2011年7月10日

35歳からの「脱・頑張り」仕事術 仕組みを作れば、チームは自動で回り出す【著者が語る】

山本真司事務所 山本真司 代表取締役

 (10051)

山本真司事務所 山本真司 代表取締役

 30代半ば以降のミドル層との交流の中で、チームの有効なマネジメント・スキルについての質問を頻繁に受ける。必ずしも綺麗なピラミッド型とは限らない組織の中で、いきなり部下に権限委譲するのは、リスクが大きい。

 かと言って、部下を細かくコントロールする手法では、マネージャーが燃え尽きてしまう。何が、正解かに悩むミドル層は多い。

 私は、30歳で、都市銀行から、外資系コンサルティング業界に身を転じた。それから20年間、生き残るために色々なスキルを身につけなければならなかった。

 なかでも最も、習得に苦労したのは、どうやって、チームを率いてアウトプットの品質を高め、かつ、メンバーの力を十二分に引き出し、そして、メンバーが私との仕事を通じて成長してくれるか、というどんな業界でも共通なチーム・マネジメントのスキルであった。

 実力主義と一つの失敗も許されない環境で、自ら、試行錯誤でこのスキルを身につけた。

 この経験を私の失敗も含めて、丁寧に解説したのが本書である。リーダーとしての思考法、行動原則、部下とのコミュニケーション方法、リーダーとしての日常のマインドセットまでの体系を「仕組み」として紹介した。

 それは、部下への権限委譲は徹底的に行う。しかし、絶対に仕事品質を落とさないという、一見すると矛盾する目的の同時達成の「仕組み」でもある。

 40に及ぶ、個別のスキルの詳細を現場体験に足して解説している。是非、自分の「仕組み」を考える刺激剤として欲しい。
35歳からの「脱・頑張り」仕事術 仕組みを作れば、チー...

35歳からの「脱・頑張り」仕事術 仕組みを作れば、チームは自動で回り出す

山本真司著
PHPビジネス新書、860円
4 件

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中