新興国進出のためのグローバル組織・人材マネジメント

アクセンチュア

アクセンチュア
杉村 知哉
統括エグゼクティブ・パートナー

 新興国が生産拠点から販売拠点へとシフトする中、日本人・現地人材の双方について、必要とされる人材要件は大きく変化しています。未知のマーケットで未知の人材を大量に活用し、さらに育成するには、勘や経験だけに基づくマネジメントから脱却し、客観データに基づく施策の決定、進捗の把握を行うことが望まれるでしょう。

 これまで日本企業は、対象者を先に決め、適切と思われるポジションを探す、あるいは適切なポジションがない場合には新たなポジションを作るなど、まず“人”ありきで配置が考えられていました。

 これに対し、グローバル化に成功している企業の多くは、事業・ビジネスの成長に軸足を置き、既存のあらゆる人材を候補として、ポジションの要件に合致する人材を当てはめる“ポジション”優先の人材マネジメントを取り入れています。

 では、採用の次にグローバルリーダーをどう育成したらよいか。それには、役割を明確化し、役割に応じた育成方法があります。確実に育てるためには、一気通貫のプログラムが必要です。

 さらに言えば、人事部門もグローバルリーダーを育成できるよう変革も必要かもしれません。現地企業を買収すれば、カルチャー統合のシナリオも必要です。

 本書では、こうした新興国市場での事業戦略の実現に向けた組織・人材マネジメントの在り方について、事例を盛り込んで実践的に紹介しています。

 人事部の役割に特化した組織・人材マネジメントではなく、経営の側面に軸足を置いた課題解決法について視点を変えていただければと思います。

 日本らしさ、自社らしさをカスタマイズした組織・人材のマネジメントモデルを構築し、世界でさらに活躍する日本企業が増えていくことを強く願っています。

アクセンチュア

杉村知哉 著
東洋経済新報社、2520円

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

  2. 【アスリート1万2000人への研修実績を持つホープス】スポーツ事例を使った研修手法で企業の若手リーダー育成を支援

  3. 【フォルトナ】社員幸福度No.1を掲げ、“社員幸福ドリブン経営”で急成長 コンサル領域・スタートアップ領域2つの頂で業界トップを猛追

  1. サイコム・ブレインズ「コンサルタントの知見とテクノロジーを融合し、社員の自律的な学び、組織の成長と業績向上を支援します」

  2. イーストウエストコンサルティング「業界・職種別の専門チームによるサーチで質とスピードを重視した優秀な人材を紹介します」

  3. コンシェル「専門性を活かし、組織力向上に貢献できるスペシャリストをサーチします」

  4. みらいワークス「プロフェッショナル人材による経営課題の解決、副業促進による組織力向上を支援しています」

  5. アクティベイト「内閣府・地方創生人材戦略に参画、首都圏だけでなく全国36県をカバーしてプロ人材を紹介します」

  6. ヒロコマナーグループ「ニューノーマル時代の変化に対応でき、考えて動ける真心マナー® で人財を育成します」

  7. キャリア・デベロプメント・アソシエイツ「日本の“ものづくり”を支える高度な技術者を技術者出身のコンサルタントが紹介します」

  8. パーソルキャリア「専門性の高いコンサルティングを追求し、クライアントの事業成長を共に目指します」

  9. ワークス・ジャパン「採用ブランディング、オンラインコミュニケーション、採用管理システム等、採用プロセスを一貫支援します」

  10. パーソルキャリア エグゼクティブ エージェント「独自ネットワークと日本有数の人材データベースから最適なエグゼクティブ・スペシャリストを紹介します」

TOP