2017年3月22日

【著者が語る】経営改革は“人事”からはじめなさい

おの事務所 小野耕司 代表取締役コンサルタント

 (11100)

おの事務所 小野耕司 代表取締役コンサルタント

 日本は人口減という重大な局面を迎えています。働く人の減少に加え、若年層が減り中高年層が増える、女性も仕事の中心になる等、人材マネジメントは、新しい考え方に基づき再構築すべき時期に来ています。

 もちろん、自律的に働く社員やリーダーとなる社員をどう増やしていくかという人材育成の根本的な課題は、引き続き多くの企業に突きつけられています。

 さらに、人材不足は深刻な広がりを見せており、中堅中小企業だけでなく大企業にも、地方だけでなく大都市圏にも及んでいます。期待する人材が集められず、大変苦労している企業の増加は、ここ1 〜2年で顕著です。

 そのような状況下で大変な苦労をして確保した社員の能力や意欲不足は企業を苦しめています。数少ない有能な社員は見切りをつけて早急に転職します。

 組織全体の能力をどう保っていくか、頭を悩ませている企業の経営者や人事部は少なくないのが実態です。この状況を打破していく、一つのきっかけとなる考え方、ヒントを提供したいという思いで本書を執筆しました。

 一般的に、人事コンサルタントは人事制度や教育体系などを提案するのが主な仕事です。しかし、それだけでは、上記に掲げた課題に全て対応していくのは難しいと考えています。

 人事の仕組みを根本から見直してしっかりと構築し、社員が安心して成長できるような環境を提供することはもちろんのこと、社員一人一人に働き方の変革を促し、社員と会社で仕事の質を高め続けることで、会社の価値向上につなげていくことが必須です。

 会社が成長するには、社員の自己効力感を高め、健全な働き方や仕事に対する価値観を醸成した上で、従来の働き方を抜本的に変え、成果を確実に出すこと、これを経営の仕組みとして真に確立させるしか方法はありません。

 このことに一人でも多くの方が気づき、企業を変革していくことで、課題は必ず解決すると確信しています。
経営改革は“人事”からはじめなさい

経営改革は“人事”からはじめなさい

小野耕司著
幻冬舎メディアコンサルティング、800 円+税

おすすめの記事

イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは
IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)などによって、これまでのビジネスモデルが大きく変わろうとしている。経営戦略の実現のために新たなビジネスモデルをつくりだすイノベーション人材の獲得や組織づくりは、経営トップや人材マネジメントにとって喫緊の課題となっている。イノベーションを生み出す人材と組織づくりの現状を取材した。
7 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
賃金アップによる待遇強化で、待遇差のある各種手当の廃止へ

賃金アップによる待遇強化で、待遇差のある各種手当の廃止へ

働き方改革関連法の柱の一つである「同一労働同一賃金」について、正規と非正規の待遇差見直しに向けて各社は対応を進めている。今回は、その中でも従業員のうち非正規雇用社員が約半数を占める日本郵政グループの対応について解説する。(文・溝上憲文編集委員)
労働時間管理と非正規社員の待遇格差を見直す【人事実務のポイント解説】

労働時間管理と非正規社員の待遇格差を見直す【人事実務のポイント解説】

働き方改革がいよいよ法制化され、時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金への本格的な対応に迫られる。労働時間管理と非正規社員の待遇格差の見直しにおける人事実務の対応ポイントについて、社会保険労務士の細川芙美氏に解説してもらった。
働き方改革法制化 分野別サービス紹介

働き方改革法制化 分野別サービス紹介

働き方改革が法制化し、いよいよ人事担当者は本格的に時間外労働の上限規制などに取り組まなければならない。そこで、働き方改革に役立つサービスを提供している企業を厳選し、サービス内容についての取材を行った。
残業規制、高プロ、同一労働同一賃金に人事はどう対応するか

残業規制、高プロ、同一労働同一賃金に人事はどう対応するか

長らく議論されてきた「働き方改革関連法案」がようやく成立した。来年4月に本格的に施行されるため、人事担当者は早急に対応に着手する必要がある。今回の法制化の大きな柱である時間外労働の上限規制、高度プロフェッショナル制度、同一労働同一賃金の内容と注意点について解説する。(文・溝上憲文編集委員)

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース