2017年2月9日

【著者が語る】正解が見えない課題を圧倒的に解決する 超仮説思考

コーン・フェリー・ヘイグループ 高野研一 代表取締役社長

 (11605)

コーン・フェリー・ヘイグループ 高野研一 代表取締役社長

 「なぜ経営人材が育たないのか」、ある会社のトップの一言が、本書を書くきっかけです。

 「人が価値を生み出す」「最後は人」と言われる一方、新たな価値を生み出す人材が出てこないことが多くの企業で問題になっています。

 最大の理由は、従来の問題解決手法が効果を発揮しなくなってきていることにあります。環境が安定し、既存のビジネスモデルが価値を生み続ける時代には、問題を専門分野に分解し、各分野のフレームワークを活用して最適解を導くことができました。

 ところが、環境が大きく変化し、既存の延長線上には新たな価値が生まれなくなってきた昨今、このやり方は問題を狭く定義することにつながり、真の解が見えなくなる最大の原因になっています。

 私はかつてファンドマネジャーをしていたことがあり、投資家の立場から世界中の経営者を見てきました。そのときに気づいたことは、新たな企業価値を生み出す場合に必要になるのは、新たなモノの見方(仮説)を発見するとともに、それを検証する力であるということです。

 なぜシリコンバレーからあれだけ多くのイノベーションが生まれてくるのか。それは、シリコンバレーの起業家は、自分の時間の100%を新たなモノの見方の発見と、仮説の検証に投資しているからです。

 情報革命の勃興により、モノづくりから情報の活用へ、目に見える世界から見えない世界へ戦場がシフトしてきています。その中で、新しいモノの見方を発見する力の重要性が増しているのです。

 グーグルのような大企業でさえ、社員の時間の20%は、全く新しい仮説の検証に投入することを求めています。検証しなければ見えない事実があるからです。

 それに比べて、日本企業で働くビジネスマンが、どれだけ新しい仮説の構築と検証に時間を使っているでしょうか。冒頭のトップの言葉から、答は明らかでしょう。

 価値とは目に見えないものですが、見ようとする人にだけ、その姿を顕します。本書は新たなモノの見方(超仮説)を獲得したい人に向けたトレーニング本です。
正解が見えない課題を圧倒的に解決する 超仮説思考

正解が見えない課題を圧倒的に解決する 超仮説思考

高野研一著
かんき出版、1,500円+税

日本コーン・フェリー・インターナショナル「グローバル化と情報革命の中で、成果を出せるエグゼクティブの獲得を支援します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

日本コーン・フェリー・インターナショナル「グローバル化と情報革命の中で、成果を出せるエグゼクティブの獲得を支援します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
妹尾 輝男 代表取締役社長

おすすめの記事

メンタルヘルス不調社員に対する休職命令と自然退職

メンタルヘルス不調社員に対する休職命令と自然退職
「勤怠が乱れている」「勤務態度が不良の社員がいる」「勤務成績が著しく悪い社員がいる」などの悩みは、多かれ少なかれ、どの企業においても抱えていると思います。近年、企業からの相談で増えているのは、このような問題社員に精神的な不調が疑われるというケースです。
8 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

職場のデジタル化の重要性 男女間で意識に違い ランスタッド調査

職場のデジタル化の重要性 男女間で意識に違い ランスタッド調査

 職場におけるデジタル化の重要性に対して男女間で意識の違いが大きいことが、総合人材サービス会社ランスタッドが実施した調査で明らかになった。
人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
R&D支出額トップはフォルクスワーゲン アマゾンとグルーグルが上昇、トヨタは10位

R&D支出額トップはフォルクスワーゲン アマゾンとグルーグルが上昇、トヨタは10位

 2016年の世界のR&D支出トップ1000社のR&D支出額は6800億ドルで、前年比0.04%増の微増だったことがPwCの戦略コンサルティングを担うStrategy&(東京・千代田、今井俊哉代表)が実施した「グローバル・イノベーション調査」で分かった。1000社の売上高は16兆ドルで前年比11.8%減だった。
会計監査人の異動に東芝の不正会計の余波

会計監査人の異動に東芝の不正会計の余波

 2016年の1月~9月に会計監査人(監査法人)を退任した社数が最も多かった監査法人は、東芝の不正会計で金融庁より処分を受けた「新日本有限責任監査法人」であることが帝国データバンクの調査で分かった。
自動車やヘルスケア業界の大手企業とスタートアップ連携を推進 日本アイ・ビー・エム

自動車やヘルスケア業界の大手企業とスタートアップ連携を推進 日本アイ・ビー・エム

 日本アイ・ビー・エム(東京・中央、ポール与那嶺社長)は、国内スタートアップの事業育成を支援するインキュベーション・プログラム「IBM(R) BlueHub(ブルーハブ)」の活動領域を広げ、自動車業界とヘルスケア業界の大手企業とスタートアップ企業との連携を推進する。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース