2016年10月21日

【著者が語る】女性活躍の推進 資生堂が実践するダイバーシティ経営と働き方改革

wiwiw 山極清子 社長執行役員

 (10292)

wiwiw 山極清子 社長執行役員

 国内市場の成熟化や少子高齢化、そしてグローバル化の進展に伴い、顧客のニーズが多様化し、商品・サービスを提供する企業も競争力を高めるため人材の多様性が求められています。

 とりわけ、これまで活かされていなかった女性人材を管理職・役員に登用して組織のパワーバランスを変え、時間当たりの生産性の向上をはかり、価値創造性を高める「ジェンダー・ダイバーシティ・マネジメント」が、新たな企業経営に必須となっています。

 ところが、欧米はもちろん、フィリピンなどアジアの国々の企業でも、女性管理職が3割を超え、ボードメンバーに一定数の女性が入っている中、日本では、ダイバーシティの試金石ともいえる女性の活躍、特に管理職・役員登用が遅れています。

 それはなぜなのか? 私は、その要因として日本的雇用慣行である“固定的性別役割分担”と“長時間労働”をあげます。女性の活躍を実現するには、ジェンダー・ダイバシティ施策を単独で進めるのではなく、これとワーク・ライフ・バランス施策を同時に進める「デュアル・アプローチ」が効果的です。

 資生堂は、約30年「デュアル・アプローチ」に取り組んだ成果として日経ウーマン「女性が活躍する会社」3年連続1位にランキングされました。

 本書は、資生堂が1987年から始めた女性管理職登用への取り組みについて、「胎動期」「基礎固め期」「発展期」を経て「成熟期」に至る、2016年3月までのプロセス・イノベーションの軌跡を具体的に述べています。

 資生堂のダイバーシティ経営に向けた意識・行動改革と女性の活躍推進を実践してきた本人だからこそ、「どのようにしたら阻害要因を取り除き女性管理職登用を実現できるのか」「いかなる行動計画を策定し、実践するのか」「組織成果をあげる推進体制とは」などの課題に答えることができるのです。

 各社の「女性活躍推進・次世代育成支援行動計画」実現に欠かせない一冊といえます。
女性活躍の推進 資生堂が実践するダイバーシティ経営と働...

女性活躍の推進 資生堂が実践するダイバーシティ経営と働き方改革

山極清子著
経団連出版、1,600円+税

wiwiw 「業績向上につながるワーク・ライフ・バランス、 ダイバーシティ推進の取り組みを支援します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

wiwiw 「業績向上につながるワーク・ライフ・バランス、 ダイバーシティ推進の取り組みを支援します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
山極 清子 社長執行役員
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

職場にあると良いと思う制度、1位は「在宅勤務」 ソニー生命調べ

職場にあると良いと思う制度、1位は「在宅勤務」 ソニー生命調べ

 職場にどのような働き方や制度があると良いと思うか聞いたところ、「在宅勤務」と答えた人が最も多いことが、ソニー生命保険(東京・千代田、萩本友男社長)が実施した「女性の活躍に関する意識調査2017」で分かった。
自分が管理する組織の「働き方」に危機感を持っている管理職が44.7% P&G調べ

自分が管理する組織の「働き方」に危機感を持っている管理職が44.7% P&G調べ

 外資系消費財メーカーのP&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン、兵庫・神戸、スタニスラブ・ベセラ社長 )が従業員100人以上の企業で働く管理職1000人を対象に実施した調査によると、自分が管理するチーム・組織の現在の「働き方」に課題や危機感を持っている管理職の割合が44.7%だったことが分かった。部・課長よりも本部長で危機感を持っている人の割合が高い。
女性活躍推進 7割以上の企業が「短時間勤務」の効果を実感

女性活躍推進 7割以上の企業が「短時間勤務」の効果を実感

 日本生産性本部の「コア人材としての女性社員育成に関する調査」によると、女性の活躍推進の取り組みとして、7割以上の企業が「出産・育児・介護のための短時間勤務制度」の効果を感じていることが分かった。
テルモ 「がん就労支援ルール」で、がん治療と仕事の両立を支援

テルモ 「がん就労支援ルール」で、がん治療と仕事の両立を支援

 医療機器や医薬品を手掛けるテルモ(東京・渋谷、新宅祐太郎社長)は、がん闘病中の社員の多様な働き方を支援する「がん就労支援ルール」を新設した。
働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

2016年の人事・労務の特徴を一言でいえば、人材不足の顕在化に対応した採用力強化や定着を促す官民を挙げた「働き方改革」が本格的に始動した年だった。(文・溝上憲文編集委員)

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

セミナー・イベント

プレスリリース