管理職研修

解決したい課題・悩み

●管理職層の“マネジメント力”を強化したい
しばらく管理職向けの教育を行っていなかったが、今後ますます管理職のマネジメント力が重要になるため、改めて基本的な役割、必要なスキル、マインドを学ばせたい
●新任(初級)管理職、中途入社の管理職に基礎を学ばせたい
昇進したばかりの管理職や中途入社の管理職に対して、基本的な役割や考え方とともに評価者としての基礎(役割・留意点など)も付加して学ばせたい
●組織力を強化したい
プレイングマネジャーが多いが、個人プレーに走りがちで組織力が弱まっていると感じることが多い。マネジメントをしっかり行う力量を身につけさせ、チームとしての強さを発揮させたい
管理職研修~これからの「できる課長」の条件

解決したい課題・悩み

●トッププレイヤーからマネジャーへの変革
管理職候補の多くは、プレイヤーとして優れた成果を出している。しかしそのまま管理職にしてしまったのでは、プレイヤーである状態を続けてしまうこともある。マネジャーすなわち経営陣の一員として組織を動かし、戦略を達成するために必要な意識と行動の変革を促していくことがプログラムのゴール
●環境変化への対応
既存ビジネスに習熟して活躍している人ほど、新しい変化を受け入れられない。もし自社が両利きの経営を取り入れ、既存ビジネスの収益で新規事業開発を続けようとするのなら最適なプログラム。変化に柔軟に対応できる管理職を育成
リーダーズ・イノベーション・プログラム(LIP)課長層向け連続型集中研修

解決したい課題・悩み

●組織としての成果を求められているが、職場の関係性が悪く、部下のモチベーションが上がらず生産性が低下している
●部下一人一人の強みや持ち味を把握し、どのような場面で発揮できるのかを考えることができていない
●リーダーの育成や部下のスキルアップを支援したり、経験を積ませることが不十分
プロフェッショナル管理者養成研修

解決したい課題・悩み

●年間の評価サイクルの中で、管理職として何をすべきなのかを改めてきちんと学んでほしい
●管理職の評価の目線をそろえて、評価会議を事実と基準に基づく運営としたい
●新任管理者に、また経験則で評価を行ってきた管理職に、評価の考え方や手法を再インストールしたい
●評価者研修に時間と手間がかかりすぎており、コストダウンしたい
●人事制度改定に合わせ、管理職に改めて評価の目的や手法を学んでほしい
Mercer College「管理職のための評価スキル」eラーニング講座

解決したい課題・悩み

●メンバーの育成をミッションとして持っているが、なかなかメンバーが自律的に考えて動いてくれないと悩んでいる
●年上のメンバーがいて業務内容はよく分かっており、どのように成長・変容を促していいかが分からない
●リモートワークの比率が増え、メンバーの業務の進捗はチャットで分かるが、コミュニケーション量が減って上司として不安がある
●メンバーのメンタル不調・優秀人材の流出・想定していないビックリ退職など、メンバーマネジメントで悩んでいる
●1on1を始めてみたが、どうしても上司自身がアドバイスモードの場になり、メンバーにとっていい時間になっているのか不安がある
メンバーの自律を促す1on1研修~上司と部下の関係を築き、メンバーが自律できるよう内省を促す実践トレーニング

解決したい課題・悩み

●目標管理制度の適切な運用を進めたい
●一人一人が会社の目標達成に向けて自発的に活躍してほしい
●管理職が評価者として正しい目標管理を理解、運用して欲しい
目標管理制度において重要なことは、会社・経営層の想いをしっかり汲み取り、いかに自部門に落とし込んでいくか。研修では、目標の立て方から期中のフォロー、目標と結果の分析方法など、目標管理を行う上でのポイントを絞って分かりやすく解説
業績達成と人材育成を両立させる「管理職向け目標管理の実践研修」

解決したい課題・悩み

●「自分はできている」と思い込んでいるような、管理職の意識を変えたい
●メンタル不調者が減らない
●ハラスメントが減らない
●研修を実施したものの、具体的な行動の変化につながっていない
●従業員のコミュニケーションの仕方を根本的に改善したい
EQ(感情マネジメント力)向上研修

解決したい課題・悩み

●管理職には1on1によってメンバーの成長とパフォーマンス向上を支援するマネジメント求められるが、そのために必要とされるマインドとスキルが十分に備わっていない
●管理職がプレイングに偏重しており、メンバーとのコミュニケーションを通じたマネジメントの時間が不足している
●会社として共有されるべきマネジメントの基本的考え方が組織に浸透していない
管理職向け1on1 研修

インソース
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP