2018年2月5日

【新卒採用】求人サイトだけでは応募が確保しづらく、自社サイト強化が成功企業の特徴

カケハシ スカイソリューションズ 岩田 徹 ヒューマンリレーション事業部 執行役員

 (13946)

 昨年9月1日時点で18卒の新卒者の内定率は91.4%。前年10月1日時点の内定率(91.2%)を上回る状況で、就職環境の良さを表しています。裏を返せば採用難を示しており、昨年11月にマイナビ社より発表された18卒の採用充足率は前年比4.7ポイント減の83.0%。学生の大手志向の影響もあり、上場企業95.3%に対し、非上場企業77.8%で、非上場、中小企業であるほど苦しい採用戦線でした。

 昨年10月初旬は51.7%の企業が採用を継続すると回答していましたが、内定者確保には厳しい状況です。事実、18卒学生のほとんどが就職活動を終了していると思われます。

 採用人数が確保できなかった企業は若手の中途採用を強化し、中途採用市場も活発になっています。有効求人倍率も高水準で、空前の売り手市場です。

 この状況下で19卒の新卒採用を成功させること、また新卒に限らず、18年度の人員計画を達成させるために企業に求められていることは、年間の採用計画や戦略を明確にし、自社で働くメリットを訴求し、採用活動を実行に移すことです。

 新卒、中途、パートアルバイトに限らず、大手求人サイトには過去最高水準の求人件数が掲載されており、数年前まではサイト掲載で確保できていた応募も現在は確保しづらい状況です。

 そんな中、求職者との出会い方も多様化しています。ナビ媒体一辺倒ではなく、様々な方法で求職者との接点を作ること。何よりスマートフォンの普及が進み、求職者の求人探しにも変化が見られます。従来の採用手法では通用しない部分も明確になり、明らかに潮目が変わってきています。

 こうした中で人材確保に成功している企業の特徴は、自社の採用サイトを強化し、自社サイト経由での採用に成功している点です。自社サイト経由での応募はありますか。求職者から発見されやすい仕掛けになっていますか。

 自社サイトが求職者に対して、発見・応募受付・動機付けまでの機能を果たすことができれば、きっと採用活動がうまくいくことでしょう。
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

LINEと連携できる新卒採用管理システム「Reworks Cloud」で学生の返信率向上、選考参加者数1.5倍を実現

LINEと連携できる新卒採用管理システム「Reworks Cloud」で学生の返信率向上、選考参加者数1.5倍を実現

新卒採用で会社説明会に予約していないエントリー学生に対して、メールや電話で予約を促す業務に忙殺される採用担当者は多い。しかし、メールを見ず、電話にも出ないという学生が急増。そこで、リアライブ社が提供する、学生の主要な連絡手段である「LINE」と連携した新卒採用管理システム「Reworks Cloud」に注目したい。
2019年の新卒採用は“予定数の確保が難しい”が3社に1社 マイナビ調べ

2019年の新卒採用は“予定数の確保が難しい”が3社に1社 マイナビ調べ

 2019年卒学生の採用について3社に1社が「採用予定数の確保は難しい」と回答していることが、マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)の実施した「2019年卒マイナビ企業採用活動調査」で明らかとなった。
【新卒採用】学生は採用広報活動開始までにエントリー企業の選択をほぼ終えている

【新卒採用】学生は採用広報活動開始までにエントリー企業の選択をほぼ終えている

キャリアマート 石井 貴善 採用コンサルティング事業部マーケティングマネージャー
2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

 2019年の新卒採用予定者数は、すべての学歴で前年と比べて「増加」するとした事業所が「減少」とする事業所を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース