的に取り組むべきことを説明します。

 

 

最新版は下記リンクからご覧ください
https://media.kienbaum.com/wp-content/uploads/sites/13/2022/11/Newsletter_No_5_2022_JP.pdf

 

購読お申込みは japan@kienbaum.co.jp までご連絡下さい。

 

———————————————————————

 

【キーンバウム・コンサルタンツ・インターナショナル】
全世界4大陸に計24の拠点を持つドイツ最大手、ヨーロッパ有数の人事およびマネジメントコンサルティング会社。創業以来75年以上、クライアント企業との信頼関係を基礎に、組織における人材の能力を最大限に引き出すことを目標とする総合的コンサルティングを提供。

 

【キーンバウムジャパン】
キーンバウムのコンサルティング業務のノウハウを活かし、日本におけるエグゼクティブサーチを目的に設立。豊富な海外ビジネス経験を背景に、クライアントのニーズを徹底的に把握し、一貫した信頼関係の中で候補者を絞り込む。雇用契約締結だけでなく長期的な人材コンサルティングのパートナーであり続けることを目標とする。
https://international.kienbaum.com/japan/

インソース
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP