2018年5月31日

【著者が語る】職場の「やりづらい人」を動かす技術

プリンシプル・コンサルティング・グループ  秋山 進 代表取締役

 (21622)

プリンシプル・コンサルティング・グループ 秋山 進 代表取締役 

 職場に、「話が合わない」、「一緒に仕事をしづらい」人はいないでしょうか。私はいました。というより、私自身がその「やりづらい人」であったと思います。一方で、そんな私にも「すごく合う」人もいました。「合わないのにそこそこ仕事をやれる」人もいました。なぜこの人とは合うのか、合わないのか、合わないのに仕事はできるのか、不思議に思い観察を続けてきました。本書はそのまとめとなります。

 人は仕事を進める際に、「視点の持ち方」、「思考のパターン」、「行動に落とす際の重点項目」の3つの次元で特徴が顕著に現れます。具体的には、1「ミクロ的視点」を重視するか、「マクロ的視点」を重視するか、2「直観から事象の意味」を見出そうとするか、「事実やデータから論理」的な考察をしようとするか、3「 何をすべきかWHAT」を重視しようとするか、「どうすべきかHOW」を重視するかの違いです。

 本書では、それらの3次元×2タイプをもとに2×2×2=8つの仕事タイプを抽出し、それぞれのタイプごとの得意、不得意、コミュニケーション上の問題点などを明確にしていきます。

 そして8つの仕事タイプを以下のように名付けました。①想像力ゆたかな小説家②創意工夫の技能者③現実を見抜く観察者④頼りになる実務家⑤時代を感じる評論家⑥未来を創る革新者⑦正しさを求めるコンサルタント⑧実現を目指す政治家。個々のタイプごとに際立った特徴があります。

 読者は、タイプ診断テストを通じて自分のタイプを知ることができます。さらには、タイプごとの36通りの対話例から、コミュニケーション上の問題点を知ることができます。続いて、上記の問題点の解決のために、上手に協働するための言葉のかけ方、協働への誘導の仕方を学ぶことができます。

 この本を読めば「苦手な人がなぜ苦手か」、そして、「自分の視点の持ち方、思考のパターン、行動の重点項目」の傾向がわかります。あわせて「自分の強み、弱み」、さらには「今後のキャリア開発の方向性」も見えてくると思います。ぜひご一読ください。
職場の「やりづらい人」を動かす技術

職場の「やりづらい人」を動かす技術

秋山進 著
KADOKAWA、1,400円+税
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

「気が利く人」が持っている5つの特徴

「気が利く人」が持っている5つの特徴

「気が利きますね!」こう言われたら思わず嬉しくなりますよね!気が利く人がいると、ビジネスがスムースに進むだけでなく、職場の雰囲気も明るくなります。この記事では、気が利く人の5つの特徴について解説します!気が利く人になりたければ、明日から要実践ですよ!
今職場で起きているハラスメント4選

今職場で起きているハラスメント4選

ニュースで耳にしない日のほうが少なくなった「ハラスメント」という言葉。かつては、パワハラ(パワーハラスメント)やセクハラ(セクシャルハラスメント)などに過ぎませんでしたが、今やアカハラ(アカデミックハラスメント)など多岐に渡ります。今回は、職場で今起きいる4つのハラスメントについて解説します。
職場の約1割がLGBT、抵抗を感じている人は3割超―早急なハラスメント対策が必要

職場の約1割がLGBT、抵抗を感じている人は3割超―早急なハラスメント対策が必要

職場における性的マイノリティ、いわゆる“LGBT”の存在は約1割に上っている。しかし、その存在について3人に1人が抵抗感を持っており、職場におけるハラスメント対策が早急に求められている実態が明らかになった。
企業経営に欠かせない「人材育成」人が育つ職場の特徴を整理

企業経営に欠かせない「人材育成」人が育つ職場の特徴を整理

企業経営に不可欠な要素と言えば「ヒト、モノ、カネ」。近年では、これに「情報」を加える人もいます。最初に「ヒト」が来ているように、企業経営にとっては、人材育成こそ最重要。この記事では、人が育つ職場の特徴について解説します。
先輩社員として、6月病に悩む新入社員をどう扱う?

先輩社員として、6月病に悩む新入社員をどう扱う?

「5月病」ならぬ「6月病」をご存知でしょうか。5月病と同じ症状が6月に出ることから「6月病」と呼ばれています。研修期間を長く取る企業が増えていることなどが理由で、不調を訴える時期が5月から6月にずれ込んでいます。もし、新入社員が心身に不調を来した場合、同じ職場の先輩としてどのように対処すべきでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース