2013年1月10日

【著者が語る】動かない部下を動かす技術

リクルートコミュニケーションエンジニアリング 桐岡隆澄  代表取締役社長

 (10007)

リクルートコミュニケーションエンジニアリング 桐岡隆澄  代表取締役社長

 「危機感が足りない」「受身体質をなんとかしたい」「人も組織も小粒化している」…

 仕事柄、経営者、事業や人事部門のトップの方々、そして現場を預かるマネジャーの方々と仕事をすることが多い。事業も、業態も、規模も、おかれている状況は様々だが、このところ、どこにいっても、口をついて出てくる言葉である。

 かつての日本企業は人、組織の力を引き出し、生かすことは巧みだった。そして、そこには沢山の優秀なマネジャー、リーダーがいたことも間違いない。

 ただし、人、組織の力を引き出し、生かすことについて、その時代の企業は、企業の外側にある、時代、環境に多分に依存していたし、マネジャー、リーダーはその企業と時代、環境に多分に依存していた。

 その前提が崩れたことで、時代、環境、企業状況があったがゆえに発生しなかった問題、圧力がすべてメンバーを預かるマネジャー、リーダーに降りかかってきている。

 そして、多くのマネジャーたちが、内的、外的環境変化のなかで、メンバーマネジメント、メンバー育成に悩み、中にはマネジャーという仕事にやりがいや意味を見つけられずに元気や自信、プライドをなくしている人たちもいる。

 そして、そのことはモチベーションを大事にする人、企業ほどこのことに対する悩みが深い。多くのマネジャーも、企業も新しい時代、状況、企業におけるマネジメント、リーダーシップを見つけられていないように見える。

 その一方で、同じような環境におかれながらも、部下やチームの潜在力を引き出し、強くて人の育つ、そんな組織をつくって業績をあげているマネジャーも存在する。

 彼らが意識し、大事にしているポイントは何か?彼らは人、チーム、仕事、事業に対して、どんな見方、感じ方をしているのか?このあたりに光をあてて考えてみることが、「受身」「主体性」「小粒化」問題に対してのスタートになると考えている。
動かない部下を動かす技術

動かない部下を動かす技術

桐岡隆澄著
日本経済新聞出版社、1470円
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

組織の不祥事や社員の不正防止で問われる人事の役割 ISACA東京支部  五島浩徳会長

組織の不祥事や社員の不正防止で問われる人事の役割 ISACA東京支部 五島浩徳会長

ITと事業活動が密接になる中で従来の仕組みや考え方だけでは対応が難しい局面が多くなっている。ITマネジメントの専門家であるISACA東京支部会長の五島浩徳氏に、堅牢で継続可能な組織運営に向けて企業に求められている視点や人事を含む管理層の役割などを聞いた。
【著者が語る】勝利のチームマネジメント サッカー日本代表監督から学ぶ組織開発・人材開発

【著者が語る】勝利のチームマネジメント サッカー日本代表監督から学ぶ組織開発・人材開発

ピープルフォーカス・コンサルティング 松村卓朗 代表取締役
【著者が語る】部下を育てて自分も育つ 5つのマネジメント・プロセス

【著者が語る】部下を育てて自分も育つ 5つのマネジメント・プロセス

人材パワーアップコンサルティング 二宮靖志 代表取締役社長

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

セミナー・イベント

プレスリリース