2017年10月5日

【著者が語る】一瞬で心をつかむ 女性部下マネジメント

キャリアネットワーク 西村直哉 代表取締役社長

 (13224)

キャリアネットワーク 西村直哉 代表取締役社長

 ダイバーシティ経営が当たり前の時代となりましたが、女性部下のマネジメントを難しいと感じられている管理者も多いのではないでしょうか。

 ある管理者研修において私と同世代の男性管理者が、「女性は何を考えているのか分からないので、女性部下のマネジメントは苦労する」という発言をされました。するとそこに同席していた女性講師が、「何を考えているかが分かれば女性部下をマネジメントできる、と考えること自体が間違っています。まずは女性部下が今どのように感じているかを理解することが大事なのです」と発言したのです。

 この発言から、物事の受け止め方やコミュニケーションの際に性差は存在するのではないか、そして、それを知ることが女性部下マネジメントに悩む管理者にとって、大きなヒントになるのではないかと考えました。

 そこで、本書では女性社員が物事をどう受け止めるのか、どのように働きかけると女性部下のモチベーションスイッチを押すことができるのかを具体的に記載しました。

 例えば、女性部下が話を聴いて欲しいと思って相談に来たにもかかわらず、上司が問題解決に走ってしまうことはよくあることです。女性部下の話を共感的に聴くことができなければモチベーションスイッチを入れることはできません。

 女性社員は管理職になることを躊躇しがちですが、それがなぜか、どう働きかければ管理職にチャレンジしようと思ってくれるのかなど、管理者の女性部下マネジメントの悩みが解決できます。上司は部下に大きな影響を与えます。女性部下とのコミュニケーションをマスターすることはダイバーシティ・マネジメントには必須です。

 管理者受難の時代と言われ、管理者はより多くの成果責任やイノベーションを要求されています。そのような圧力の中で必死にもがきながらも部下の成長のために尽くしている管理者にとって、本書が一助となることを願っています。
一瞬で心をつかむ 女性部下マネジメント

一瞬で心をつかむ 女性部下マネジメント

西村直哉・清家三佳子著
幻冬舎、1,400円+税
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【著者が語る】防衛大で学んだ無敵のチームマネジメント

【著者が語る】防衛大で学んだ無敵のチームマネジメント

ネクストミッション 濱潟好古 代表取締役
役職者に占める女性の割合が最も高いのは“高知県”、関東・東海では低い傾向

役職者に占める女性の割合が最も高いのは“高知県”、関東・東海では低い傾向

 課長級以上に占める女性の割合がもっとも高いのは高知県で、2013年から2015年の平均が22.7%に上っていることが、厚生労働省がまとめた「2016年版 働く女性の実情」で明らかとなった。
女性社長は7.69%、“中国”“四国”地域では全県で全国平均超える

女性社長は7.69%、“中国”“四国”地域では全県で全国平均超える

 2017年4月末時点の女性社長は企業全体の7.69%となっていることが、帝国データバンクの調査で分かった。
職場にあると良いと思う制度、1位は「在宅勤務」 ソニー生命調べ

職場にあると良いと思う制度、1位は「在宅勤務」 ソニー生命調べ

 職場にどのような働き方や制度があると良いと思うか聞いたところ、「在宅勤務」と答えた人が最も多いことが、ソニー生命保険(東京・千代田、萩本友男社長)が実施した「女性の活躍に関する意識調査2017」で分かった。
女性活躍推進 7割以上の企業が「短時間勤務」の効果を実感

女性活躍推進 7割以上の企業が「短時間勤務」の効果を実感

 日本生産性本部の「コア人材としての女性社員育成に関する調査」によると、女性の活躍推進の取り組みとして、7割以上の企業が「出産・育児・介護のための短時間勤務制度」の効果を感じていることが分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース