著者が語る

【著者が語る】部下を育てて自分も育つ 5つのマネジメント・プロセス

人材パワーアップコンサルティング

人材パワーアップコンサルティング
二宮 靖志 代表取締役社長

「経営視点を持つ管理職者を育成するにはどのような教育研修が有効なのだろうか」、「これまで経営戦略研修など様々な施策を打ってきたが、どうも効果が長続きしない」

昨今、企業で人材育成を担う人事企画部門や教育研修部門の担当者から、こうした相談を受ける機会が多くなってきました。

彼らがこうした問題意識を抱える背景には、経営戦略やマーケティング、アカウンティング、また組織マネジメントなど、一定レベルの知識を得たはずの管理者が、現場でその知識や技法を十分に活用できてない、あるいは経営理論に基づくフレームワークを活かしきれていない、という現実があるようです。

その原因を探ると、管理者が「職場を経営する感覚」を持てていないためではないか、という懸念が浮上します。すなわち、出来上がった仕事の流れと組織の中で育ったために、自らの手で事業を生み、組織を作り上げる経験を、管理者自身が積んでいないのです。

では、管理者が経営感覚を身に付けるにはどのような経験が必要なのか。ここで紹介する著書「部下を育てて自分も育つ 5つのマネジメント・プロセス」では、仕事の変革を実践し、人材の成長を通して自らが職場の経営者となるための5つのステップを紹介しています。

そのステップとは、【1】組織の目標を決める【2】チームメンバーに期待を伝える【3】現場の最前線に立ち組織を動かす【4】人材育成会議を通して、部下を育てる【5】ほめて、認めて、報いる―の5つ。

繰り返し実践することで、マネジメントの感性が磨かれる5つのステップです。このマネジメントを土台に、理論に裏打ちされた経営戦略フレームの学習を重ねることで、さらに一段高いレベルアップが期待できるのです。

人材パワーアップコンサルティング

二宮靖志 著
日経BPコンサルティング、1575円

オリジナル採用サイト制作サービス採用アクセル
アクシスコンサルティング

⼈事部⻑向け専⾨誌

⼈事部⻑向け専⾨誌
TOP