【営業職の中途採用】低調な業績の会社に所属する優秀な営業職が転職市場に現れている

営業

イノセル
内野 久
代表取締役

 新型コロナウイルスの感染拡大により全体的な営業求人は減少していますが、特定の業界では堅調な採用意欲があります。当社に依頼の多かった業種は、DX関連、EC・通販関連、SaaSとよばれるサブスクリプション型、即戦力中心やセグメント特化型(体育会学生や理系学生等)等の人材紹介業です。

 DX系、EC・通販系、SaaSモデル、人材紹介系の営業の採用意欲が旺盛という業界的な傾向もありますが、事業戦略の良し悪しが影響しており、コロナ禍でも戦略が秀逸で業績が好調な企業からの求人依頼は常に堅調です。

 一方、営業求職者の動向ですが、業績の上位者には常に成長企業からオファーが舞い込んでいます。低調な業績の会社に所属する優秀な営業職が転職市場に現れるのも混乱下の特徴と言えます。特に内定が集中する営業職に共通する特徴は主に3つです。

 1つ目は業績が上位20%以内を継続していること。2つ目が転職理由を他責にせず、成長機会と捉え、学ぶ意欲があること。3つ目が25歳〜32歳の年齢範囲であるということです。求人が堅調な成長企業は常に市場の需要に対して柔軟に、スピード感をもって変化します。その変化に適応する能力、マインド、年齢範囲かどうかが内定を獲得する重要な要因になっているようです。

 このような状況下で営業職の採用を成功させている会社の共通点をお伝えします。まずは営業の成功要因を分析し、それを支える業務の特定を行い、業務を遂行できる能力を策定することです。これを求める人材要件として社内共有します。

 優秀な営業職を魅了するためには、その要件に合致する人材を魅了するストーリーを作り、採用競合に勝つ戦術を作れるかどうかが鍵です。また現在、有能な営業の転職活動は人材紹介会社への登録をファーストチョイスにしている傾向があるため、営業職を数多く集客し、登録者との信頼を築く紹介会社を見定め、共に採用戦略を練ることで成功確率を高められるでしょう。自社の求める人材が併願する競合会社を分析し、そこに勝てる計画が肝です。

企業人事向け広告掲載のご相談はこちら(誌面広告、パンフ同封、メルマガ広告)

関連記事

ピックアップ

  1. 【内定者・新入社員向け「グロービス学び放題フレッシャーズ」】オンライン学習ニーズの拡大で導入企業500社を超える

  2. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

  3. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

ランキング

  1. 人事部長向け専門誌「日本人材ニュース」vol.320

  2. 【DXを加速する新人材戦略】不足するDX人材 採用と育成の最前線

  3. 多様な働き方と労災補償 “労働者性”の判断基準

  4. 【兆】DX推進人材の採用を実現し、事業成長に挑む企業を支援する

  5. 【デジタルマーケティング・DX専門人材紹介 デジマージョブ】DX人材の採用激化で高まる 業界専門コンサルタントの意義

  6. 【デジタル専門業務委託サービスDigital Flex(デジフレ)】DX推進人材は業務委託で獲得、人材不足とミスマッチに終止符

  7. 改正育児・介護休業法が今国会で成立、”男性優遇”の新制度は世界に遅れる日本の焦り

  8. 【マイナビ】在籍型出向マッチングサービスを開始 他

  9. 【DXを加速する新人材戦略】ジョブ型導入の狙いと現実 取組企業の人事の悩み

  10. 【経営幹部の中途採用】ジョブ型雇用や成果主義の導入経験を持つ人事マネジャーの案件が多い

TOP