2014年1月10日

【著者が語る】発達障害の人の面接・採用マニュアル

テスコ・プレミアムサーチ 石井京子 代表取締役

 (9973)

テスコ・プレミアムサーチ 石井京子 代表取締役

 障害者雇用は企業にとって大きな課題である。長年障害者雇用に取組み、法定雇用率をなんなくクリアーする企業がある一方で、初めて障害者雇用を経験する企業にとっては何をどうしてよいのか分からず、極めて高いハードルになる。

 2013年4月の障害者雇用率引き上げにより民間企業の障害者雇用率2%時代が到来した。各企業の取り組みにより、13年度の実雇用率は1.76%と過去最高となった。

 15年4月には障害者雇用納付金対象が従業員数100人を超える企業に拡大され、18年には法定雇用率の算定基礎の見直しにより、算定基礎に精神障害者が加えられる。企業はさらに障害者雇用を進めていくことを期待されている。

 障害者雇用は経験とノウハウが必要で、経験がない人事担当者にとっては悩ましい問題である。初めての面接では障害について質問をしてもよいものかどうかと迷うに違いない。

 最新のデータでは障害者の総数は788万人であるが、18 ~ 65歳の労働人口324万人中、身体障害者111万人に対し、精神障害者が172万人と多くなっている。近年身体障害者の雇用は横ばいだが、精神障害者や発達障害者の雇用が進んできたのもうなづける。

 マスコミ等でも取り上げられることにより際立った能力が知られてきた発達障害であるが、高い成果を期待しつつも、個々で異なる特性の把握と、特性に応じた雇用管理のノウハウの蓄積が必要なため、実際の職場でどんな配慮が必要かを知る人事担当者は多くはない。

 過去十数年、障害者雇用コンサルティングと求職者のキャリアカウンセリングを行ってきた経験から、発達障害の特性が具体的にイメージできるような人事担当者向け面接・採用マニュアルが必要と確信した。

 そこで実際の面接問答例を通して、発達障害の特性の多様性を知り、どんな配慮が必要かを実践さながらに学べる構成とした。

 雇用管理から企業が受けられる支援まで、人事担当者に役立つ内容をまとめた一冊である。本書が発達障害についての理解を深め、障害者雇用を促進することにつながることを願う。
発達障害の人の面接・採用マニュアル

発達障害の人の面接・採用マニュアル

石井京子著
弘文堂、1800円+税
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

障がい者雇用が13年連続で過去最高、法定雇用率を達成企業は49%

障がい者雇用が13年連続で過去最高、法定雇用率を達成企業は49%

 厚生労働省が発表した障がい者の雇用状況の取りまとめによると、企業に雇用されている障がい者数が13年連続で過去最高となっていることが分かった。
人材確保の困難さが生産性向上のボトルネック、人材育成・スキルアップ強化へ

人材確保の困難さが生産性向上のボトルネック、人材育成・スキルアップ強化へ

 東京商工会議所(三村明夫会頭)が中小企業を中心とする会員企業を対象に実施した「生産性向上・ICT活用状況に関するアンケート調査」によると、人材確保の困難さが生産性向上のボトルネックとなっている実態が明らかとなった。
人材採用の意欲がある企業が98%、選考のポイントは「主体性」

人材採用の意欲がある企業が98%、選考のポイントは「主体性」

 人材採用の意欲がある企業は、2016年12月時点で98.1%に上っていることがマイナビ(東京・千代田、中川信行社長)が実施した「2016年マイナビ企業人材ニーズ調査」で分かった。
2017年の人材需要と採用の課題 深刻な若年労働力の不足で女性・シニアの活用本格化

2017年の人材需要と採用の課題 深刻な若年労働力の不足で女性・シニアの活用本格化

若年労働力の不足が深刻になる中、多様な労働力の活用が課題となっており、従来型の採用手法では人材確保が難しくなっている。2017年の日本の雇用情勢と企業の人材採用数の予測を、企業の人材採用を支援する主要人材コンサルティング会社50社を対象にアンケート調査で聞いた。
12月の求人広告21.1%増、企業の求人意欲は継続

12月の求人広告21.1%増、企業の求人意欲は継続

 2016年12月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比21.1%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

セミナー・イベント

プレスリリース