【デジタル経営人材の採用最新事情】なぜ、採用が難航するのか 激変する採用ブランドの実態

東大・京大卒などの名門大出身者やコンサルファーム出身者が、続々とキャリア相談に訪れるコンコードエグゼクティブグループ。近年、企業からの求人で顕著に伸びているのがデジタル事業を推進できる経営人材だという。同社の渡辺秀和社長に人材市場の動向や採用成功のポイントなどを聞いた。

2019年の転職人気企業ランキングは前年2位の「グーグル」が首位奪取

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)が実施した「DODA転職人気企業ランキング 2019」によると、2019年の転職人気企業ランキング1位は、前回首位だった「トヨタ自動車」を抜いて「グーグル」となった。

新着の記事

地域の景気は回復傾向、雇用情勢は全エリアで「着実に改善」

地域の景気は回復傾向、雇用情勢は全エリアで「着実に改善」

 内閣府が公表した5月の「地域経済動向」によると、全国的に回復傾向にあることが明らかとなった。最も景況判断の良かった沖縄では、景気は「着実に回復している」とした。
求人数は前年比2.0%増、前月から微減となるも最高水準を維持

求人数は前年比2.0%増、前月から微減となるも最高水準を維持

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、5月の転職求人数は前年同月比2.0%増、転職希望者数は同18.2%増となった。
Sansan/名刺による個人のビジネスネットワークを採用に活用 他

Sansan/名刺による個人のビジネスネットワークを採用に活用 他

採用・育成・組織開発・HRテックの注目サービスを取材し、特徴や活用法などを紹介する。
KIYOラーニング/研修を撮影し、手軽にeラーニングコンテンツを作成 他

KIYOラーニング/研修を撮影し、手軽にeラーニングコンテンツを作成 他

採用・育成・組織開発・HRテックの注目サービスを取材し、特徴や活用法などを紹介する。
4月の実質賃金1.1%減、現金給与総額は0.1%減

4月の実質賃金1.1%減、現金給与総額は0.1%減

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ1.1%減となったことが、厚生労働省が発表した4月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
2019年の転職人気企業ランキングは前年2位の「グーグル」が首位奪取

2019年の転職人気企業ランキングは前年2位の「グーグル」が首位奪取

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)が実施した「DODA転職人気企業ランキング 2019」によると、2019年の転職人気企業ランキング1位は、前回首位だった「トヨタ自動車」を抜いて「グーグル」となった。
【第二新卒】長時間労働ではない職場が転職先として選ばれる最低条件

【第二新卒】長時間労働ではない職場が転職先として選ばれる最低条件

エージェントキューブ 広島 里樹 取締役副社長
働き方改革の施策導入、ノー残業デーは6割超、在宅勤務制度は過去最高の3割超

働き方改革の施策導入、ノー残業デーは6割超、在宅勤務制度は過去最高の3割超

 働き方改革の取り組みとして、ノー残業デーを設置する企業が6割強、フレックスタイム制度を導入する企業が約5割となるなど、様々な施策の導入率が高まり加速していることが、日本生産性本部(東京・千代田、茂木友三郎会長)の実施した「日本的雇用・人事の変容に関する調査」で明らかとなった。一方、同一労働同一賃金への対応には未着手の企業も多い。
1,881 件