2010年8月16日

【メンタルヘルス特集(1)】法改正でメンタルヘルス対策が急務に 早期発見・事前予防のため問診に追加

自殺者の増加とメンタルヘルス不調者の増加を受けて、厚生労働省の労働政策審議会で制度改正が検討されることになった。自殺・うつ病の予防対策として、企業の定期健康診断で、従業員のメンタルヘルスの状況をチェックすることになるという。法改正の影響と企業の対応を取材した。

 (8714)

定期健診で検査項目追加、労働安全衛生法改正へ

 2009年の自殺者数は3万2845人(警察庁調べ)と、12年連続で3万人を超える深刻な状況だ。このうち、約2500人が職場における「勤務問題」が自殺の原因とされており、従業員のメンタルヘルス対策は企業経営の重要な課題として認識されるようになっている。
 厚生労働省が2010年1月に設置した“自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム”では、こうした状況を背景に「今後の対策5本柱」を5月に発表。「職場におけるメンタルヘルス対策・職場復帰支援の充実~一人一人を大切にする職場づくり」を盛り込んだ。その中で人事担当者が特に注目すべきなのが、労働安全衛生法の改正が検討されている点だ。
 厚労省が7月14日に発表した「職場におけるメンタルヘルス対策検討会」報告書案では、企業の定期健診においてメンタルヘルス不調を早期に発見するための新たな枠組みを導入することが基本的な方針として確認されている。
 同省の案では、メンタルヘルス不調の自覚症状の有無を確認するために、検査項目を追加することなどが有力となっており、早ければ来年4月の法改正も見込まれている。

従業員のストレスチェックはセルフケアが重要に

 「法改正直前 職場のメンタルヘルスマネジメント」をテーマに、7月5日、都内で開催されたセミナーに、従業員のメンタル問題に悩む約60社の人事担当者らが詰め掛け、労働安全衛生法の改正への対応やメンタルヘルス対策の課題に関する専門家の解説に真剣に聞き入った。
 セミナーを主催した情報資産管理プラットフォームサービスのパイプドビッツ(東京都港区、佐谷宣昭 代表取締役社長 CEO)の廣澤孝之人事ソリューションユニットマネージャーは、「出席者の募集開始から早々に定員となったため、急きょ増席しました。これほどメンタルヘルス対策と今回の法改正に関心が高いとは」と、予想を超える反響の多さに驚く。
 パイプドビッツでは、法改正に対応して、同社の情報管理システムを導入している企業から「従業員自らがストレスの状況を確認できるサービスはないか」という要望を受け、セルフチェックツール「こころの健康診断」を3月にリリースし、あわせて今回のセミナーを開催したのだ。
 セミナー当日、出席者にアンケート調査を行ったところ、「法改正の提言がされたことを知っていた」と回答した出席者は約7割、「法改正が実施された場合に対策が必要だと思う」は8割を超えており、人事担当者の関心の高さを改めて裏づけた。
 職場のメンタルヘルス対策の実情に詳しいピースマインド総合研究所の渋谷英雄所長は、メンタルヘルス不調者の休職・復職支援が大切としながらも
 「復職後も不調者の対応に悩む企業が多く、職場や人事担当者の負担も非常に大きいのが現状です。そのため、早期発見・事前予防に取り組みメンタルヘルス不調者を出さないことがますます重要になっています。法改正はその流れの一環で、従業員自身がストレスを“知る・気づく・対処する”ことで、メンタルヘルス不調を予防するようなセルフケアの仕組みを整えることが必要になります」と強調する。

健診結果で従業員から企業の対応が問われる可能性も

 労働安全衛生法の改正で、定期健診における検査項目の追加が行われた場合、企業には新たなメンタルヘルス対策が迫られることになる。
22 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

「過重労働解消相談」1日で712件、家族からの相談も199件

「過重労働解消相談」1日で712件、家族からの相談も199件

 厚生労働省が11月6日に実施した「過重労働解消相談ダイヤル」に712件の相談があった。労働者本人だけでなく、労働者の家族からの相談も199件あった。
ビジネスパーソンの職場の悩みの約4割は人間関係

ビジネスパーソンの職場の悩みの約4割は人間関係

 ビジネスパーソンの職場の悩みはもっぱら人間関係であることが「働く人の電話相談室」を開設した日本産業カウンセラー協会の集計で分かった。人間関係に悩んでいる人は約4割にも上った。
メンタルヘルスの不調で休業者が多いのは“情報通信業”

メンタルヘルスの不調で休業者が多いのは“情報通信業”

 過去1年間にメンタルヘルス不調で連続1カ月以上休業した労働者の割合を産業別に見ると「情報通信業」が1.3%と最も高くなっていることが、厚生労働省が実施した調査で分かった。メンタルヘルス不調で退職した労働者は、「情報通信業」、「宿泊業・飲食サービス業」、「医療・福祉」が0.4%と最も高かった。
企業のストレスチェック義務化対応進まず 保健同人社、ヒューマネージ共同調査

企業のストレスチェック義務化対応進まず 保健同人社、ヒューマネージ共同調査

 企業のストレスチェックの対応がほとんど進んでいないことが、企業向けEAP(従業員支援プログラム)サービスを共同で提供する保健同人社(東京・千代田、古川弘和社長)とヒューマネージ(東京・千代田、齋藤 亮三社長)がメンタルヘルス担当者を対象に実施したアンケート調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

セミナー・イベント

プレスリリース