2018年7月13日

人材採用に統計学 WEBリクルーティング入門【著者が語る】

オープンズ 藤原 良輔 代表取締役社長

 (21637)

オープンズ 藤原 良輔 代表取締役社長

 WEBを活用した人材募集が主流になったことで、募集から採用に至るまでの「データ」を目にする機会が増えてきました。WEBの求人メディアを利用すれば、応募数、ページビュー数、応募フォームへの遷移数、歩留まり率などが提示されます。また、採用サイトを運用すれば、セッション数やサイト滞在時間といったアクセスデータを確認できます。

 しかし、こうしたデータを手にしても改善策が思いつかなかったり、改善策を示されても“何となく”疑問を感じたりしている人が多いのではないでしょうか?その原因は、そもそも見るべきデータが間違っていたり、分析手法が四則演算だけだったりするからです。毎月の「訪問数」「応募数」「応募率」がまとめられたExcelシートを眺めても、そこから改善策は生まれません。

 当社は「WEB」と「統計分析」を活用した「WEBリクルーティング」の採用コンサルティング会社として企業の採用成功のお手伝いをしています。事業を通じて感じることは、「多くの企業は募集データをストックしており、データを整形すればすぐに有益な分析結果を得られる」ということです。

 例えば、採用率が80%を超える応募経路を発見したり、求職者をいくつかのクラスター(小集団)に類別して、それぞれの母集団に最適なアプローチ方法が立案できたりします。手元にあるデータを活用すれば、応募者を増やす施策や最適な予算配分などを「数値」で判断することもできます。

 本書は「データを活用したい」「他社がどのような分析を行っているか知りたい」「採用戦略のエビデンスとなるデータが欲しい」と考える採用担当者を想定して上梓しました。

 しかし、今から統計分析を学ぶのはおっくうですし、時間的な余裕もないと思います。そこで、統計学の数理や定理は可能な限り省き、分析に用いるデータ作成、分析結果の見方、採用戦略の応用を中心に解説し、データがあればすぐに結果が得られる実践書としました。
人材採用に 統計学 WEBリクルーティング 入門

人材採用に 統計学 WEBリクルーティング 入門

藤原良輔 著/瀬下大輔 監修
幻冬舎メディアコンサルティング、1,200円+税

おすすめの記事

改正障害者雇用促進法 採用後の合理的配慮の提供義務

改正障害者雇用促進法 採用後の合理的配慮の提供義務
平成28年4月1日、障害者(身体障害、知的障害、精神障害〔発達障害を含む〕。その他の心身の機能の障害があるため、長期にわたり、職業生活に相当の制限を受け、又は職業生活を営むことが著しく困難な者)に対する合理的配慮の提供義務を定めた改正障害者雇用促進法(以下「改正法」といいます。)が施行されました。合理的配慮の提供義務は、募集・採用時と採用後のそれぞれの段階でその履行が求められますが、今回は、採用後の合理的配慮の提供義務に焦点を絞って検討したいと思います。
7 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

医師・看護師の採用を成功させる3つのポイント

医師・看護師の採用を成功させる3つのポイント

 高齢化の進展により高まり続ける医療ニーズ、訪問介護などの在宅医療の需要も増加している。こうした中、医師や看護師を中心とした医療スタッフの人手不足は深刻になっている。医療機関の人材採用や経営・人事を支援する専門会社に、最近の採用事情や医療機関の取り組みなどを聞いた。
【金融分野の中途採用】採用したい人材は、大幅に不足している就職氷河期世代と優秀な若手

【金融分野の中途採用】採用したい人材は、大幅に不足している就職氷河期世代と優秀な若手

AIMSインターナショナルジャパン 藤枝 美佳 シニアコンサルタント
組織の成長と人材定着の鍵はコミュニケーションの活性化 東京海上日動システムズ 押井 英喜 人事部長

組織の成長と人材定着の鍵はコミュニケーションの活性化 東京海上日動システムズ 押井 英喜 人事部長

東京海上日動システムズは、東京海上日動火災保険グループのシステム開発・運用・保守を行う精鋭企業だ。2004年の合併後に疲弊した組織は、組織の立て直しを図るためにどのような取り組みをし、どのような人材を採用・育成し今に至るか。人事部門を統括する押井英喜氏に話を聞いた。
対日投資拡大でバイリンガル人材の採用激化

対日投資拡大でバイリンガル人材の採用激化

 外資系企業の日本への投資は拡大傾向が続いており、バイリンガル人材の需要が高水準となっている。海外事業を強化する日系企業とも採用で競合するケースが増えており、バイリンガル人材の給与水準や採用コストが上昇している。
7割の企業で人材採用のための新たな取り組みを実施、運輸業では8割超

7割の企業で人材採用のための新たな取り組みを実施、運輸業では8割超

 より良い人材を採用するために新たな取り組みをしている企業は7割を超えていることが、帝国データバンクが実施した調査で明らかとなった。業界別で最も多かった「運輸・倉庫業」では8割を超え、切実な人材不足が裏付けられる形となった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース