2017年7月18日

【著者が語る】「ハラ・ハラ社員」が会社を潰す

野崎大輔 特定社会保険労務士/日本労働教育総合研究所 所長/グラウンドワーク・パートナーズ 専務取締役

 (12585)

野崎大輔 特定社会保険労務士/日本労働教育総合研究所 所長/グラウンドワーク・パートナーズ 専務取締役

 それがパワハラと言われ、どちらが悪いのか分からないような状態になってしまったという問題が増えています。これをハラ・ハラ問題と言います。

 ハラ・ハラとはハラスメント・ハラスメントの略で「ハラスメントという大義名分を武器に、言いがかりに近いことを言って周囲を困らせる行為」であり、このような行為をする社員をハラ・ハラ社員と言います。

 よく知られているのは、セクハラ、パワハラ、モラハラ、マタハラですが、これ以外にも約30個のハラスメントがあるのを知りました。カラハラ、エアハラ、ソーハラ…、どれもいつの間にか勝手にできたものばかりのようです。

 タレントのヒロミさんはある番組で「ハラスメントはどんどん大きくなっちゃってるじゃない? いろんなところにハラスメントがくっついちゃってるから。 そうすると本当に生きづらくなっちゃうし、会社で何も言えなくなっちゃう」と言っていました。

 まさにその通りでコンプライアンス重視が叫ばれる風潮は人事面においては窮屈な時代に突入しています。「あれをやったらダメ、これもダメ…、じゃあいったいどうすればいいんだ!」というのが管理職の心の叫びだと思います。

 従来のハラスメントでは被害者と加害者の構造が比較的明確でしたが、今はどちらが加害者なのか分からないような問題に発展しています。様々な業種の社員数4人の中小企業から1万人の上場企業の経営者、人事部長から同じような相談をされました。

 何が言いたいかというと、ハラ・ハラ問題は企業規模、業種にかかわらずどのような企業でも起こりうる問題だということです。ハラ・ハラ問題は今後も増えることが予想されるので、企業としては対応策を講じていくことが求められます。

 単にハラスメント研修をやっただけでは解決できないこの問題についてどのようなことに注意して取り組んでいかなければならないのかということを分かりやすく1冊の本にまとめました。あらかじめ知っておけば防げる問題も多いと思います。
「ハラ・ハラ社員」が会社を潰す

「ハラ・ハラ社員」が会社を潰す

野崎大輔著
講談社、840円+税

おすすめの記事

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策
今日において、「パワーハラスメント」やこれを略した「パワハラ」という用語は社会的に定着した用語として一般に用いられており、この用語を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。したがって、企業においては、規模や業種を問わず、パワハラ対策は優先的に取り組むべき課題であることを認識しておく必要がありますので、パワハラ問題の難点や裁判例の考え方を解説します。
7 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

ビジネスパーソンの職場の悩みの約4割は人間関係

ビジネスパーソンの職場の悩みの約4割は人間関係

 ビジネスパーソンの職場の悩みはもっぱら人間関係であることが「働く人の電話相談室」を開設した日本産業カウンセラー協会の集計で分かった。人間関係に悩んでいる人は約4割にも上った。
相談件数2年連続で1万件を超える、最大の悩みは「職場の問題」

相談件数2年連続で1万件を超える、最大の悩みは「職場の問題」

 全国に相談室と無料の電話相談を開設する日本産業カウンセラー協会の集計によると、2016年度の相談件数は2年連続で1万件を超え、最大の悩みは「職場の問題」であることが明らかとなった。
5割以上の企業でパワハラの予防・解決のための取り組みを実施

5割以上の企業でパワハラの予防・解決のための取り組みを実施

 厚生労働省が実施した「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」によると、パワーハラスメントの予防・解決のための取組を実施している企業・団体の比率が5割を超えたことが明らかになった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース