60歳定年を迎えた人の85.5%が継続雇用

 厚生労働省がまとめた「高年齢者の雇用状況」によると過去1年間に60歳定年企業で定年を迎えた人の85.5%が継続雇用されたことが分かった。継続雇用を希望したが継続雇用されなかった人は0.2%だった。

12月の派遣スタッフ平均時給1713円 リクルート調べ

 12月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比83円増、5.1%増の1713円となったことが、リクルートジョブズの調査で分かった。前月比は増減なしだった。

2019年度の就業1時間当たり付加価値額は4927円、就業者1人当たり付加価値額は821万円

2019年度の就業1時間当たり付加価値額は4927円、就業者1人当たり付加価値額は821万円

 2019年度の日本の時間当たり名目労働生産性(就業1時間当たり付加価値額)は4927円となったことが、日本生産性本部が発表した「日本の労働生産性の動向2020」で明らかとなった。日本の名目労働生産性(就業者1人当たり付加価値額)は821万円だった。
賃金収入減少傾向、新型コロナウイルスの影響で非正社員数も大きく減少

賃金収入減少傾向、新型コロナウイルスの影響で非正社員数も大きく減少

 民間企業の雇用者の賃金収入は減少傾向になっており、特に非正社員の賃金収入が大きく悪化していることが、連合総研(連合総合生活開発研究所)が実施した「勤労者短観調査」で明らかとなった。
10月の完全失業率3.1%、正規雇用9万人増

10月の完全失業率3.1%、正規雇用9万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、10月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.1ポイント増となる3.1%だった。
10月の有効求人倍率1.04倍、前月比0.01ポイント上昇

10月の有効求人倍率1.04倍、前月比0.01ポイント上昇

 厚生労働省が発表した10月の有効求人倍率(季節調整値)は1.04倍で、前月比0.01ポイント増となった。
10月の転職求人数は前年同月比29.6%減、転職希望者数は同7.4%増 パーソルキャリア調べ

10月の転職求人数は前年同月比29.6%減、転職希望者数は同7.4%増 パーソルキャリア調べ

 パーソルキャリアがまとめた「doda転職求人倍率レポート」によると、10月の転職求人数は前月比6.2%増、前年同月比29.6%減となった。転職希望者数は前月比3.8%増、前年同月比7.4%増だった。
大学生の就職内定率が69.8%、前年同期比7ポイント減と大きく低下

大学生の就職内定率が69.8%、前年同期比7ポイント減と大きく低下

 2021年3月卒業予定の大学生の就職内定率が69.8%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、10月1日現在の状況を取りまとめた。
10月の求人広告 前年同月比48.9%減

10月の求人広告 前年同月比48.9%減

 10月の求人広告掲載件数(職種分類別)は76万7918件で前年同月比48.9%減となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
人材派遣の実稼働者数、前年同期比94.2% すべての地域で減少傾向

人材派遣の実稼働者数、前年同期比94.2% すべての地域で減少傾向

 人材派遣の実稼動者数(四半期平均)が前年同期比94.2%となっていることが、日本人材派遣協会の労働者派遣事業統計調査で分かった。
10月の派遣スタッフ平均時給1708円、前年同月比・前月比ともに全エリアで増加 リクルート調べ

10月の派遣スタッフ平均時給1708円、前年同月比・前月比ともに全エリアで増加 リクルート調べ

 10月度の三大都市圏(関東・東海・関西)の派遣スタッフ募集時平均時給は、前年同月比84円増、5.2%増の1708円となったことが、リクルートジョブズの調査で分かった。前月比は18円増、1.1%増だった。
【事業再構築と人事の役割】仕事の見える化とジョブ型人事制度の行方

【事業再構築と人事の役割】仕事の見える化とジョブ型人事制度の行方

新型コロナウイルスの感染防止と事業活動を両立するために、これまでの仕事の進め方が大きく見直されている。ウィズコロナ時代に生き残るために各社で事業再構築が進む中、労働生産性を高めるためのマネジメントや人事制度が必要になっている。(文・溝上憲文編集委員)
賞与支給のある事業所で夏季賞与0.5%増、全労働者一人当たり平均の夏季賞与は2.4%減

賞与支給のある事業所で夏季賞与0.5%増、全労働者一人当たり平均の夏季賞与は2.4%減

 厚生労働省が発表した今年の夏季賞与の支給状況(事業所規模5人以上)によると、賞与支給のある事業所における一人当たり平均で、前年比0.5%増となったことが分かった。
現場マネージャー層の約6割は、キャリア自立の重要性を感じていない

現場マネージャー層の約6割は、キャリア自立の重要性を感じていない

 キャリア開発支援などを手掛けるライフワークス(東京・港、梅本郁子社長)によると、人事部門の9割弱が従業員キャリア自律の重要性を実感しているにも関わらず、現場マネージャー層では6割の人が感じていないことが明らかとなった。
Good Team 成果を出し続けるチームの創り方【著者が語る】

Good Team 成果を出し続けるチームの創り方【著者が語る】

アクションラーニングソリューションズ 齋藤 秀樹 代表取締役
テレワーク実施率は大都市圏で3割超、テレワークが転職希望条件とする割合は4割に迫る

テレワーク実施率は大都市圏で3割超、テレワークが転職希望条件とする割合は4割に迫る

 テレワーク実施率は、大都市圏で30.5%、地方主要都市で20.2%となっていることが、人材サービス産業協議会の調査で明らかとなった。
1,850 件