2010年10月10日

【著者が語る】社長の人事でつぶれる会社、伸びる会社

トライアンフ 樋口弘和 代表取締役

 (10126)

トライアンフ 樋口弘和 代表取締役

 経営者は顧客と社員を守りながら、結果として収益を上げるために経営をしている。すべての人事施策は常にトレードオフの関係にあり、輝かしい成果を上げる社員がいる一方では、会社を去る社員がいることもまた事実だ。

 経営者は常にこうした影の部分を理解しながら、一つ一つの判断をおこなわなくてはならない。ここに「社長の人事」のむずかしさがある。

 しかし多くの企業では、技術者や営業として優秀な方がそのまま経営者になるケースが多く、人や組織の問題については不慣れで苦戦している、もしくは問題を知りつつも総務部長や外部のコンサルタントに任せきりにしている、などというケースが多く見受けられる。

 「組織の規模も収益も現状のままで十分だ」と経営者が考えている場合はそれでよいだろう。しかし組織の成長を志した場合、経営者自ら人事の問題に向き合うことは避けては通れない。

 それは経営者による人事というものは、企業価値観の根底に関わる問題であり、知識やスキルがあるだけの専門家には到底理解することのできない分野だからだ。

 私自身は従業員数80名程度の、小さな会社の社長だ。大企業の人事責任者を務めた後に独立し、創業して12年がたった。実際の経営をやってみるとサラリーマン時代に経験したことのほとんどが役に立たなかった。

 またこれまで、「人事の本質」を教えてくれるような書籍にもついぞ巡り合わず、実際に今の血肉になっていることは、自分自身が失敗を繰り返し、それを軌道修正する中で学んだことがほとんどである。

 本書を通じて私がお伝えしたいことは、創業以来多くの失敗を重ねながら学んだ「社長のための人事」の本質である。私自身、まだまだ勉強中の毎日であり、未完成なところが多いが、少しでも人事にお悩みの中小企業経営者のお役に立てれば本望だ。
社長の人事でつぶれる会社、伸びる会社

社長の人事でつぶれる会社、伸びる会社

樋口弘和著
幻冬舎、1000円
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

6割の経営者が17年上半期の景気は「緩やかに拡大」と予測、「輸出の増加」を見込む

6割の経営者が17年上半期の景気は「緩やかに拡大」と予測、「輸出の増加」を見込む

 約6割の経営者が17年上半期の景気は緩やかに拡大していくと予測していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
組織の不祥事や社員の不正防止で問われる人事の役割 ISACA東京支部  五島浩徳会長

組織の不祥事や社員の不正防止で問われる人事の役割 ISACA東京支部 五島浩徳会長

ITと事業活動が密接になる中で従来の仕組みや考え方だけでは対応が難しい局面が多くなっている。ITマネジメントの専門家であるISACA東京支部会長の五島浩徳氏に、堅牢で継続可能な組織運営に向けて企業に求められている視点や人事を含む管理層の役割などを聞いた。
後継者不在のオーナー企業が7割超

後継者不在のオーナー企業が7割超

 7割を超えるオーナー企業が後継者問題を抱えていることが、帝国データバンクの「全国オーナー企業分析」調査で分かった。社長が65歳以上と事業承継が喫緊の課題となっているオーナー企業でも5割が後継者不在という深刻な事態だ。
経営者は収益性を重視、優秀人材の獲得が人事の優先課題に

経営者は収益性を重視、優秀人材の獲得が人事の優先課題に

 日本能率協会が経営者を対象に実施した調査によると、収益性に対する意識が強まっていることが分かった。また、優秀人材の獲得を人事の優先課題と考えていることも明らかとなった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

セミナー・イベント

プレスリリース