職場のデジタル化の重要性 男女間で意識に違い ランスタッド調査

 職場におけるデジタル化の重要性に対して男女間で意識の違いが大きいことが、総合人材サービス会社ランスタッドが実施した調査で明らかになった。

働きたい企業1位に日清食品、2位トヨタ、3位 サントリー ランスタッド調査

 総合人材サービスのランスタッド(東京・千代田、猿谷哲社長)は、勤務先として魅力ある企業を世界共通基準で測る「エンプロイヤーブランド」を調査・表彰するランスタッドアワード2017の調査結果と受賞企業を発表した。ランキング1位は日清食品ホールディングス、2位はトヨタ自動車、3位はサントリーホールディングスで、海外企業部門の1位はアマゾンジャパンとなった。

新着の記事

中小企業の48.6%が「人材不足」 医療・福祉、情報通信、建設、飲食・宿泊業は6割超

中小企業の48.6%が「人材不足」 医療・福祉、情報通信、建設、飲食・宿泊業は6割超

 中小企業の経営者の48.6%が「人材が不足している」と回答したことが、産業能率大学(東京・世田谷、浦野哲夫学長)の調査で明らかとなった。
1月の求人広告15.2%増、求人サイトが2カ月続けて20%超の増加

1月の求人広告15.2%増、求人サイトが2カ月続けて20%超の増加

 1月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比15.2%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
2018年新卒採用の面接対策 働き方改革に影響を受ける学生の最大の関心事

2018年新卒採用の面接対策 働き方改革に影響を受ける学生の最大の関心事

3月から2018年新卒採用活動が本格的に始まる。企業の「働き方改革」の取り組み、とりわけ長時間労働の問題に学生の関心が高まっており、企業説明会ではこれに関する学生の質問が飛び交う可能性もありそうだ。(文・溝上憲文編集委員)
働きたい企業1位に日清食品、2位トヨタ、3位 サントリー ランスタッド調査

働きたい企業1位に日清食品、2位トヨタ、3位 サントリー ランスタッド調査

 総合人材サービスのランスタッド(東京・千代田、猿谷哲社長)は、勤務先として魅力ある企業を世界共通基準で測る「エンプロイヤーブランド」を調査・表彰するランスタッドアワード2017の調査結果と受賞企業を発表した。ランキング1位は日清食品ホールディングス、2位はトヨタ自動車、3位はサントリーホールディングスで、海外企業部門の1位はアマゾンジャパンとなった。
総合人材サービスの「テンプスタッフ」と「インテリジェンス」が社名変更 インテリジェンスの新社名は「パーソルキャリア」

総合人材サービスの「テンプスタッフ」と「インテリジェンス」が社名変更 インテリジェンスの新社名は「パーソルキャリア」

 総合人材サービスのテンプホールディングス(東京・渋谷、水田正道社長)は、7月1日から傘下のテンプスタッフ、インテリジェンス、インテリジェンスビジネスソリューションズの3社の商号を変更することを決定した。主要子会社の社名変更でグループブランドの認知度向上を目指す。
【著者が語る】正解が見えない課題を圧倒的に解決する 超仮説思考

【著者が語る】正解が見えない課題を圧倒的に解決する 超仮説思考

コーン・フェリー・ヘイグループ 高野研一 代表取締役社長
2017年 労働法改正 人事担当者が押さえるべき注目ポイント

2017年 労働法改正 人事担当者が押さえるべき注目ポイント

2017年は人事・労務に関する重要な法改正も行われる予定だ。その中でも最大の注目点は何といっても長時間労働の是正と同一労働同一賃金を目指した動きだろう。法改正によって何が変わってくるのか。人事担当者が押さえるべき注目ポイントを解説する。(文・溝上憲文編集委員)
インターンシップ参加後に企業から接触を受けた学生が77% ディスコ調査

インターンシップ参加後に企業から接触を受けた学生が77% ディスコ調査

 人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の学生モニター調査によると、インターンシップ後に企業から接触を受けた学生が7割強に達していることが分かった。
女性活躍推進 7割以上の企業が「短時間勤務」の効果を実感

女性活躍推進 7割以上の企業が「短時間勤務」の効果を実感

 日本生産性本部の「コア人材としての女性社員育成に関する調査」によると、女性の活躍推進の取り組みとして、7割以上の企業が「出産・育児・介護のための短時間勤務制度」の効果を感じていることが分かった。
バイリンガルの給与増を予想、HRマネジャーは最大10%昇給 ロバート・ウォルターズ調査

バイリンガルの給与増を予想、HRマネジャーは最大10%昇給 ロバート・ウォルターズ調査

 外資系人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン(東京・渋谷、デイビッド・スワン社長)が日本の最新雇用動向とバイリンガルの職種・業種別給与水準をまとめた「給与調査2017」を発表した。人材不足が継続し、多くの産業・職種で給与増を予想している。
ホワイトカラーの労働生産性の向上が人事の重要課題に

ホワイトカラーの労働生産性の向上が人事の重要課題に

 ホワイトカラーの労働生産性の向上が多くの企業で人事の重要課題となっていることが、経団連の「人事・労務に関するトップ・マネジメント調査」結果で明らかになった。
【バイリンガルの採用】複数国のマネジメントができるマルチリンガル人材に高い需要

【バイリンガルの採用】複数国のマネジメントができるマルチリンガル人材に高い需要

インテリジェンス・グローバル・サーチ ナイーム・イクバル マネジング・ダイレクター
実質賃金 5年ぶりに増加

実質賃金 5年ぶりに増加

 厚生労働省が発表した毎月勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)によると、2016年の実質賃金が5年ぶりに増加したことが分かった。
【新卒採用】ターゲット学生への効率的なアプローチを求める考え方がより鮮明に

【新卒採用】ターゲット学生への効率的なアプローチを求める考え方がより鮮明に

マイナビワークス 柳楽 太郎 若年キャリア事業部 営業支援部 部長
647 件

セミナー・イベント

プレスリリース