2020年6月12日

「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」さて、どうする?【著者が語る】

エリクシア 上村 紀夫 代表取締役

 (26805)

エリクシア 上村 紀夫 代表取締役

 離職、生産性やモチベーションの低下、心身の不調、人間関係のトラブル、ハラスメント…。いま、経営者や人事担当者、マネジャー、チームリーダーの多くが、「人」にまつわる問題に悩まされています。

 私は、それらの原因にあるのは「個々のマイナス感情の蓄積」と考え、様々な状況の分析や個別事案への対応を行ってきました。

 その中で、離職には積極的離職、消極的離職、離脱の3種類があること、離職よりも企業にとって中長期的にダメージがあるのは「消極的定着(ぶら下がり)」であること、多くの会社が全社員を平等に扱おうとしすぎると表面的にはよさそうな人事施策であっても実際には効果が得られないこと、そして従業員が心に溜め込んだマイナス感情の解消をせずに最近流行しているキラキラとした人事施策を行うことでむしろ従業員のココロが離れていくことに気が付きました。

 離職やメンタル不調者のコントロールがうまくいっていない企業が状況を改善するためにはどうすればよいのか。その答えとして、マーケティング思考に基づく「ターゲティング戦略」=「ケアすべき人材を絞る(優先順位をつける)」ことが必要だと考えます。

 本書は、「マイナス感情の蓄積およびそれが個人組織に与える影響の見える化」と「ターゲティング戦略の活用」を2軸として、定量的データ分析と経営学・医学・心理学の専門知識に基づき、優秀な人材が活躍する「健康な組織」のつくり方を提示。豊富なイラスト・図解と、「ぶら下がり人材」「地盤沈下型組織」などキャッチーなフレーズを用いて分かりやすく解説します。

 転職ブームの裏で、優秀な社員が定着しないことに悩む経営者・人事担当者、活気がなく生産性の低いチームに悩むマネジャー・チームリーダー、自分や周囲の心が組織から離れているのを感じて今後のキャリア構築や今の仕事のやりがい・モチベーション回復に役立てたい方に特に手に取っていただきたい内容となっています。
「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」さて、どうする?

「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」さて、どうする?

上村紀夫 著
クロスメディア・パブリッシング、1,580円+税
4 件