2017年7月13日

【著者が語る】「脳タイプ」を知って部下を伸ばす 最強リーダー3つの極意

フジコーポレーション 加藤広嗣 代表取締役

 (12589)

フジコーポレーション 加藤広嗣 代表取締役

 PJチームや部署のリーダーを任されたとき、「よし、やるぞ!」という思いと同時に「でも、どうやって…」と戸惑いを感じる方が多いと思います。

 チームや部署の方向性の策定、解決すべき本質的問題の発見、メンバーの力を最大限発揮させることによるチーム力の向上等、考えなければいけないことが山のようにあります。どれも重要ですが、私の実務経験上、3番目に挙げた「メンバーの活かし方」に難しさを感じるリーダーが多いようです。

 リーダーに就任した方が陥りやすい状況は、大きく分けて2つあります。

 1つ目は、自身の成功体験から獲得した知識ややり方をメンバーに押し付けてしまうこと。これは、優秀な実務担当者、プレーヤーとして成果を出した人がリーダーや部署の管理職に任命された場合によく起きます。

 その知識ややり方がメンバーに受け入れられてうまく回っているうちはよいのですが、自分なら簡単にできてしまうことをメンバーができないことが続くとイライラし始めます。メンバーへの言動が刺々しくなり、並行してチームの士気や業績は低迷を始めます。

 このとき初めて、メンバーの力を引き出してチーム目標を実現していくプロセスの重要性に気付くリーダーが多いです。

 2つ目は、リーダーに求められる仕事や立場を自分の中で咀嚼できていないこと。これは、自分は実務担当者として仕事を積み重ねていく方が向いていると思っていた人が、リーダーに任命された場合によく起きます。

 本書では、興味や反応、行動様式から人を4つの「脳タイプ」に分類し、それぞれのタイプのメンバー個々の特性を活かしてチーム全体の目標を実現するプロセスを紹介しています。実際に研修で実施したロールプレーや演習ツールもそのまま掲載しています。

 メンバーの特性を理解し、それぞれが得意とする方法で力を発揮できるようにコーディネートする方法を模索している方に読んでいただきたい一冊です。
「脳タイプ」を知って部下を伸ばす 最強リーダー3つの極意

「脳タイプ」を知って部下を伸ばす 最強リーダー3つの極意

加藤広嗣著
幻冬舎メディアコンサルティング、800円+税

おすすめの記事

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成
ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
7 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

社長の平均年齢59.3歳、過去最高の更新続く

社長の平均年齢59.3歳、過去最高の更新続く

 社長の平均年齢が過去最高を更新したことが帝国データバンクの調査で明らかになった。平均年齢は59.3歳で、社長の高齢化が進んでいる。
イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)などによって、これまでのビジネスモデルが大きく変わろうとしている。経営戦略の実現のために新たなビジネスモデルをつくりだすイノベーション人材の獲得や組織づくりは、経営トップや人材マネジメントにとって喫緊の課題となっている。イノベーションを生み出す人材と組織づくりの現状を取材した。
働き方改革とリーダー育成で“人財”を獲得し、競争力を高める MSD 太田直樹 取締役執行役員

働き方改革とリーダー育成で“人財”を獲得し、競争力を高める MSD 太田直樹 取締役執行役員

「2020年までに日本で最も優れたヘルスケア企業となることを目指す」というビジョンを掲げるMSD。「優れた人財から選ばれる企業となる」ことを目的として、働き方改革やリーダー育成に注力している。人事部門を統括する太田直樹氏に、人事施策の狙いや取り組み状況などを聞いた。
現場の現実感を大事にして志高き経営者をサポートする 経営者JP 井上和幸社長

現場の現実感を大事にして志高き経営者をサポートする 経営者JP 井上和幸社長

次世代を担う経営者やリーダーを育成・輩出していくことで、社会全体を活性化させたいとの想いから設立された経営者JP。代表取締役社長・CEO の井上和幸氏に、注力している取り組みテーマや事業方針などについて話を聞いた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース