人材採用

人材採用

2018年11月の完全失業率2.5%、正規雇用63万人増

2018年11月の完全失業率2.5%、正規雇用63万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、2018年11月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.1ポイント増となる2.5%だった
11月の有効求人倍率1.63倍、前月比0.01ポイント上昇

11月の有効求人倍率1.63倍、前月比0.01ポイント上昇

 厚生労働省が発表した2018年11月の有効求人倍率(季節調整値)は1.63倍で、前月を0.01ポイント上回った。
11月の求人広告は前月比11.2%増、すべての地域で8%超の増加

11月の求人広告は前月比11.2%増、すべての地域で8%超の増加

 11月の職種分類別求人広告掲載件数(週平均)は、全体で131万8138件となり、前月比11.2%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
長時間労働・残業時間の削減に取り組んだ企業は6割超

長時間労働・残業時間の削減に取り組んだ企業は6割超

 「働き方改革」として「長時間労働削減のための労働時間管理の強化」と「残業削減の推進」に取り組んだ企業は6割を超えていることが、厚生労働省の11月の労働経済動向調査で分かった。
10月の有効求人倍率1.62倍、前月比0.02ポイント低下

10月の有効求人倍率1.62倍、前月比0.02ポイント低下

 厚生労働省が発表した2018年10月の有効求人倍率(季節調整値)は1.62倍で、前月を0.02ポイント下回った。
2018年10月の完全失業率2.4%、正規雇用37万人増

2018年10月の完全失業率2.4%、正規雇用37万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、10月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.1ポイント増となる2.4%だった。
10月の求人広告は前月比1.4%増、非正規社員増加の傾向

10月の求人広告は前月比1.4%増、非正規社員増加の傾向

 10月の職種分類別求人広告掲載件数(週平均)は、全体で118万5848件となり、前月比1.4%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
9月の有効求人倍率1.64倍、前月比0.01ポイント上昇

9月の有効求人倍率1.64倍、前月比0.01ポイント上昇

 厚生労働省が発表した2018年9月の有効求人倍率(季節調整値)は1.64倍で、前月比0.01ポイントの上昇となった。
2018年9月の完全失業率2.3%、正規雇用7万人増

2018年9月の完全失業率2.3%、正規雇用7万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、9月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.1ポイント減となる2.3%だった。
9月の求人広告は前月比6.1%増、すべての地域で前月比が増加

9月の求人広告は前月比6.1%増、すべての地域で前月比が増加

 9月の職種分類別求人広告掲載件数(週平均)は、全体で116万9042件となり、前月比6.1%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
8月の有効求人倍率1.63倍、前月と同水準

8月の有効求人倍率1.63倍、前月と同水準

 厚生労働省が発表した2018年8月の有効求人倍率(季節調整値)は1.63倍で、前月から変動なしの高水準となった。
正社員が不足している企業が5割超、非正社員は3割超で不足

正社員が不足している企業が5割超、非正社員は3割超で不足

 2018年7月現在、正社員が不足している企業は50.9%に上っていることが、帝国データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査」で明らかとなった。前年同月比5.5ポイント増となっており、7月としては初めて半数を超えて、過去最高を更新した。
7月の有効求人倍率1.63倍、前月比0.01ポイント上昇

7月の有効求人倍率1.63倍、前月比0.01ポイント上昇

 厚生労働省が発表した2018年7月の有効求人倍率(季節調整値)は1.63倍で、前月比0.01ポイントの上昇となった。
7月の求人広告は前月比4.4%減、すべてのエリアで前月比が減少

7月の求人広告は前月比4.4%減、すべてのエリアで前月比が減少

7月の職種分類別求人広告掲載件数(週平均)は、全体で109万574件となり、前月比4.4%減となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
6月の有効求人倍率1.62倍、前月比0.02ポイント上昇

6月の有効求人倍率1.62倍、前月比0.02ポイント上昇

 厚生労働省が発表した2018年6月の有効求人倍率(季節調整値)は1.62倍で、1974年(1.64倍)以降の最高値を更新した。
214 件

人材採用で人気のキーワード