エス・エム・エス第2四半期決算 14期連続の増収増益を達成、より踏み込んだ投資で計画を遂行中

 介護・医療・ヘルスケアなどの情報サービスを提供するエス・エム・エス(東京・港区、後藤夏樹社長)は2018年3月期第2四半期累計の連結決算を発表した。売上高は131億6200万円、営業利益は21億4600万円で、創業以来14期連続の増収増益となった。

9月の求人広告0.8%減と2カ月連続の減少、有料求人情報誌は9カ月ぶりに増加

 9月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比0.8%減となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。

新着の記事

マーサージャパン、本社を移転

マーサージャパン、本社を移転

 組織・人事、福利厚生、年金、資産運用分野でサービスを提供するマーサージャパン(東京・港、鴨居達哉社長)が、業務効率化を図るため本社を移転する。
求人数は最高値を33カ月更新、転職希望者数はお盆の影響もあり前月比微減 パーソルキャリア調べ

求人数は最高値を33カ月更新、転職希望者数はお盆の影響もあり前月比微減 パーソルキャリア調べ

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、8月の転職求人数は前年同月比20.7%増で33カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新した。転職希望者数は同39.3%増だった。
4年連続で就職が離職を上回る

4年連続で就職が離職を上回る

 新しく就職した人の割合が離職した人の割合を4年連続で上回ったことが、厚生労働省が発表した2016年の雇用動向調査結果で分かった。
対日投資拡大でバイリンガル人材の採用激化

対日投資拡大でバイリンガル人材の採用激化

 外資系企業の日本への投資は拡大傾向が続いており、バイリンガル人材の需要が高水準となっている。海外事業を強化する日系企業とも採用で競合するケースが増えており、バイリンガル人材の給与水準や採用コストが上昇している。
7月の実質賃金0.8%減、現金給与総額は0.3%減

7月の実質賃金0.8%減、現金給与総額は0.3%減

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.8%減となったことが、厚生労働省が発表した17年7月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
IT関連産業の新卒採用は十分に確保できていない企業が過半数

IT関連産業の新卒採用は十分に確保できていない企業が過半数

 IT関連産業の新卒採用での採用人数について、十分に確保できていないとする企業は51.6%に上り、約半数の企業が十分な採用人数を確保できていないことが経済産業省の調査で分かった。
7月の有効求人倍率1.52倍、4カ月連続で1990年以降の有効求人倍率最高値を更新

7月の有効求人倍率1.52倍、4カ月連続で1990年以降の有効求人倍率最高値を更新

 厚生労働省が発表した7月の有効求人倍率(季節調整値)は1.52倍で、前月を0.01ポイント上回り、1990年(1.46倍)以降の最高値を4カ月連続で更新し続けている。
7月の完全失業率2.8%、正規雇用60万人増

7月の完全失業率2.8%、正規雇用60万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、7月の完全失業率(季節調整値)は前月と同率となる2.8%だった。
7月の求人広告2.9%増と2カ月連続の増加、企業の求人意欲はやや高い水準が続く

7月の求人広告2.9%増と2カ月連続の増加、企業の求人意欲はやや高い水準が続く

 7月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比2.9%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
アルバイト・パート平均時給1010円、すべてのエリアで前年同月比が増加 リクルート調べ

アルバイト・パート平均時給1010円、すべてのエリアで前年同月比が増加 リクルート調べ

 リクルートジョブズ(東京・中央、柳川昌紀社長)の調査によると、7月度のアルバイト・パートの募集時平均時給は前年同月比2.4%増となる1010円となった。前月比は0.1%の減少となった。
派遣スタッフ平均時給1635円、前年同月比2カ月連続でマイナス リクルート調べ

派遣スタッフ平均時給1635円、前年同月比2カ月連続でマイナス リクルート調べ

 7月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比0.7%減の1635円となったことが、リクルートジョブズ(東京・中央、柳川昌紀社長)の調査で分かった。
【著者が語る】かつてない結果を導く 超「接待」術

【著者が語る】かつてない結果を導く 超「接待」術

ヒロコマナーグループ 西出ひろ子 代表/マナーコンサルタント
同一労働同一賃金法制化へ

同一労働同一賃金法制化へ

 同一労働同一賃金に関する労働政策審議会の報告書が6月9日に出された。昨年12月20日に政府が示した「同一労働同一賃金ガイドライン案」、3月の「働き方改革実行計画」に次ぐものだ。今後報告書をベースに労働契約法、パートタイム労働法、労働者派遣法の改正案が出され、閣議決定を経て秋の臨時国会に提出される予定になっている。(文・溝上憲文編集委員)
大学生が働きたいのは、仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできる組織 リクルートキャリア調べ

大学生が働きたいのは、仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできる組織 リクルートキャリア調べ

 2018年3月卒業予定の大学生が働きたい組織の特徴は、仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできることで、8割超の支持を得ていることがリクルートキャリア(東京・千代田、小林大三社長)の調査で分かった。
2017年上半期の転職成功者の平均年齢32.1歳、前年から若返り傾向 パーソルキャリア調べ

2017年上半期の転職成功者の平均年齢32.1歳、前年から若返り傾向 パーソルキャリア調べ

 2017年上半期の転職者の平均年齢は32.1歳だったことが総合人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。
874 件

サイト会員限定記事