2016年11月24日

【著者が語る】「いい会社」のつくり方 人と社会を大切にする経営 10の方法

イマージョン 藤井正隆 代表取締役社長

 (10278)

イマージョン 藤井正隆 代表取締役社長

 「いい会社とは何か?」この問いに即答できる経営者は、現在の日本にどの位いるのでしょうか。大企業=いい会社という方程式が崩れたバブル崩壊以降、リストラ、成果主義の人事制度導入、非正社員化でコスト削減を進めました。

 そんな時代だからこそ、「いい会社」の本質が、いま改めて問われるようになっています。本書では、「いい会社」とは何かを定義し、実践できる「いい会社」のつくり方を紹介しています。

 2010年に設立した「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」の受賞企業の取り組みや、坂本光司法政大学教授の40年間7500社の企業視察研究から、「いい会社」の特徴をピックアップ。

 一般企業と比べ何が異なるのか、「いい会社」に共通する10の特徴について整理し、共通項や指標等を示しています。さらに、私の長年にわたるコンサルティング経験のもと、「どうすれば、いい会社になるのか?」の疑問に対し、具体的かつ効果的な「つくり方」として10の方法を提案しています。

 「いい会社の情報は何社も読んだけれど、肝心の“どうつくればいいか”がわからない…」というお困りの経営者からビジネスパーソンの方々まで。皆さんには、特に第四章をぜひ一読いただきたいと思います。

 「経営理念の共有化」「会社の将来像」「社会貢献に取り組む」など、実践したい(もしくはしている)けれど、どのように進めればいいのか今一つわからないものばかりです。その一つ一つに丁寧にフォーカスをあて、読みやすくわかりやすくするため随所に箇条書きで明記しています。

 「いい会社」とは業績を追い求めず、人々の幸せ、特に社員の幸せを求める第一主義経営です。社員とその家族を大切にし、さらには取引先、顧客、地域社会(特に社会的弱者・障がい者や高齢者など)を幸せにしていくことで、初めて「いい会社」になれるのです。

 実際に実行している企業事例を数多く紹介しつつ、理想論で終わらない裏付けをしっかりと記載したこの一冊。一人でも多くの方に届くことを願っています。
「いい会社」の つくり方 人と社会を大切にする経営 1...

「いい会社」の つくり方 人と社会を大切にする経営 10の方法

藤井正隆著
WAVE出版、1,500円+税
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

12月の完全失業率3.1%、2016年は正規雇用が51万人増

12月の完全失業率3.1%、2016年は正規雇用が51万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、2016年12月の完全失業率(季節調整値)は前月と同率の3.1%だった。
昨年の希望・早期退職募集は2000年以降で最少、東芝の3449人が最多

昨年の希望・早期退職募集は2000年以降で最少、東芝の3449人が最多

 東京商工リサーチの調査によると、2016年に希望・早期退職者を募集した上場企業は2000年以降で最も少なかったことが分かった。募集人数が最も多かったのは東芝の3449人。
6割の経営者が17年上半期の景気は「緩やかに拡大」と予測、「輸出の増加」を見込む

6割の経営者が17年上半期の景気は「緩やかに拡大」と予測、「輸出の増加」を見込む

 約6割の経営者が17年上半期の景気は緩やかに拡大していくと予測していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
11月の完全失業率3.1%、正規雇用56万人増

11月の完全失業率3.1%、正規雇用56万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、11月の完全失業率(季節調整値)は前月に比べ0.1ポイント上昇の3.1%だった。
後継者不在のオーナー企業が7割超

後継者不在のオーナー企業が7割超

 7割を超えるオーナー企業が後継者問題を抱えていることが、帝国データバンクの「全国オーナー企業分析」調査で分かった。社長が65歳以上と事業承継が喫緊の課題となっているオーナー企業でも5割が後継者不在という深刻な事態だ。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

セミナー・イベント

プレスリリース