【物流分野の中途採用】大規模な物流施設の新設が続き、人手不足感はバブル期の水準を突破

日本人材ニュース

ライクワークス
宮郷 剛士
代表取締役社長

 物流業界は市場規模が約25兆円を占める一大産業であり、就業者数(約254万人)は全産業就業者数( 約6566万人)の約4%を占めています。

 その中でも、2018年のBtoCにおける国内のEC市場規模は17兆9845億円。Amazon、楽天、ZOZO等EC大手企業の大規模な物流施設の新設が続く傾向は数年続いており、市場規模は堅調に伸びています。その裏で、需要と供給のバランスが崩れ「需要過多」が起こっており、物流業界の人手不足感は、ついにバブル期の水準を突破しました。

 物流関連の有効求人倍率(パートを含む常用、2018年時点)はドライバーなどの「自動車運転の職業」が2.86倍、倉庫作業などの「運搬の職業」が1.59倍、「包装の職業」は2.98倍の「超売り手市場」といえる状況です。また、今後は人材の確保のみならず、“定着率”も大きな課題といえます。定着率が悪ければ一人当たりの生産性も上がらず、さらに採用コストもかかります。

 「超売り手市場」とされる物流業界では、「求職者に選ばれる」「人材が定着する」、この二点が人材不足の課題解消につながっていると考えます。

 当社では顧客ニーズや人材不足課題の解決に向け“定着率”を重要視し、2019年10月に派遣先である物流施設に自社オフィスを開設しました。人材教育はもとより、働きやすい環境を
顧客企業に代わって提供できるよう、無料で利用できる休憩室やフィットネスジムの運営なども同時に請け負っています。

 また、多様な人材や高度化する物流システムのマネジメントを行う人材の育成も大きな課題であるため、スタッフの社員登用にも力を入れ、現場でのマネジメント業務を任せることでモチベーションの向上と現場での人材育成を実現し、定着率の向上につなげています。

 顧客企業と求職者の間に立つ私たちは双方の理解に努め、求職者に選ばれるためのサポートと共に、定着率を向上させる従業員満足度を高めるための待遇改善などを日々検討しています。

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【フォルトナ】社員幸福度No.1を掲げ、“社員幸福ドリブン経営”で急成長 コンサル領域・スタートアップ領域2つの頂で業界トップを猛追

  2. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  3. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

  1. HRインスティテュート「“主体性を挽き出す”実践型プログラムで、新しい価値を創造できる組織・人材の育成を支援します」

  2. パーソルキャリア タレントシェアリング事業「経営課題解決のために、最適なノウハウと知見を持つ専門家やITエンジニアと共に支援します」

  3. ヒューマンリソシア「全国28拠点の基盤を活かし、“場所”に縛られない人材紹介サービスを提供します」

  4. アクティベイト「内閣府・地方創生人材戦略に参画、首都圏だけでなく全国36県をカバーしてプロ人材を紹介します」

  5. フォルトナ「社員幸福度No.1を掲げ、コンサル領域・スタートアップ領域で最高品質のサービスを提供します」

  6. ロバート・ウォルターズ・ジャパン「20年の国内実績と世界最大級の日英バイリンガル人材データベースで採用活動をサポートします」

  7. シンクトワイス「ITエンジニアなどの就職サイトでは出会うことが難しい新卒をピンポイントで紹介しています」

  8. BRS(バイリンガル・リクルートメント・ソリューションズ)「人材の多様化、グローバル化に課題を抱えるクライアントのニーズに合った候補者を紹介します」

  9. セレクションアンドバリエーション「本気の変革を実現し、企業の業績向上に貢献する人事コンサルタントの集団です」

  10. リソースリーガル「法務、弁護士、弁理士など法律専門職に特化し、候補者を厳選した的確なマッチングが強みです」

TOP