自分のリスクが見えて本気になるコンプライアンス・ハラスメント研修「HRベース」

対象者

●自分がハラスメントを起こすリスクを把握したい人
●自分がコンプライアンス事故を起こすリスクを把握したい人
●ハラスメントを未然予防したい人
●コンプライアンス事故を未然予防したい人

解決したい課題・悩み

●従来の研修では参加者の意識が低く「分かっている」「自分には関係ない」と他人事で自覚が薄い
●定期的に実施しているが、より実効性のある新しい企画を探している
●自分事として、リスクがあることを明確に自覚し行動変容につなげたい、つなげさせたい

研修内容・特徴

●事前アセスメントを実施し、各自が持っている潜在的なリスクを可視化
●事前アセスメント結果である個人別リスク診断レポートを活用するため、参加者が自分の隠れたリスクに気づき、自分事として参加できる研修
●対象範囲は、パワハラ、セクハラ、マタハラ、各種コンプライアンスと幅広く、ハラスメント研修、コンプライアンス研修として利用できる
●所要時間は1時間半のため、忙しいマネジャーも参加しやすい研修
●対面集合型、オンライン型と両方対応

プログラム例(1時間半)

1.オープニング
・背景・主旨説明
・ハラスメントの実態
・コンプライアンスの実態
2.発生背景・メカニズム解説
・基本的な考え方
・コンプライアンスリスク発生の背景要因
・不正のトライアングル理論紹介
・ハラスメント行為発生の背景要因
・起こしやすい個人特性と職場環境特性
3.個人別診断レポートフィードバック
・フィードバックレポート返却
・フィードバックレポート読み方解説
4.自己分析・内省
・個人特性の把握・分析
・職場環境特性の把握・分析
・自己リスクの分析
5.アクションプラン作成
・行動変容に向けたアクションプラン作成
・アクションプラン宣言・発表

自分のリスクが見えて本気になるコンプライアンス・ハラスメント研修「HR ベース」の詳細はこちら

問い合わせ
マネジメントベース
TEL:03-5357-1224
cs@m-base.co.jp

関連研修

ひとりずつの認知バイアス調査を踏まえたコンプライアンス・ハラスメント研修
コンプライアンス研修~SDGs時代に求められる前向きなコンプライアンスとは
ハラスメント研修

インソース
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP