2016年10月20日

【グローバルの中途採用】新たに海外展開する企業の増加で、グローバル人事や経理の求人が増加

アイコニックジャパン 岩橋 敏雄 東京オフィス代表

 (10337)

 海外事業の収益向上のための増員や駐在交代等による海外営業、現地スタッフ育成や海外工場の生産性アップのための技術者、工場マネジメント層、新規拠点立ち上げのための拠点長などの採用需要が変わらず多い傾向です。

 一方、近年増加傾向として上場企業をはじめ、新たに海外展開する企業の増加に伴う「グローバル人事」「グローバル経理」といったグローバル人事制度設計や現地での管理スペシャリストの求人が増加しています。

 採用される求職者の特徴として「、当該業務のスペシャリスト」や「グローバル対応実務経験のある人材」、そして「英語力のある人材」が目立ちます。

 若手にグローバル業務の主軸を担ってほしいという観点から20代を採用する企業も増えていますが、その場合課題も多くあります。

 採用要件は満たしていても、候補者側の転職目的の不明瞭さによる選考離脱や企業情報認知不足で、採用に至らないことも多々あります。

 グローバル人材を採用するためには、以下の3点が重要になります。
 1.「何をしてほしいか」を明確にする。
 2.「採用したい人物像」を明確にする。
 3.「採用したい人材要件」と「採用できる人物」のギャップを経営層・配属部門・人事部で共有し、採用のPDCAを回しながら最適化する。

 特にグローバル人材の採用経験が無い場合、採用する人物像の特定や経営・事業判断が曖昧になっていることがよくあります。そうしたケースでは、部門間の求める人物像の共有も曖昧で、採用現場に伝わっていないことが散見されます。

 グローバル人材の採用では、対象となる人材が少なく「ピンポイト採用」であるために、人物像の絞り込みができていない企業は苦戦します。

 また、採用はできても、就業後に力を発揮できず、事業としても成果が出せずに、実態としてグローバル採用が成功していないケースもあります。

 それゆえ、求める職務内容と人材要件の明確化、各部門を巻き込んで採用のPDCAを回せるかどうかが、国内人材の採用以上に重要であると言えます。
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

頻発するテロやトラブルから海外駐在員をどう守るのか オオコシセキュリティコンサルタンツ 大越修社長

頻発するテロやトラブルから海外駐在員をどう守るのか オオコシセキュリティコンサルタンツ 大越修社長

世界中でテロや事件が頻発するようになり、日本人の海外駐在員や出張者がテロの犠牲になる事件が起きている。ヨーロッパでもテロが相次いで発生しており、もはや世界に安全な地域はなくなった。海外勤務者をどのように守ったらよいのか、日本の企業セキュリティの草分けオオコシセキュリティコンサルタンツ社長の大越修氏に聞いた。
日本で就職した外国人留学生は過去最高の1万5657人

日本で就職した外国人留学生は過去最高の1万5657人

 2015年に日本で就職するために在留資格を取得した外国人留学生は前年比20.8%増の1万5657人となり、過去最高を記録したことが、法務省入国管理局の集計で分かった。
中国に進出している日本企業は1万3934社、前年から678社増加

中国に進出している日本企業は1万3934社、前年から678社増加

 中国に進出している企業は1万3934社に上っており、業種別に見ると「製造業」が最多だが、前年の調査と比べると「小売業」での比率が上昇していることが帝国データバンクの調査で分かった。
若手・中堅社員向けにグローバル人材を育成する企業向けプログラムを開始 GABA

若手・中堅社員向けにグローバル人材を育成する企業向けプログラムを開始 GABA

 マンツーマン英会話スクールを運営するGABA(ガバ)(東京・新宿、齊藤正俊社長)は、法人企業向けに若手・中堅社員を対象とした「Gaba Global Leaders Program(ガバ グローバルリーダーズ プログラム)」の提供を開始する。
米雇用15.6万人増、失業率5.0% 9月雇用統計

米雇用15.6万人増、失業率5.0% 9月雇用統計

 米労働省が発表した9月の雇用統計によると、景気との連動性が高い非農業部門の雇用者数(季節調整値)が前月に比べ15万6000人の増加となった。雇用改善の目安とされる20万人を2カ月続けて下回った。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

セミナー・イベント

プレスリリース