8月の実質賃金0.6%減、現金給与総額は0.9%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.6%減となったことが、厚生労働省が発表した8月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。

人材紹介とメンタルヘルスケアで企業の人材価値向上を支援 ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス 渡部昭彦社長

人材紹介事業、メンタルヘルスケア事業を行うヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスが、4月10日、東京証券取引所マザーズ市場に上場した。同社の渡部昭彦社長に、上場の目的や今後の成長戦略、企業の人材確保やメンタルヘルス施策の状況などについて聞いた。

新着の記事

上場企業の2018年の年末ボーナス平均は75万3389円

上場企業の2018年の年末ボーナス平均は75万3389円

 2018年の年末賞与・一時金の妥結水準は、東証1部上場企業213社の平均で75万3389円となったことが、労務行政研究所の調査で明らかとなった。
求人数は前年比8.4%増となるも、求人倍率は0.01ポイント減の2.35倍に高止まり

求人数は前年比8.4%増となるも、求人倍率は0.01ポイント減の2.35倍に高止まり

 人材サービスのパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、9月の転職求人数は前年同月比8.4%増、転職希望者数は同8.9%増となった。
8月の実質賃金0.6%減、現金給与総額は0.9%増

8月の実質賃金0.6%減、現金給与総額は0.9%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.6%減となったことが、厚生労働省が発表した8月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、未充足求人は5産業で6割超え

非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、未充足求人は5産業で6割超え

 人手不足に対して非正規よりも正社員の採用で人材を確保しようと考えている企業が多いことが、厚生労働省の8月の労働経済動向調査で分かった。
8月の有効求人倍率1.63倍、前月と同水準

8月の有効求人倍率1.63倍、前月と同水準

 厚生労働省が発表した2018年8月の有効求人倍率(季節調整値)は1.63倍で、前月から変動なしの高水準となった。
8月の完全失業率2.4%、正規雇用94万人増

8月の完全失業率2.4%、正規雇用94万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、8月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.1ポイント減となる2.4%だった。
景気の現状は拡大傾向とみる経営者が7割も、横ばい傾向との見方も増加

景気の現状は拡大傾向とみる経営者が7割も、横ばい傾向との見方も増加

 約7割の経営者は景気が拡大傾向にあると回答している一方、横ばい傾向とする意見も2割超に増加したことが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
派遣スタッフ平均時給1643円、すべてのエリアで前年同月比が増加 リクルート調べ

派遣スタッフ平均時給1643円、すべてのエリアで前年同月比が増加 リクルート調べ

 8月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比15円増、0.9%増の1643円となったことが、リクルートジョブズ(東京・中央、葛原孝司社長)の調査で分かった。前月比は5円減、0.3%減だった。
LINEと連携できる新卒採用管理システム「Reworks Cloud」で学生の返信率向上、選考参加者数1.5倍を実現

LINEと連携できる新卒採用管理システム「Reworks Cloud」で学生の返信率向上、選考参加者数1.5倍を実現

新卒採用で会社説明会に予約していないエントリー学生に対して、メールや電話で予約を促す業務に忙殺される採用担当者は多い。しかし、メールを見ず、電話にも出ないという学生が急増。そこで、リアライブ社が提供する、学生の主要な連絡手段である「LINE」と連携した新卒採用管理システム「Reworks Cloud」に注目したい。
社長「輩出率」トップは徳島県、「地元率」のトップは沖縄県

社長「輩出率」トップは徳島県、「地元率」のトップは沖縄県

東京商工リサーチの調査によると、社長「輩出率」は徳島県が1.40%(前年1.36%)で 4年連続トップとなった。
アルバイト・パート平均時給1039円、過去最高を3カ月連続で更新 リクルート調べ

アルバイト・パート平均時給1039円、過去最高を3カ月連続で更新 リクルート調べ

 リクルートジョブズ(東京・中央、葛原孝司社長)の調査によると、2018年8月度のアルバイト・パートの募集時平均時給は前年同月比2.4%増となる1039円となり、2006年1月の調査開始以来の最高値を3カ月連続で更新した。前月比は0.5%増となった。
バイリンガルの外国人が仕事に使う日本語技能は「話す」、若年層は映画やアニメで習得

バイリンガルの外国人が仕事に使う日本語技能は「話す」、若年層は映画やアニメで習得

 バイリンガルのための転職・求人情報サイトを運営するダイジョブ・グローバルリクルーティング(東京・港、篠原裕二社長)が、日本語能力がビジネスレベル以上の外国人ビジネスパーソンを対象に実施した「日本語習得に関するアンケート調査」によると、「読む」・「聞く」・「話す」・「書く」の4技能のうち、最も仕事に使う技能は「話す」スキルであることが明らかとなった。
人材紹介とメンタルヘルスケアで企業の人材価値向上を支援 ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス 渡部昭彦社長

人材紹介とメンタルヘルスケアで企業の人材価値向上を支援 ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス 渡部昭彦社長

人材紹介事業、メンタルヘルスケア事業を行うヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスが、4月10日、東京証券取引所マザーズ市場に上場した。同社の渡部昭彦社長に、上場の目的や今後の成長戦略、企業の人材確保やメンタルヘルス施策の状況などについて聞いた。
1,722 件

サイト会員限定記事

雇用管理の法律相談

セミナー・イベント

プレスリリース