著者が語る

【著者が語る】40歳からのサバイバル転職成功術

アクティベイト

アクティベイト
海老 一宏 代表取締役社長

人材紹介の仕事をしていると、40歳以上の求人がとても少ないことを肌で感じる。私の経験上、これは特に景況感にあまり関係しないようだ。エグゼクティブ人材の場合、採用ポジションの有無に関らず企業の社長にご紹介することもあるが、そういう経歴の方はごく稀で、恐らく転職者全体の1%もないと思われる。

現実は、大企業病に染まり年収は高いが、期待したほど活躍しない中高年となってしまっている。そうした多くの中高年は、転職という人生の一大事に相談者やアドバイスできる人がいない場合がほとんどである。

転職に際して何の対策もなしにぶっつけ本番で臨んだ結果、あまりの求人のなさに戸惑い、がく然とし、焦り、精神的に落ち込んでしまうケースも少なくない。

今後、65歳までの定年延長で、ますますこのような転職で悩む中高年が増えていくとこの本では警告している。そうした40歳以上のホワイトカラーの転職事情について、どうしたら良い求人と出会え転職し、転職先で永く勤務できるのか。本書はこの問題の答えを出すことを目的として書いている。

元々、優秀な人材であり、様々な経験をしてきた中高年は、精神にへばりついた甘えの意識を取り除くことで若者には真似のできない人材となるはずである。

決して難しい話ではなく、事前にしっかりと自分のキャリアを計画し、定期的にキャリアの棚卸を行い、どのような状況でも活躍できるためのスキルやマインドを保つ重要性について本文では触れている。

望むと望まざるとに関らず、転職を考えざるを得ない中高年に向けて、転職できる人、出来ない人の違いから、書類の書き方、面接突破のポイントまで、厳しい中高年転職マーケットで成功するための秘訣を伝えている。

一方、40代以上の中高年と日頃接する人事や経営者には、中高年を扱いにくいお荷物にしないヒント、一騎当千の転職人材活用革命で一人一人の中高年パワーを今こそ活かすチャンスと感じるきっかけとなれば幸甚だ。

アクティベイト

海老一宏著
ワニブックス、840円

エナジード
経営者JP

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP