2017年5月18日

【著者が語る】稼ぐ人財のつくり方 生産性を2倍にする「攻めの人事」

経営人事パートナーズ 山極毅 CEO

 (12158)

経営人事パートナーズ 山極毅 CEO

 ゴーンさんが来る前と来た後の日産自動車の差。商品企画、投資決定ツールやプロセスについて書かれた書籍はありますが、人事部の視点からこの差を書いた本はこれが初めてです。私は日産にエンジニアとして入社し、ゴーンさんが来る前の10年間と、その後の企業再生の17年間を体験しました。

 人事制度の変革は2000年ごろから始まりました。社員を活用させるための仕組みが、これほどまで大きく変化した会社は、世界的に見ても珍しいケースだと思います。

 現在日本全体が、生産性向上につながる効果的な取り組みを試行錯誤の中で模索しています。人事の世界でも人工知能やクラウドシステムの導入が進み始めています。

 実は、日産の企業変革を支えたものは、このような華やかなテクノロジーではなく、非常に泥臭く、地道であり、現場の声を重視し、決めたことを愚直に実行していくことの繰り返しでした。どちらかと言えば目立たない、地味な活動の積み重ねが、企業再生を支えていた訳です。

 その支えのさらに根底にあるものは、「利益に対するコミットメント」という企業文化でした。私が以前在籍した、商品企画や収益管理を行う部署と人事部を比較すると、コストや利益に対する考え方の差は非常に大きかったです。これは、日本企業の人事部にも共通する特徴のように思います。

 会社の収益を人材活用の面からサポートするのが人事部の役割だとすると、「数値」に対する感度を高めても高めすぎる、ということは無いと思います。

 経営者よりも長期的な視点で、人材の育成や発掘をマネジメントすることが求められる人事部ですから、「稼ぐ人財」のプロデュース方法は、事実に基づく数値で語ることが、今後ますます重要になると思います。

 例えば、チームの生産性を定量的に図る方法や理論が無ければ、リターン不明な商品に投資をしていることと同じ意味になってしまいます。

 本書は、人事専門家の方からすると自明な点も多々あると思いますが、経営と人事をつなぐ実務実践の一例として、参考にしていただければ幸いです。
稼ぐ人財のつくり方 生産性を2倍にする「攻めの人事」

稼ぐ人財のつくり方 生産性を2倍にする「攻めの人事」

山極毅著
日本経済新聞出版社、1,600 円+税

おすすめの記事

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、山梨県民信用組合事件の最高裁判決(最高裁判所第二小法廷平成28年2月19日判決)を紹介します。
7 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

社員参加の「社歌」が動画コンテストで注目高まる 採用広報ツールとして新たな可能性

社員参加の「社歌」が動画コンテストで注目高まる 採用広報ツールとして新たな可能性

HANJO HANJO 運営委員会は同委員会が運営する中小企業向けサイト「HANJO HANJO」において、動画コンテスト「中小企業 社歌動画コンテスト」を実施した。
マンパワーグループ、産休・育休者の総合支援サービス「はぐきゃり」提供開始

マンパワーグループ、産休・育休者の総合支援サービス「はぐきゃり」提供開始

マンパワーグループ(神奈川・横浜、池田 匡弥社長)は、株式会社ここるく(東京・目黒、山下 真実社長)と業務提携の上、産前・産後休業、育児休業取得社員の総合支援サービス「はぐきゃり」を法人向けに提供開始した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(寄稿担当) 編集部(寄稿担当)

セミナー・イベント

プレスリリース