HRサービス プレスリリース

採用・育成・組織開発・HRテックサービスのプレスリリースを紹介する

2021年から始まる 障害者雇用率引き上げ 高年齢者就業確保措置

多様な働き方の実現に向けた労働関連法の改正が進む中、2021年から始まる障害者法定雇用率の引き上げと高年齢者就業確保措置の人事実務のポイントについて、社会保険労務士の池田優子氏に解説してもらった。

経営・人事・キャリア関連セミナー

経営・人事・キャリア関連セミナー

経営・人事・キャリア関連のセミナー・イベント・研修などを紹介する
HRサービス プレスリリース

HRサービス プレスリリース

採用・育成・組織開発・HRテックサービスのプレスリリースを紹介する
12月の派遣スタッフ平均時給1713円 リクルート調べ

12月の派遣スタッフ平均時給1713円 リクルート調べ

 12月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比83円増、5.1%増の1713円となったことが、リクルートジョブズの調査で分かった。前月比は増減なしだった。
障がい者雇用が17年連続で過去最高、実雇用率も9年連続で過去最高

障がい者雇用が17年連続で過去最高、実雇用率も9年連続で過去最高

 厚生労働省が発表した障がい者の雇用状況の取りまとめによると、企業に雇用されている障がい者数が前年比3.2%増となり、17年連続で過去最高となったことが分かった。法定雇用率を達成している企業は48.6%だった。
60歳定年を迎えた人の85.5%が継続雇用

60歳定年を迎えた人の85.5%が継続雇用

 厚生労働省がまとめた「高年齢者の雇用状況」によると過去1年間に60歳定年企業で定年を迎えた人の85.5%が継続雇用されたことが分かった。継続雇用を希望したが継続雇用されなかった人は0.2%だった。
12月のアルバイト・パート平均時給1100円、2カ月連続で過去最高を更新 リクルート調べ

12月のアルバイト・パート平均時給1100円、2カ月連続で過去最高を更新 リクルート調べ

 リクルートジョブズの調査によると、12月度のアルバイト・パートの募集時平均時給は前年同月比1.0%増となる1100円となり、2006年1月度の調査開始来過去最高を2カ月連続で更新した。前月比は0.7%増加した。
2021年から始まる 障害者雇用率引き上げ 高年齢者就業確保措置

2021年から始まる 障害者雇用率引き上げ 高年齢者就業確保措置

多様な働き方の実現に向けた労働関連法の改正が進む中、2021年から始まる障害者法定雇用率の引き上げと高年齢者就業確保措置の人事実務のポイントについて、社会保険労務士の池田優子氏に解説してもらった。
SIGNATE/AI人材育成への貢献で「情報化促進貢献個人等表彰」経産大臣賞 他

SIGNATE/AI人材育成への貢献で「情報化促進貢献個人等表彰」経産大臣賞 他

人事部門の生産性を高めるためには、パートナーとなる人材会社選びやサービスの有効活用が欠かせない。注目サービスの特徴や活用法などを紹介する。【SIGNATE、ジェイ エイシー リクルートメント、ビジネス代謝ラボ】
2021年人事の課題 人事の重要5テーマ ジョブ型人事と労働法対応

2021年人事の課題 人事の重要5テーマ ジョブ型人事と労働法対応

コロナ禍で加速したデジタル化や働き方の変化によって、多くの企業がこれまでの人事のあり方の見直しに迫られている。2021年は事業変革や働き方改革に取り組む上で、多様な雇用形態や職務に応じた評価・処遇が必要となる「働き方新時代」へ向けたジョブ型人事や労働法対応が人事担当者の課題となる。 (文・溝上憲文編集委員)
2020年の上場企業の倒産2件、複数件数の発生は3年ぶり

2020年の上場企業の倒産2件、複数件数の発生は3年ぶり

 2020年の上場企業の倒産は2件(前年1件)で、2017年から4年連続で発生したことが、東京商工リサーチの調べで明らかとなった。複数件数の発生は2017年(2件)以来、3年ぶりとなる。
2021年上半期の転職市場はITに関連する求人ニーズが堅調 パーソルキャリア予測

2021年上半期の転職市場はITに関連する求人ニーズが堅調 パーソルキャリア予測

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「転職市場予測2021上半期」によると、2021年上半期(1月~6月)の転職市場は、ITに関連する求人が増加する見込みとなっている。また、即戦力性の高い経験者採用のニーズが高まるとみている。
ワークス・ジャパン/Web面接との連携で面接調整業務を効率化 他

ワークス・ジャパン/Web面接との連携で面接調整業務を効率化 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【ワークス・ジャパン、エンワールド・ジャパン】
11月の実質賃金1.1%減、現金給与総額は2.2%減

11月の実質賃金1.1%減、現金給与総額は2.2%減

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ1.1%減となったことが、厚生労働省が発表した11月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
「働き方改革」に取り組んだ企業は8割超、テレワークの導入20ポイント増

「働き方改革」に取り組んだ企業は8割超、テレワークの導入20ポイント増

 長時間労働の是正や多様で柔軟な働き方の実現など働き方改革に「取り組んでいる」事業所の割合は8割を超えていることが、厚生労働省の11月の労働経済動向調査で分かった。
1,850 件